So-net無料ブログ作成

期待の新人女優「浜辺美波」の破壊力 CM好感度アップにも大貢献〈dot.〉 [期待の新人女優「浜辺美波」の破壊力]

期待の新人女優「浜辺美波」の破壊力 
CM好感度アップにも大貢献〈dot.〉

期待の新人女優「浜辺美波」.GIF
浜辺美波 (c)朝日新聞社


■東宝が次なるスターとして
プッシュする理由

通信キャリアの大手3社が、
菅義偉官房長官から携帯電話の
料金の引き下げを要求されるなど
業界に激震が走っている中で、
CM合戦も活発になっている。

これまでソフトバンクが
2007年に放った「白戸家」の
CMが話題になり、
近年ではauの「三太郎シリーズ」が
好感度でトップを走り続けてきた。


一方、ドコモのCMは常に
低迷してきたイメージがある。

次々と新しいシリーズを
打ち出してきたのの、
なかなかヒットしなかった
ドコモのCMだが、
2015年から
堤真一(54)、
綾野剛(36)、
高畑充希(26)
をレギュラーに旬の
芸能人が登場する
「得ダネを追え!」
シリーズに注目が集まり、
高畑がX JAPANの「紅」を
熱唱するCMはかなり話題となった。


そして9月から、
星野源(37)を筆頭に
長谷川博己(41)、
新田真剣佑(22)、
浜辺美波(18)を
起用したCMがスタート。


旬のタレントめじろ押しの
ラインナップで、
10月度の好感度ランキングで
4位に上昇したのだ。


「CMの制作を担当するのは
電通なのですが、そのスタッフも
前回の『特ダネ』編から、
だいぶん世代交代したそうです。

別の会社のCM好感度調査では
10月度で1位を獲得している
ものもあったそうで、
業界がざわつきましたね」
(CMディレクター)


そして、このドコモの新CMで一躍、
注目を集めているのが浜辺美波だ。


弱冠18歳ながら、
長澤まさみ(31)を擁する
東宝芸能の次なるスターとして
芸能マスコミが目を
つけ始めている。

「2017年に公開された
映画『君の膵臓を食べたい』に
ヒロインとして出演し、
同作の興行収入が35億円を
超える大ヒットになったことで、
名前が知られるようになりました。

2016年に石川県から上京し、
東京の高校に入学。

映画やドラマなどに少しずつ
出演してきましたが、
ここに来ての好感度アップも
追い風に。


年明けには高校を卒業し、
2019年には主役級での
映画がすでに2本も決まっており、
さらなる活躍が見込めそうです」
(映画雑誌の編集者)


浜辺の撮影現場に入ったことが
あるという、制作関係者はこう
証言する。

「浜辺さんは
『第7回東宝シンデレラ
オーディション』で
ニュージェネレーション賞を
受賞しました。

子役時代は事務所が
囲っていたせいか、
オファーしてもなかなか
作品に出て来なかった。

特にマネージャーさんが
手塩にかけて育てている印象で、
現場でも付きっきりでしたね。

その間、じっくり演技を
学んでいたんだと思いますが、
上京して高校に入学した
頃から少しずつ出演が
増えてきた印象です。

そんな状態なので、
今は出演作品をじっくり
選んでるのだと思います。

作品選定がよいので、
当然彼女がよく見えるような
作品ばかり。

戦略が功を奏したんでしょう」


■代表作が生まれることで
逆に懸念されること


現在、20歳前後の女優が
次々とブレイクを果たしていく中で、
浜辺にもすでにオファーが
殺到しているようだ。

「すでに人気の広瀬すず(20)を
筆頭に、ハタチ前後で売れている
俳優はやはり透明感が重要です。

そんななか、浜辺さんには
圧倒的な透明感がある。

しかも本名だという
『浜辺美波』という名前も
奇跡ですよね。

浜辺に美しい波だから、
イメージが悪くなりようがない。

小さいことですが、
こういうところは意外と
重要な要素なんです。

さらに彼女は今年公開された
映画『センセイ君主』で
コメディーができることも
わかった。

個人的には、
若くても変顔ができるか
どうかが売れるかどうかの
指標なんですが、
彼女はしっかり見せられて
いたんです。

『君膵』以降もすでに
数々の作品に出演していますが、
シリアスな役からかわいい演技、
コメディーまで多彩に
演じられるので、
今後がとても楽しみです」
(前出の編集者)


芸能リポーターの川内天子氏は
浜辺について、将来有望だと
期待する一方で、“ある心配”を
抱いている。

「浜辺さんは久々の正統派美人の
女優ということで大注目
されています。

可愛らしさと無垢さという
3つの素質を兼ね備えている
稀有な存在で、
広瀬すずや土屋太鳳(23)の
次の世代の最注目女優です。


ドコモのCMでの評価からも
わかるとおり、女性からも
男性からも好かれるタイプの
女優なので、最強といっても
いいくらいでしょう。

ただ、若いゆえに心配事も
あります。

将来的に彼女の代表作となる
大ヒット作品がでたとして、
その役のイメージから
どう脱却していくかという点です。

20歳前後でハマリ役に当たった場合、
年齢を重ねても視聴者は、
いつまでもその役のイメージが
染み付いて、役の幅を
狭めることもある。

今後は起用も多くなると思いますが、
本人がそうした試練をどう乗り
越えていくかも見どころの
ひとつでしょう」

久々に登場した、
10代の将来有望な女優。

来年以降、浜辺をテレビや映画で
見る機会がいっそう増えそうだ。
(ライター・黒崎さとし)

期待の新人女優「浜辺美波」-1.GIF
週刊朝日6月22日号 表紙は浜辺美波さん

AERA dot. 11/23(金) 11:30配信

最終更新:11/23(金) 17:21


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181119-00000018-sasahi-ent&p=1
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181119-00000018-sasahi-ent&p=2







nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。