So-net無料ブログ作成
錦織圭 バルセロナ・オープン ブログトップ

錦織 大会史上3人目の3連覇ならず、ナダルにストレートで敗れ準優勝 [錦織圭 バルセロナ・オープン]

錦織 大会史上3人目の3連覇ならず
ナダルにストレートで敗れ準優勝<男子テニス>

錦織圭-4.GIF

バルセロナ・オープン・バンコ・サバデル

男子テニスツアーのバルセロナ・オープン・
バンコ・サバデル(スペイン/バルセロナ、
レッドクレー、ATP500)は24日、
シングルス決勝戦が行われ、
第2シードの錦織圭(日本)は
第1シードのR・ナダル(スペイン)に
4-6, 5-7のストレートで敗れて
大会史上3人目の3連覇とはならず、
準優勝に終わった。

錦織、ナダル戦後「シャワー浴びながら号泣」

決勝戦、錦織は第4ゲームでナダルの強打に
押されブレークされる。

続く第5ゲームでブレークバックするも、
第10ゲームではミスを重ねて2度目の
ブレークを許し、第1セットを落とす。

第2セット、第1ゲームでブレークする
好スタートを切ったが、地元の声援を
受けるナダルの勢いに押され、
第2ゲームでブレークバックされる。

その後も錦織は果敢に攻め続けるもナダルに
主導権を握られた。

第10ゲームではドロップショットを
決めるなどでマッチポイントをしのぐも、
第12ゲームでブレークを許し、
試合に終止符が打たれた。

両者は今回が10度目の対戦で、
錦織から1勝9敗となった。

今年のBNPパリバ・オープン準々決勝でも
ナダルに完敗。

錦織の唯一の勝利は昨年の
ロジャーズ・カップ準々決勝で、
その時はストレートで破った。

過去のバルセロナ・オープンで3連覇を
成し遂げているのは、1982-1984年の
M・ビランデル(スウェーデン)、
2005-2009年の5連覇と2011-2013年に
3連覇したナダルだった。

錦織は2014・2015年のバルセロナ・オープンで
2連覇していたが、3連覇達成とはならなかった。

今シーズンは1月の全豪オープンでベスト8進出、
2月のメンフィス・オープンで前人未到の
大会4連覇を達成。

マイアミ・オープンでは自身2度目の
マスターズ決勝進出を果たした。

一方、優勝のナダルは3年ぶり9度目の
バルセロナ・オープンでの優勝を飾り、
前週のモンテカルロ・ロレックス・
マスターズに続き今季2勝目、
2週連続のタイトル獲得。

キャリア通算69勝目となった。


【錦織圭 vs ラファエル・ナダル 過去の対戦成績】

<2016年>
バルセロナ・オープン決勝 錦織圭 4-6, 5-7 R・ナダル

<2016年>
BNPパリバ・オープン準々決勝 錦織圭 4-6, 3-6 R・ナダル

<2015年>
ロジャーズ・カップ準々決勝 錦織圭 6-2, 6-4 R・ナダル

<2014年>
マドリッド・オープン決勝 錦織圭 6-2, 4-6, 0-3
途中棄権 R・ナダル

<2014年>
全豪オープン4回戦 錦織圭 6-7 (3-7), 5-7, 6-7 (3-7) R・ナダル

<2013年>
全仏オープン4回戦 錦織圭 4-6, 1-6, 3-6 R・ナダル

<2012年>
ソニー・オープン4回戦 錦織圭 4-6, 4-6 R・ナダル

<2011年>
ソニー・オープン2回戦 錦織圭 4-6, 4-6 R・ナダル

<2010年>
ウィンブルドン1回戦 錦織圭 2-6, 4-6, 4-6 R・ナダル

<2008年>
AEGON選手権3回戦 錦織圭 4-6, 6-3, 3-6 R・ナダル

tennis365.net

tennis365.net 4月25日(月)2時50分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160425-00010001-tennisnet-spo

錦織 準決勝でストレート勝ちで3連覇に王手“天敵”相手の連敗止めた [錦織圭 バルセロナ・オープン]

錦織 準決勝でストレート勝ちで3連覇に王手“天敵”相手の連敗止めた


錦織圭ー3.GIF

男子テニスのバルセロナ・オープン第6日は23日、
バルセロナで行われ、大会3連覇を目指す
第2シードの錦織圭(26=日清食品)は
シングルス準決勝で世界ランキング22位の
ブノア・ペア(26=フランス)と対戦。

6―3、6―2のストレート勝ちで決勝進出を決め、
3連覇へ王手をかけた。


ペアとはこれまで4回対戦し2勝2敗だが
昨年の全米オープン1回戦、
楽天ジャパン・オープン準決勝と
最近の2試合は苦杯を喫している。

第1セットは錦織が第5ゲームをブレーク。

第9ゲームはペアがダブルフォールトを連発し、
6―3で錦織が第1セットを先取した。

第2セットは、錦織が鋭いリターンで
第2ゲームをブレーク。

第3ゲームはこの日初めてブレークされたものの、
直後に錦織が再びブレーク。

第8ゲームは錦織がセットポイントを
迎えてからペアが股抜き、ライン際と
好ショットを連発して粘ったが、
最後は股抜きショットをミス。

錦織がブレークに成功し、“天敵”を下した。

24日(日本時間25日未明)の決勝では
第1シードのラファエル・ナダル(スペイン)と
第10シードのフィリップ・コールシュライバー
(ドイツ)の勝者と対戦する。

▼錦織圭の話 リターンの調子が良かった
おかげで勝てた。

相手の第2サーブを攻めて、有利にできた。

自分の第1サーブも良かったし、
準々決勝よりいいテニスができていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160423-00000162-spnannex-spo

錦織ストレート勝ちで準決勝へ [錦織圭 バルセロナ・オープン]

錦織ストレート勝ちで準決勝へ ピンチ直後9ゲーム連取で完勝

男子テニスの錦織圭ー2.GIF

第5日は22日、バルセロナで行われ、
大会3連覇を目指す第2シードの
錦織圭(26=日清食品)は
シングルス準々決勝で第11シードの
アレクサンドル・ドルゴポロフ
(27=ウクライナ)と対戦。

7―5、6―0のストレート勝ちで
準決勝へ進出した。

ドルゴポロフはジュニア時代からの旧友。

過去4戦して全てストレート勝ちと好相性の相手に、
第1セットは第9ゲームまで互いに
キープしあう展開。

第10ゲームで錦織は自身のサービスゲームで
相手のセットポイントを4回しのぎキープすると、
チャンスは直後にやってきた。

第11ゲームは逆にデュース4回と
ドルゴポロフが粘ったが、
錦織がこの日初めてブレーク。

続くゲームも連取し第1セットを先取した。

第1セット終盤の勢いそのままに、
第2セットは第1ゲームをいきなりブレーク。

そのまま1ゲームも失わず、第1セットから
通算で9ゲーム連取しこのセットを制した。

準決勝では世界ランキング22位の
ブノワ・ペア(26=フランス)と対戦する。

ペアとはこれまで4回対戦し2勝2敗。

だが昨年の全米オープン1回戦、
楽天ジャパン・オープン準決勝と
最近の2試合はペアに苦杯を喫している。

▼錦織圭の話 今日は厳しい試合だったが、
満足している。
(第1セット第10ゲームは)
8割ぐらい彼のペース。

第1セットを取れたのが不思議なぐらい。

セットポイントでもしっかり守れて、
キープしてから気持ちが楽になって吹っ切れた。

スポニチアネックス 4月22日(金)23時27分配信

最終更新:4月23日(土)8時22分

スポニチアネックス

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160422-00000151-spnannex-spo
錦織圭 バルセロナ・オープン ブログトップ