So-net無料ブログ作成

アンジャッシュ児嶋 役者として重宝がられる理由とは? [アンジャッシュ児嶋 俳優として求められるのか]

アンジャッシュ児嶋 
役者として重宝がられる理由とは?

アンジャッシュ児嶋.GIF
役者としても活躍する
アンジャッシュ児嶋

ある時は痴漢に疑われた一流企業の
エリートサラリーマン。

またある時は、何十匹ものアリを
飼育し、全てのアリを識別できる
アリオタクの研究者――。


今期ドラマの児嶋一哉
(アンジャッシュ・46才)の
役どころである。


いまだに人気が冷めやらない
『おっさんずラブ』
(テレビ朝日系)など、
芸人でありながら、
児嶋は今年の連続ドラマに
ほぼ出ずっぱりで、
映画にドラマにと引っ張りだこの
状態だ。


なぜ児嶋は俳優として求められるのか。

お笑い評論家のラリー遠田さんが
分析する。


* * *


芸人さんで俳優をする人は増えましたが、
その中でも児嶋さんは役者向きだと
思います。


芸人がドラマや映画に呼ばれるとき、
以前はドランクドラゴンの
塚地(武雅)さんのように、
俳優さんにはない、
特徴のある容姿や芝居を
求められていました。


ところが、最近はそうした
“アクセント”としての存在というより、
俳優としての演技力を求められる
傾向が強まっています。


児嶋さんも、役者としてその
演技力が認められるように
なってきたということでしょう。


年齢や見た目も、今のドラマ業界に
ちょうどいいです。


若者のテレビ離れで、
40代前後の視聴者をターゲットに
するドラマが増えています。


医者、弁護士、刑事を題材とする
作品が多いなかで、大人の男性の
役柄を違和感なく演じられる
児嶋さんの需要は高いのです。


俳優業の仕事が多い板尾創路さんの
ような路線ですよね。


今期の連続ドラマでは、
児嶋さんは
『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』
(テレビ朝日系)で冤罪に苦しむ
シリアスな役を、
『僕らは奇跡でできている』
(フジテレビ系)で変わり者の
研究者を演じています。


正反対ともいえる役柄を、
きっちりと演じていて、
こちらが芸人だと意識することなく、
自然に見ていられました。


■コンビの頭脳ではないからこそ、
演技力が磨かれる。


そもそもは相方の渡部建さんに
MCなどのピンの仕事が多くなり、
結果的に児嶋さんも一人の
仕事が増えていったのだと
思います。


そこで本人の資質に合った、
俳優業という道が広がって
いったのでしょう。


芸人の中でも役者に向いている人
とそうでない人はいます。


ネタを作っていない人の方が、
役者として適性があるパターンが
多いのです。


ネタを書いている芸人さんは、
自分が書いたネタをしゃべるので、
人が書いたセリフは苦手だ、
という人もいます。

その相方は、演じることだけに
集中できるので、演技力が磨かれていく。


ダウンタウンも、ネタを作っている
松本(人志)さんより、浜田(雅功)さん
のほうがドラマ出演が多いですよね。

アンジャッシュはお互いネタを
作っているので、児嶋さんは
相手の台本でコントを演じるなかで、
演技力が鍛えられていったのでしょう。


芸人の起用は、制作側にとって
思惑もあります。


役者並みの演技力があるから
というだけで、芸人を起用して
いるわけではないと思います。


芸人はドラマ以外の番組にも
出演しているので、ドラマを
見ていない人にドラマを
見てもらうきっかけになるし、
“あの芸人がドラマに出ていた”と
いうだけで話題にもなります。


今は、ドラマに出ている役者が
番宣ということでバラエティー番組に
出ることもありますよね。


そういうときに出演者に芸人が
いるだけで、笑いにもって
いきやすかったりする。


もちろん、それを最初から
期待して起用するわけじゃないで
しょうけれど、そうした効果も
生んでいます。


演技力を求めるなら、
俳優さんをキャスティング
すればいいのですから、
プラスアルファを
期待しているはずです。


■コンビでも、ひとりのタレントである。


アンジャッシュというコンビでは
ありますが、渡部さんはMC、
児嶋さんは俳優業が主体という
活動をしていってもいいと思います。

いまどき、コンビがピンで
活躍するからといって、
解散するとか“仲が悪い”と
いう時代ではありません。


それぞれ、別の個性を持った
ひとりのタレントなんです。


それぞれが強みを発揮すれば
いいわけです。


児嶋さんには、このまま俳優業も
続けてもらいたいですね。


普通なら、俳優は年齢が上がると
渋いキャラクターの役が増えてきます。


でも、ちょっと抜けてる
かわいらしいところ、
何を考えているのかわからない
不気味なところを併せ
持っているのが児嶋さんの
役者としての魅力。


今後、俳優として唯一無二の
存在に成長していきそうで、
楽しみです。





NEWS ポストセブン11/4(日) 7:00配信

最終更新:11/4(日) 16:00


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181104-00000010-pseven-ent&p=1
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181104-00000010-pseven-ent&p=2







nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。