So-net無料ブログ作成

佐藤浩市×天海祐希ら“最強布陣”で、薬丸岳の同名小説「Aではない君と」初実写化 [佐藤浩市×天海祐希]

佐藤浩市×天海祐希ら“最強布陣”で、
薬丸岳の同名小説「Aではない君と」
初実写化

佐藤浩市×天海祐希.GIF
佐藤浩市は逮捕された息子に向き合い、
寄り添う父親を演じる

今秋、テレビ東京系で
佐藤浩市と天海祐希出演の
スペシャルドラマ
「Aではない君と」の
放送が決定。


原作は第37回吉川英治文学新人賞を
受賞した、薬丸岳の同名小説。

薬丸は映画「友罪」の原作でも
知られ、“少年犯罪”を題材に
した作品を多数執筆している。


同ドラマは、普遍的な親子の愛を
描き、自分の子供が殺人容疑で
逮捕された時、親として
どう向き合うのかを問う
ヒューマンサスペンスと
なっている。

主演の佐藤は、テレビ東京の
ドラマ出演は10年ぶりで、
一人息子・翼が起こした
死体遺棄事件により、
翻弄(ほんろう)されていく
会社員・吉永圭一を演じる。

息子は本当に人を殺したのか? 

息子の犯した“罪”とは何なのか? 

そして、“命の意味”とは? 
といった、難題を突き付けられる
難しい役柄に挑む。

また、テレビ東京のドラマへの
本格的な出演は初となる天海は、
翼が起こした事件を担当する
弁護士・神崎京子を演じる。


なかなか真相への突破口を
見いだせない中で、
根気強く親子に寄り添い、
吉永の最大の理解者として
事件の真相と向き合っていく。

さらに制作は、
今年1月に放送された
ヒットドラマ「アンナチュラル」
(TBS系)が記憶に新しい、
塚原あゆ子監督と
新井順子プロデューサーが
担当する。

■ 佐藤浩市コメント

――出演にあたっての意気込み、
吉永役への思いをお聞かせください。

薬丸岳さんの原作モノは
今回で2作目ですが、
どちらも“加害者家族”という、
子供が殺人の罪に問われたときに、
どういう形で受け止めるのか
という正解のなさ…
贖罪(しょくざい)を含め、
ただ「謝る」ということでは
何もクリアできないという、
答えがあるようでないような、
そういうテーマの作品です。

そんな薬丸さんの原作の難しさを
僕はどういう形で提示できる
のかなと…。

その難しさと今、向き合っています。

――視聴者の方へメッセージを
お願いします。

テレビを見られる方々が、
テレビに何を求めているのかで、
ずいぶん感じ方が変わって
しまうのだと思うけど、
こういう題材の作品を
テレビで放送するということ、
それを視聴者の方に提供する
ということの意味を、
ぜひご覧になる方々にも
感じていただけたらと。

できれば避けたほうがいい
題材なのかもしれないけれど、
この作品にわれわれが逃げずに、
向き合って、向かい合って、
これから作品を作ろうと
しています。

その思いを視聴者の方々にも何か、
受け止めていただきたいなと
思っています。


■ 天海祐希コメント

佐藤浩市×天海祐希-1.GIF
天海は「台本を読んで胸の痛みが止まらなかった」と話す。

――出演にあたっての意気込み、
神崎役への思いをお聞かせください。

台本を読み終わり、
胸の痛みが止まらずにいました。

誰の、どの立場も分かるが故、
とても苦しかったです。

しかし、だからこそこのドラマには、
意味があるのではないかと。

この作品に参加させて頂けて、
大変光栄です。

丁寧に丁寧に、
心を込めて演じたいと思います。

――佐藤浩市さんとの共演に
ついてはいかがですか?

佐藤浩市さんは、
心から尊敬する先輩で、
すてきな兄貴で、
お芝居や向き合う姿勢、
人としてなどたくさんの事を
教えてくださいます。

共演の経験はあるのですが、
今回のようにがっつりと
お芝居させていただくのは、
初めてなんです。

なので、怖い反面、
とてもうれしくて、
やっぱり緊張して…。

でも、成長を見て
いただききたいし。

非常に複雑な心境ですが(笑)。

こんなに幸せな事はないなと
思って、全身全力でぶつかろうかと。

■ 稲田秀樹チーフプロデューサーコメント

数年前に原作を読んだ時、
そのテーマの奥深さに心が震え、
ぜひ映像化したいと思い立ちました。


もともと薬丸岳先生の作品の
ファンでしたが、本作品は
そのミステリー性のたくみさとともに、
親子の情を描いたヒューマン性の
豊かさが際だっています。

難しいテーマながら、
誰もが同じような体験を
しかねない「普遍的」な
内容でもあり、
誰もが気軽に見られる
「テレビドラマ」という形で
世に出したいと考えました。

主要キャストに佐藤浩市さん、
天海祐希さんという当代
最高峰のカップリングと
いっていいお二人を
お迎えすることができ、
さらには脚本に「八重の桜」
(2013年)や「ゲゲゲの女房」
(2010年、共にNHK総合)、
「コウノドリ」
(2015年、TBS系)などで
ご活躍の山本むつみさん、
そして「夜行観覧車」(2013年)、
「リバース」(2017年)、
最近では「アンナチュラル」
(2018年、いずれもTBS系)などの
ヒット作が続く、
今一番脂の乗ったクリエイター
である新井順子プロデューサーと、
塚原あゆ子監督のコンビにも
参加していただき、
これ以上は望むべくもない
最強の布陣がそろいました。

これからスタッフ・キャストともに
難しい戦いへと挑むことになりますが、
あえてエンタテインメント性に
こだわりながら、最後に「何か」を
残せるドラマになればと考えています。

テレビ史に残る第一級の
ヒューマン・サスペンスを目指します。
(ザテレビジョン)




ザテレビジョン6/6(水) 7:00配信

最終更新:6/6(水) 7:00


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180606-00149478-the_tv-ent



⇩⇩⇩クリック(タップ)で楽天市場のサイトに飛びます。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。