So-net無料ブログ作成
マイアミ・オープン男子 ブログトップ

ジョコビッチがスポーツマンシップで誤判定を認める 流石に世界ナンバー1 錦織との決勝へ<男子テニス> [マイアミ・オープン男子]

ジョコビッチがスポーツマンシップで誤判定を認める、 錦織との決勝へ<男子テニス>


マイアミ・オープン男子

男子テニスのマイアミ・オープン男子
(アメリカ/マイアミ、ハード)は
1日、シングルス準決勝が行われ、
第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が
第15シードのD・ゴファン(ベルギー)を
7-6 (7-5), 6-4のストレートで下し、
3連覇と大会6度目の優勝に王手をかけた。

ジョコ 錦織は「過去最高」と称賛

A・アガシ(アメリカ)の大会最多6度の優勝まで、
あと1勝と迫ったジョコビッチ。

勝利した直後には手にキスをして、
その手でコートを数回叩いた。

「あのキスはさよなら、
そして2日後にまた会おうという想いだった。
コートに自分の愛を感じて欲しかった。
ここは大好きなコートと1つだから。」と
試合後のパフォーマンスを説明した。

接戦となった第1セットのタイブレークでは
チャンスボールのスマッシュを
決められなかったゴファン。

そのタイブレークを制したジョコビッチに
第2セットは徐々に流れが傾いていった。

「タイブレークではちょっとラッキーもあった。
それでも、常に1球でも多く彼(ゴファン)に
ボールを打たせるようにしていた。」

ジョコビッチは、
この試合でスポーツマンシップを見せた。

それはジョコビッチが放ったサービスがインと
判定されたが、ゴファンはその判定に
チャレンジを要求しようとした。

しかし、ジョコビッチはそのチャレンジを止めて、
ラインズマンの判定が間違っていることを自ら認めた。

「本当にフェアプレーだった。」と
ゴファンはその時のジョコビッチを称賛した。

この日も30度を超えた暑さついては
「ベースラインからのラリーの応酬が激しい戦いだった。

お互いが時々呼吸を整える必要があった。」と
苦しい試合だったことを明かしたジョコビッチは、
今季の成績を27勝1敗へ伸ばし、
今シーズン4度目のタイトル獲得へ前進した。

ジョコビッチが今大会で優勝すると、
マスターズで28度目の優勝となる。

これはマスターズ最多27度の優勝を誇る
R・ナダル(スペイン)を抜く新記録。

また、今回でマスターズ11大会連続での
決勝進出となった。

決勝では第6シードの錦織圭(日本)と対戦する。
錦織は準決勝で第24シードのN・キリオス
(オーストラリア)を6-3, 7-5のストレートで
下しての勝ち上がり

(STATS - AP)

tennis365.net

tennis365.net 4月2日(土)16時8分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160402-00010005-tennisnet-spo
マイアミ・オープン男子 ブログトップ