So-net無料ブログ作成
土屋太鳳 ブログトップ

土屋太鳳 ミニマラソン激走で織田裕二に感謝「安心して全力で走れた」 [土屋太鳳]

土屋太鳳 ミニマラソン激走で
織田裕二に感謝
「安心して全力で走れた」

土屋太鳳4.GIF


女優の土屋太鳳(21)が14日
都内の映画館で行われた
TBS日曜劇場
「IQ246~華麗なる事件簿~」
(日曜後9・00)の特別試写会に
主演の織田裕二(48)、
共演のディーン・フジオカ(36)らと
舞台あいさつに立った。
織田演じる貴族である法門寺家の
末裔(まつえい)である
IQ246の天才
法門寺沙羅駆(ほうもんじ・しゃらく)が
膨大な知識と鋭い観察眼を武器に
難事件を解決する1話完結型の
本格ミステリー。
土屋は沙羅駆を警護する
刑事・和藤奏子を演じる。
初の刑事役に
「一度はやってみたかったと思ってみたいと
憧れる役なので、凄く幸せです。
気合を入れて、奏子の時間をかみしめてます」
と満面の笑みを浮かべた。

土屋は同作PRのために出演した同局の
「オールスター感謝祭」
(8日後6・25)での
ミニマラソン激走が大反響を呼んだ。
「赤坂ミニマラソン」に出演し、
ハンデ戦ながらも男子に交じったレースで
力走し、8位入賞を果たした。
司会からそんな土屋の激走について話を
振られ、観客からも拍手を送られると
土屋は「ありがとうございます」と笑顔。

「織田さんは小さいころから映像を通して
勇気やパワーをいただいていた。
こんな素敵なドラマってないなと思って、
それを伝えられたらいいなと
思って気合を入れて走りました」
と作品への思いを熱弁。
「折り返し地点で、織田さん方と目を
合わせることができて、そのおかげで
安心して全力で走ることができたと
思います」と
照れくさそうに笑った。
スポニチアネックス 10月14日(金)17時25分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161014-00000124-spnannex-ent

土屋太鳳、なぜ体育大に進学?女優と両立を選んだワケ [土屋太鳳]

土屋太鳳、なぜ体育大に進学?
女優と両立を選んだワケ

土屋太鳳1.GIF

NHK連続テレビ小説「まれ」でブレイクした
女優の土屋太鳳(21)が、初心者ながら
名門吹奏楽部に入り、トランペットに
没頭するヒロインを演じた
映画『青空エール』が20日に公開される。

自身も幼い頃から日本舞踊などを習い
現在も日本女子体育大学に在籍すると
いう経歴を持つ土屋。
彼女はなぜ女優業を続けながら
体育大に通う道を選んだのだろうか。


3歳からクラシックバレエと日本舞踊
習い始めた土屋だが、
「同時に陸上のクラブにも通っていたので
踊りに深くのめりこんでいたわけで
はないんです。一緒に習っていた姉や弟は
日本舞踊の大会で賞をとったり
していましたが、私はいつも次点でしたし」
苦笑い。

そんな彼女が表現することの面白さに
目覚めたのは小学校4年生のときだという。

「学校で“劇の会”という学芸会のような
ものがあって、そこで酔っ払い役を
やったんです(笑)。
酔って歌を歌うというシーンで、
ただフラフラしているだけでは酔っている
ように見えないなと思い、ペットボトルで
とっくりを作り、ネクタイを頭に巻いて
演じました」
というから、その伝えるための工夫は
当時からかなり凝っていた。
そのときに演じることの喜びに目覚めたそうで、
「自分には人に伝える何かがあるのかな? 
と思ったんですよね」
と女優への夢が歩き出したことを明かす。


土屋太鳳2.GIF


そうして高校生のとき、全国レベルの
実力を誇る創作ダンス部に入部して
コンテンポラリーダンスと出会う。

先日、ある洋楽アーティストの
日本版ミュージックビデオで見せた
ダンスが「うますぎる」と大きな
話題を呼んだが、その道のプロを
目指したことはないという。

「お芝居をする上で役立つかなと思いました。
自分を表現するもう一つの方法として」
というから、まずは演じることが
彼女の心を深く捉えたのは確か。

高校3年生で進路を考えるときも、
演技がそれから先もずっと自身の心を
捉え続けるという確信は揺るがなかったようで、
「理論として表現を学ぶか
実際に動いて表現を学ぶか?」
と考えて後者を選び、日本女子体育大学
舞踊学を専攻する。

これと思うことと出会ったら1ミリも
揺るがない姿は、まるで『青空エール』
で演じたつばさそのものだ。

そんなふうに3歳から学んだダンスは
女優業へ確実にプラスになっているよう。

「映像で顔のアップだと、顔だけに力を
入れることも必要かもしれません。
でも大事なのは体全体で気持ちを伝えること。
その結果、顔で何かが表現できていれば良くて、
過程が大事だと思ってやっています」
と日々ダンスで学んだことを演技に
活かそうとしている。

そんな彼女は女優として目指すところも
明確にあるようで、
「種にお水を注ぐように、表現へ愛情を注げる
ような女優さんになれたらいいなと
思っています」
と瞳を輝かせた。
(取材・文/浅見祥子)

映画『青空エール』は8月20日より全国公開

シネマトゥデイ 8月14日(日)7時2分配信


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160814-00000004-flix-movi



土屋太鳳「お迎えデス。」出演中「体型隠し」のショーパン姿が裏目に 体操着みたい!? [土屋太鳳]

体操着みたい!?土屋太鳳「体型隠し」のショーパン姿が裏目に!

土屋太鳳.GIF


同名人気少女漫画がドラマ化された「「お迎えデス。」
(日本テレビ系)で、死者を成仏させるアルバイト中
の女子大生を演じている土屋太鳳。

ドラマでは土屋が常にショーパンを着用している
ことから、「一般人体型が目立つ」「男ウケ狙いがウザイ」
などと女性と思しき視聴者から批判の声が上がっている。

「土屋の公称身長は155センチ。顔が小さいわけでもなく
脚が長いわけでもないので、スラッとした印象
ではありません。スタイリストの仕事は、
その人の欠点を隠して長所を生かす
衣装を用意することですから、
土屋さんの子どもっぽい体型を
隠すためにできるだけ脚を見せて、
スラッと見せたいのでしょう。
しかし、演じている女子大生の阿熊幸には、
いつもショーパンをはいている理由付けが何もない。
男ウケを狙ってショーパンをはかせているように
しか見えません。しかもショーパンの丈が
短すぎて体操着のように見える。
その結果、全体的にアンバランスな印象を
与えており、批判されるのも理解できます」
(ファッションアドバイザー)

批判されるということは注目されているということ。

土屋のショーパン姿は、これからも話題を
ふりまいてくれそうだ。

アサ芸プラス更新日:2016/05/11

https://gunosy.com/articles/R5KGC

土屋太鳳が「公開早着替え」


土屋太鳳 SIAの日本版ミュージックビデオでダンスを披露 [土屋太鳳]

土屋太鳳 SIAの日本版ミュージックビデオでダンスを披露した

女優の土屋太鳳(21)が、豪州出身の
世界的歌手SIA(シーア=40)の
アルバム「ディス・イズ・アクティング」の
収録曲「アライヴ」の日本版
ミュージックビデオ(MV)に
出演することが1日、分かった。

土屋は現在、日本女子体育大学運動科学科で
舞踊学を専攻。

全編ソロの華麗なダンスを披露している。


SIAは表舞台でほとんど顔を
見せないことで知られる。

昨年の米グラミー賞4部門で候補入りした
前作「シャンデリア」では11歳の
少女ダンサーによるMVが世界中で話題となり、
総再生は11億回を超えた。

土屋といえば昨年の朝ドラ「まれ」の
ヒロインを演じ、山崎賢人との夫婦役が
話題になったが、芝居だけではない。

3歳からダンスを始め、
高校時代には創作ダンス部で
全国大会に出場した。

海外版は「天才空手少女」で知られる
高野万優(9)が起用されている。

約3週間の猛練習を経て撮影に臨んだ
土屋は「(終えて)抜け殻というか、
空っぽというか。
自分の生きようとする何か、
生きたいという何かを
注ぎ込もうと思っていた。
どこかに何かが伝わったら」と
達成感をにじませた。

映像は2日午前10時から15秒版が、
6日深夜から全編がYouTubeなどで公開される。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160301-00000139-sph-ent




「現役体育大学生」土屋太鳳の身体能力




.
土屋太鳳 ブログトップ