So-net無料ブログ作成

桂歌丸師匠、笑点の司会を引退「体力の限界です」…5・22生放送がラスト [桂歌丸師匠、笑点の司会を引退]

桂歌丸師匠、笑点の司会を引退「体力の限界です」…5・22生放送がラスト

桂歌丸.GIF


5月15日の放送で丸50周年を迎える
日本テレビ系演芸番組「笑点」(日曜・後5時半)の
公開収録が30日、東京・後楽園ホールで行われ、
司会の桂歌丸(79)が同22日の生放送
もって勇退すると発表した。後任は未定。

この日収録されたのは15日の50周年記念大喜利。

コーナーの最後に歌丸は
「ちょっとお話がございます」と自ら切り出し
「来週の放送を最後に司会をやめさせていただきたいと
思っております」とあいさつ。

突然の発表に場内からはどよめきが起こった。

放送後に歌丸ら大喜利メンバーは改めて会見。

司会引退の理由について歌丸は「体力の限界です」と告白。

「歩くことが大変苦しくなって、息切れをしてしまいます。
ずいぶん迷惑をかけることも多くなってきたので、
昨年秋ぐらいに日本テレビさんにお話しさせていただいた。
若い方にお譲りして、番組を60年、70年と
続けていってほしい」。

歌丸の思いを受け止め、三遊亭円楽(66)らは涙をこぼした。

歌丸は今後、終身名誉司会に就任。

笑点放送前にトーク形式で行われる
ミニ番組「もう笑点」(日曜・後5時25分)には
引き続き出演を続ける。

歌丸は「50年間、いろんなことがございました。
(22日の)生放送を一生懸命務めさせて頂きます」と
ラスト大喜利への意気込みを語った。

スポーツ報知 4月30日(土)15時48分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160430-00000155-sph-ent

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0