So-net無料ブログ作成
水曜日のカンパネラ ブログトップ

水曜日のカンパネラ・コムアイ、大ブレイクした心情を語る [水曜日のカンパネラ]

水曜日のカンパネラ・コムアイ、大ブレイクした心情を語る
「誉められても真に受けないタイプです」

水曜日のカンパネラ.GIF

毒&ユーモア溢れる歌詞に、中毒性のある楽曲、
そして自由すぎるステージパフォーマンス。

独自の路線でインディーズシーンを
突っ走ってきた「水曜日のカンパネラ」が
メジャーへ進出する。

結成から4年、なぜこんなにも多くの人に
受け入れられるようになったのか?

引きこもりのゲームオタクが無理やり
鬼退治に行かされる「桃太郎」や
遣隋使が新宿二丁目にワープする
「小野妹子」。

水曜日のカンパネラの楽曲は、
ブラックジョークの効いたユーモアに
溢れている。

昨年は「ヤフオク!」のCMに起用されて、
大ブレイク。

1分弱の映像で、ボーカルにして“主演”の
コムアイはお茶の間に特異な存在感を示した。

作曲・編曲担当のケンモチヒデフミに、
“その他担当”のDir.Fというこの3人組の
ユニットは、今年3月には米テキサスで
開催された世界最大級の音楽祭「SXSW」
にも出演。

その勢いはとどまるところを知らず、
ついに今夏メジャー移籍を果たした。

これを機に“水カン”は
どう変わっていくのか? 

コムアイが毒っ気たっぷりに語った。

――すごく有名になりましたね。

コムアイ:うーん。まぁでも今年だけだと
思います。

――そうなんですか(笑)。

コムアイ:いつも思っています。
もっと食い込んでいかないと
今年までになるなって。

――有名になって変わったことは?

コムアイ:私自身はあんまり変わらない
かもしれないですね。
オファーが増えて、スタッフは大変だと
思いますけど、私は道端で話しかけられた
りもしないし。

――でも、やっていることの内容と
クオリティはこの3年ですごく変わったと
思います。楽曲もライブも。

コムアイ:毎回いろいろ新しいことを試して
いますから。
まず自分が楽しむために。

自分が飽きちゃったら、見てる人も
つまらないじゃないですか。

「水曜日のカンパネラ」っていう
イメージが固まってくるほど面白く
なくなってきて、私は「ナメられてるな」
って感じてしまうと思う(笑)。

――以前はステージで鹿の解体を披露したり
していましたけど、最近はやっていませんよね。

コムアイ:単純に最近アウトドアなことができて
ないっていうだけです。
ライブでやったのは、動物が食べ物になっていく
過程を生で見て、その意味を感じてほしいから。

もともとジビエに興味がある人だけじゃなくて、
普通の音楽好きの人にも見てほしくて。

獣害問題の解決にもなるし、おいしいのに、
まだ全然普及していないので、そこに働き
かけるのはライフワークだと思っています。

――他にも以前は落語家など、ゲストを
招いた自主企画を行っていましたが、
今はワンマンで1000人、2000人を集めていますね。

コムアイ:もともとワンマンが苦手だったんです。

自分一人でライブして、そのために集まって
くれる人がそんなにいない感じがして……。

たとえ、そういう人がいたとしても、
それから逃げたいっていうか(笑)。

へそ曲がりです。

――でも、いろんな人に「ファンです」って
言われるのは、うれしいことですよね。

コムアイ:う~ん、うれしいのは当然ですけど、
あんまり褒められても真に受けない
タイプですね(笑)。

ファンの期待に応えて、何かを作るというのは、
本当にものを作る人の姿じゃないと思っていて。

――じゃあ、まだワンマンは苦手?

コムアイ:昔よりは全然ラクになりましたよ。

いろんな人を集めてやるのは、骨が折れるって
ことがわかりましたし……。

ただ、お客さんとの距離が開いたように感じます。

ライブハウスで物販に立って毎日のように
お客さんに会っていた時期もあるけど、
それをやめてから実は結構、快適で。

私は表現したいものを常に体から発している
タイプではないので、2月に『Mステ』に出たけど、
ああいう2分半に1か月分ぐらいの生命力を
ギュッと詰め込むみたいなやり方のほうが
得意なんだと思います。

※このインタビューは6/14発売の週刊SPA!の
インタビュー連載『エッジな人々』から
一部抜粋したものです


【水曜日のカンパネラ】

’12年に結成。主演・歌唱をコムアイ、
作曲・編曲をケンモチヒデフミ、
上記以外すべてをDir.Fが担当する3 人組ユニット。
’14年に『私を鬼ヶ島に連れてって』をリリース。
’15年には多数のCMに出演。6月からワーナー
ミュージック・ジャパンに移籍。
メジャー移籍後初のアルバム『UMA』が6/22発売予定

取材・文/高岡洋詞 撮影/雨宮透貴
.
日刊SPA!

週刊SPA! 6月14日(火)17時30分配信


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160614-01133421-sspa-soci



水曜日のカンパネラ、インディーズのままお茶の間へ 『Mステ』初出演に期待できること [水曜日のカンパネラ]

水曜日のカンパネラ、インディーズのままお茶の間へ  『Mステ』初出演に期待できること

水曜日のカンパネラ『ジパング』

『ヤフオク』のCMで知名度急上昇。

話題騒然の音楽ユニット、
水曜日のカンパネラ(※以下、水カン)が、
2月26日の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)
に初登場し、人気曲「桃太郎」、「ラー」を披露する。

水カンといえば、ひとりでステージに立つ
紅一点のコムアイが注目されているが、
実は3人組ユニットだ。

役割分担は、主演/歌唱/作詞担当:
コムアイ、作詞/作曲/編曲担当:
ケンモチヒデフミ、
それ以外 担当:Dir.F となっている。

楽曲タイトルに「桃太郎」、
「マリー・アントワネット」、
「千利休」、「小野妹子」、「ドラキュラ」、
「二階堂マリ」など、物語や歴史上の
人物名が多く登場し、楽曲を手掛ける
鬼才ケンモチヒデフミによるナンセンスかつ
80年代『コロコロコミック』&『週刊少年ジャンプ』的
センスによる歌詞での脚本を、1992年生まれのコムアイが
ステージでひとり、イタコのごとく演じていく様が圧巻だ。
謎に包まれたDir.Fは、すべてを司る舞台監督と
してステージ裏で“ニヤッと”目を光らせている。

結成は2012年。

翌年、下北沢ヴィレッジヴァンガード限定で
リリースしたCD『クロールと逆上がり』でいわゆる
インディーズ・デビューを果たす。

しかし、時はアイドル戦国時代。

水カンはアイドルではなかったが、
誤解されがちなアイドルとの差別化戦略として、
いやライブをおもしろくする為に、
オーディエンスにお菓子を投げたり、
ちゃぶ台をひっくり返したり、
脚立に登ったり、軽トラックでステージに
登場したり、コムアイ自身が鹿の解体を
おこなうなど、突拍子のない、
ある種パンキッシュなライブ・パフォーマンスに
よって独自路線を走りつづけてきた。

そして、低予算ながら、気鋭の若手クリエイターと
ともにアイディアに溢れるこだわりの
ミュージックビデオをYouTubeで発信し
続けたことがブレイクへのきっかけと
なったことにも注目したい。

そんな水カンの魅力の本質は、楽曲における
センスとクオリティーの高さだ。

ケンモチヒデフミが手掛けるサウンドは、
ダンスミュージック最前線のトラップ、
ジュークなどベース・ミュージックを
取り入れた遊び心ある音作りをしており、
クスッと笑える完全日本語な歌詞が
マニア心をくすぐってくれる。

さらに、声の成分に
何か入ってるんじゃないかってぐらい
中毒性の高い、コムアイの歌うラップの
インパクトの強さ。

既存のJ-POP成功の方程式をまったく
無視した活動が、結果、多くのクリエイターや
アンテナを張っている早耳リスナーの支持を集めた。

また、一般リスナーや、
お子様人気の高い楽曲「桃太郎」など、
誰しもが共感できるお伽噺をテーマと
しながらも歌詞に“PCエンジン”“ハドソン”
“16連射”などのフレーズがごく自然に登場するなど、
“80年代に生きたかつての小学生心”を
くすぐる謎のテーマ設定のユニークさが、
ラジオ界隈で評価された現象も興味深い。

ある種、マニアックなネタがちりばめられながらも
世の中的に大ヒットした宮藤官九郎脚本の
NHK朝ドラ『あまちゃん』と楽しみ方の構造が
近いのかもしれない。

そして、水カンはインディーズ・アーティストながら、
ついに『ミュージックステーション』出演にまで
登り詰めたのだ。

そんな、水カンはいつの日からか海外展開を
夢見ていたという。

オーディエンスの心も身体も踊らせる
低音の効いたこだわりのサウンド・メイクや、
コムアイがステージでオーディエンスを
扇情する様は、世界を席巻している
EDMカルチャーの文脈にも近かったという
発見があったのかもしれない。

今年、3月15日には世界最大規模の
音楽・映画・ITのコンベンション&フェスティバル
『SXSW 2016』への出演が“WEDNESDAY CAMPANELLA”
名義で決定している。

水カンが、世界へ向けてどんなパフォーマンスを
披露するかが楽しみだ。

(ふくりゅう(音楽コンシェルジュ))
リアルサウンド 2月22日(月)14時0分配信


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160222-00010010-realsound-ent

水曜日のカンパネラ ブログトップ