So-net無料ブログ作成

錦織圭 死闘制し全豪OP3回戦進出、大苦戦も強烈サービス振り切る<男子テニス> [錦織 死闘制し全豪OP3回戦進出]

錦織圭 死闘制し全豪OP3回戦進出、
大苦戦も強烈サービス振り切る
<男子テニス>


錦織 死闘制し全豪OP3回戦進出.GIF
死闘を制し、2年ぶり8度目の3回戦進出を
果たした錦織圭[写真/ゲッティイメージズ]


全豪オープン


テニスの全豪オープン
(オーストラリア/メルボルン、
ハード、グランドスラム)は17日、
男子シングルス2回戦が行われ、
第8シードの錦織圭が
世界ランク73位のI・カルロビッチ
(クロアチア)を
6-3,

7-6 (8-6),

5-7,

5-7,

7-6 (10-7)
のフルセットで破り、
辛くも2017年以来2年ぶり
8度目の3回戦進出を果たした。


序盤から錦織はカルロビッチの
長身から繰り出す強烈な
サービスに苦戦するも鋭い
リターンからチャンスを掴み、
第8ゲームでブレークに
成功して第1セットを先取。

第2セットでは身長211センチの
カルロビッチから鮮やかな
ロブのウィナーや
サーブ・アンド・ボレーを
決めるなどで勢いに乗る。


タイブレークでは雨による
悪天候の影響で一時中断するも、
集中力を切らさずに
2セットアップと勝利へ王手
をかける。

しかし、第3セットは第11ゲームで
この日初のブレークを
カルロビッチに許すと、
第4セットも同様に1度ブレークされ、
セットカウント2-2に追いつかれる。

ファイナルセットに入ると
再び息を吹き返した錦織が
10ポイント先取のタイブレークの
末に勝利を手にし、
3時間30分を超える死闘を制した。

3回戦では、第32シードの
P・コールシュライバー(ドイツ)と
世界ランク44位のJ・ソウサ
(ポルトガル)の勝者と対戦する。




tennis365.net1/17(木) 13:03配信


最終更新:1/17(木) 13:03



https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190117-00010004-tennisnet-spo









nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。