So-net無料ブログ作成

TOKIO城島茂に好感!熱愛直撃にオヤジギャグ返し [城島に好感!熱愛直撃にオヤジギャグ返し]

TOKIO城島茂に好感!
熱愛直撃にオヤジギャグ返し

<ニッカンスポーツ・コム/
芸能番記者コラム>

TOKIOのリーダー、
城島茂(46)に
ようやく熱愛絡みで直撃できた。

先日、城島が出席した
「ふくしまプライド。」

新CM発表会を取材した。

約50日前、女性週刊誌に、
22歳のグラビアアイドルとの
熱愛を報じられた。

以来、初めての公の場。

当然、交際の真偽、報道以降の状況の
変化などを聞かなければならない。

私を含むスポーツ紙記者が、
発表会終了後、退出しようとする
城島に声を掛けた。

結婚が近いのか聞いた。

城島 今日は
「ふくしまプライド。」の日なので、
城島ブライド(花嫁)の話はちょっと…。

「プライド」と「ブライド」。

人懐っこい笑顔を浮かべ、
機転の利いた「回答」で対応した。

そして、ここで終わらないのが、
城島リーダー。

マスコミの写真撮影用に持っていた
野菜の中から、おもむろに
キュウリを取り出した。

城島 キュウリ(=急に)そんなことを
言われても…。

直撃を、まさかのダジャレ2連発で
“反撃”された。

まるで「笑点」の大喜利のような
やりとりになってしまったが、
さすがは、アイドル生活31年。

おそらく直撃も事前に予想した上で
用意したと思われる、
こん身? のダジャレにこちらも
思わず笑ってしまった。

芸能人に、熱愛交際などについて、
直撃取材できる場はかなり限定される。

特にTOKIOのような人気アイドルは
なおさらだ。

それでも、貴重な機会が毎年あった。

NHK紅白歌合戦だ。

リハーサルを終えて楽屋に戻る時や、
本番を終えた直後などに、
NHKホールの廊下などで
直接、声を掛けることができた。

TOKIOはこれまで、
長瀬智也や国分太一が、
よく熱愛を報じられた。

相手が人気歌手だったこともあって、
紅白の現場で毎年のように、
交際や結婚絡みの質問を投げかけた。

松岡昌宏や山口達也も一般女性との
交際が伝えられたことがあり、
直撃取材の対象になり得た。

うまく交わされたり、
記者がいないルートで
会場から出てしまうこともあったが、
TOKIOメンバーに直接確かめる
ことができる貴重な機会だった。

そんな中、毎年ほぼノーマークの
メンバーがいた。

城島リーダーだ。

これまであまり交際情報が伝えられず、
紅白の現場で、そうしたことを
聞く必要がほとんど、いや、
まったくなかった。

毎年のように、長瀬や国分ばかり
しつこく追いかける記者に
へきえきしたのか、関係者から
冗談交じりに
「たまには城島にも話を聞いてくださいよ」
と言われるほどだった。

そんな時は、こちらも笑いながら
「直撃したい話がないですから」と
返したものだった。

それだけに、今回ようやく熱愛ネタで
直撃する機会に恵まれ、
こんな日が来るとは…と個人的に
感慨深いものがあった。

城島リーダーは、
直撃を余裕の笑顔で受け止め、
得意のオヤジギャグで対応してみせた。

わずかな時間のやりとりだったが、
常に温和で、ダジャレ好きな
城島らしさが出ていた。

ユーモアあふれる人柄に、
ますます好感を覚えたのと同時に、
今度はギャグでかわされないような
対策も考えておこうと思った。

余談だが、あの場にキュウリがなかったら、
ほかの野菜で、どんなふうに
対応したのだろうか。


日刊スポーツ7/30(日) 5:02配信

最終更新:7/30(日) 9:18

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170730-01863177-nksports-ent

.

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0