So-net無料ブログ作成

永野芽郁 『半分、青い。』で得た演技の変化とは [永野芽郁 半分、青い。得た演技の変化]

永野芽郁『半分、青い。』で
得た演技の変化とは

永野芽郁-1.GIF
写真:NIKKEI STYLE


2018年4~9月に放送された
NHK連続テレビ小説
(以下、朝ドラ)
『半分、青い。』で、
学生時代を経て、
結婚・出産・離婚・起業
様々な経験をする主人公・
楡野鈴愛を43歳まで演じきり、
新世代の主演女優筆頭に
浮上した永野芽郁。

『半分、青い。』での経験で得た
演技の変化や、これから取り組んで
みたい役について語ってくれた。

朝ドラ放送開始前の
日経エンタテインメント!18年2月号の
インタビューでは、撮影が長期に
わたることに対しても
「大丈夫な気がする」と語っていた。

無事に“完走”した今、
改めて当時の自身の発言から
振り返ってもらった。

「ずっと強い気持ちで
やれていたわけではないのですが、
結果的にはあのときの言葉通り、
結構大丈夫でした。

あと1年くらいは朝ドラの
ヒロインができそうな
感じです(笑)。

もちろん大変なときもありました。

律(佐藤健が演じた萩尾律)に
ふられたり、マアくん(中村倫也が
演じた朝井正人)にふられたりと、

1週間ずっと泣くシーンを
撮っていたときは
]目の腫れもひかないし、
体から水分がなくなるほど
体力的にも大変で。

それでも鈴愛の感情になれば
自然と涙が出てくる自分に、
『私って、意外と大丈夫じゃん!』と、
冷静に見られていたりもしたん
ですよね。

本番中に、急に相手の声が
聞こえなくなったこともありました。

役に入りすぎたのもあるだろうし
(鈴愛は小学校3年生のときに
病気で左耳の聴力を失ったという設定)、
たまった疲れが耳に偶然出たのかも
しれないですけど。

でもそのときも
『今、自分はちゃんと
鈴愛として生きられて
いるんだなあ』

と前向きな気持ちのほ
うが強かったんです」

■お母ちゃんの言葉が支えに

永野芽郁-2.GIF
(写真:中川容邦)


同じ朝ドラ前のインタビューで永野は、
「絶対に忘れられない作品に
なるだろうなと思います」
と自身の未来を予測していた。

「やっぱり忘れないですよね、
いろんな意味で。経験したくても
誰もができることではないですし。
母親役の松雪泰子さんには、
撮影に入ったときからずっと
『何かあったら、お母ちゃんが
守るから』と声をかけて
もらっていて。

その言葉に撮影期間中は
すごく助けられました。

また共演者の方たちも、
私よりもセリフが多いときもあるのに、
常に最初に私のことを考えて
くださる方ばかりで。

その人たちのためにも
頑張ろうという気持ちが自分の
パワーになっていました。

つくづく共演者の方に
恵まれていたんだなと思います」

朝ドラがクランクアップして
約1カ月半後には、主演映画
『君は月夜に光り輝く』
(19年3月公開)の撮影が
スタート。


北村匠海とW主演する今作で、
永野は死期が近づくと
肌が光る不治の病で
入院している少女・
渡良瀬まみず役で出演。

1月からは菅田将暉主演の連ドラ
『3年A組‐今から皆さんは、
人質です‐』(日本テレビ系)
でもヒロインを演じている。


朝ドラを経て、演技に対する
取り組み方に変化はあるのだろうか。

「朝ドラは共演者が先輩だらけなので、
自分がセリフを間違えてしまうことで、
同じシーンをまた繰り返して
しまうという恐怖感が
最初はありました。

でも、それも全部受け止めて
くださる先輩がいると
分かってからは心に余裕が生まれて、
今は何が起きても動揺しなく
なった気がします。


台本のセリフ覚えも早くなりました。

朝ドラでは1週間分ずつ
セリフを覚えるのですが、
最初の頃は前の晩から
リハーサルの1時間前まで
10時間以上もかかっていたんです。

でも最後のほうでは、
それが数時間くらいで
覚えられるようになって。

たぶん役が体に入りきって、
相手をイメージしながら
セリフを覚えるようになったのが、
大きかったのかなと思います。

あと、少しずつ演出家さんの
目線で見られるようになって
きた気がします。

台本の中ではリアルな
世界じゃない分、
普通では起こらないことが
起きやすく、映像にすると
ちょっと非現実的に
見えてしまうことがあるんです。

以前は、そういうシーンについて、
『これ、どう思う?』と
監督さんや共演者の方に
聞かれて初めて気づいて
いたんですが、今は台本を
渡されて読んだときにパッと
直感的に分かるようになってきて。


自ら率先して相談できるように
なりました。

朝ドラの撮影現場で、
スタッフさんたちがいろんな
案を出しながら作り上げて
いくのを見てきたので、
自分の中のレパートリーも
増えてきているんだと
感じています」


■いつか楽器を演奏する役を

永野芽郁-3.GIF
(写真:中川容邦)


この1年での成長を
実感できている彼女は、
これから一体どんな役を演じ、
どのような女優を目指したいと
考えているのだろうか。


「今後は、何かに葛藤している
ような役を人間味たっぷりに
演じてみたいです。

あとは音楽が好きなので、
楽器を演奏する役!

『楽器をやっています』と
いろんなところで言っては
いるんですが、なかなか
機会がないようで(笑)。

今はドラムをやっていて、
ギターも近いうちに再開します!


最近よく聴いているのは、
落ち着いたバラード系だと、
サム・スミスさん。


いつも聴きながら
『アコギで弾き語りできたらいいな』
と思っています。

元気を出したいときには、
女性シンガーソングライターの
あいみょんさんや、
Aimerさんのパワフルな
歌声に励ましてもらったり。

あとバンドだと、
ウルフルズさんの曲を聴くと
『頑張ろう!』って
気持ちが湧いてきます。

こういう女優になりたいという
理想像や目標は特にないんです。

ただ、作品の中で一瞬しか
出ない役でも構わないので、
『この役を他の人がやるのは
悔しい』と思えるような役を、
今後も演じていくことができれば
幸せだなと思います。


『半分、青い。』を
超えられるぐらい、
強い愛着を持てる作品を
これからどんどん
作っていきたいですね」

(ライター 高倉文紀)

[日経エンタテインメント!
2019年1月号の記事を再構成]



NIKKEI STYLE1/22(火) 7:47配信

最終更新:1/22(火) 12:15


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190122-00000001-nikkeisty-ent&p=1
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190122-00000001-nikkeisty-ent&p=2










nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。