So-net無料ブログ作成
伊藤英明 ブログトップ

伊藤英明 親になって事務所社長の愛を改めて実感した [伊藤英明]

伊藤英明 親になって事務所社長の愛を改めて実感した
伊藤英明.GIF


人気コミックを実写化した映画
「テラフォーマーズ」(公開中)で、
男気あふれる主人公・小町小吉を
演じている俳優・伊藤英明さん(40)。

放送中のフジテレビ系ドラマ
「僕のヤバイ妻」にも主演するなど、
まさに絶好調の仕事ぶりですが、
私生活でも2014年に結婚、
昨年には長男も誕生しました。

そんな公私ともに充実している伊藤さんが、
その礎を築いた恩人への思い、
そして、秘めた覚悟について語りました。

恩人ですよね。

もっと名前を聞いてすぐ分かるような人の方が
いいのかもしれませんけど、やっぱりどう
考えても事務所の社長、

小笠原明男(おがさわら・あきお)さんです。

僕が芸能界に入ったきっかけは
「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」
(1993年)だったんですけど、
最初の事務所を3ヵ月くらいで辞めて、
次の事務所も辞めて、そこから芸能界の
仕事からは離れて、3年くらい家の解体の
アルバイトをしていたんです。

やっているうちに現場を任されるように
なったりして(笑)、しっかりと楽しんで
やっていたんですけど、ある日、先輩に
連れられて焼肉店に行ったんです。

混んでいたので店先で並んでいたら、
通りがかりの男の人から
「君、何してるの?」って声を
かけられました。

それが、芸能プロダクションの部長さんで、
この部長さんがたまたま僕の先輩と仲良くて、
そんなつながりから紹介されたのが
「A-team(エーチーム)」という
今の事務所だったんです。

そこから「A-team」の社長である明男さんから
電話がかかってくるようになったんですけど、
実は僕はあまり乗り気じゃなくて。

「事務所に遊びに来いよ」と
言われたんですけど、3ヵ月くらい
そのままにしていたら、
電話がかかってきたんですよ。

「で、いつ来るんだ?」と。

それでも3ヵ月ほど放置していたら
「お前、この前来るって言ったじゃないか!!」と。

それでも行かずにまた3ヵ月くらい経ったら、
またまた電話がかかってきて、すごい剣幕で
「来るって言ったら来いよ!!お前みたいなのは、
東京に埋もれてダメになってしまう!!」って。

なんでこの人にそんなこと
言われなくちゃいけないんだと
思いつつも(笑)、さすがに事務所に行きまして、
それで入ることになったんです。

なぜ、ちょっと会ったくらいの僕に
そこまで熱のこもったことを言ってくれたか。

明男さんから直接言われたことは
ないんですけど、後々、テレビ局とか
映画会社とか周りの人から
漏れ伝わってきたところによると、
「すごいのが入ってきそうだ」と
言ってくれていたみたいでして。

何かを感じ取ってくださっていたのか。

だから、今から思うと、ド新人なのに、
いきなりの抜擢が多かったんです。

当時はそれも分からずにやっていましたけど、
今考えると、ありえないくらいの番手の
仕事をやらせてもらっていたなと。

となると、それだけ、社長が頭を
下げてくれていたということですからね。

見い出してくれて、あきらめずに
誘ってくれて、そして、いい仕事を
これでもかと与えてもらって。

とにかく、とにかく、感謝しかないです。

当時は僕も若かったので、正直、
迷惑をかけたこともあったんですけど、
本当に根気よく、親のように、
遠くから見てくれていました。
何かがあった時に
「そんなことやるな!!こうしろ!!」
じゃなくて、本人がどう思っているかを
すごく大事にしてくれる。

明男さんのもとにいたからこそ、
今もこの仕事をしているんだと心底思います。

あとね、ま、あんまり褒めてばっかりでも
アレなんですけど(笑)、男気の塊
のような人なんです。

例えばね、あるCMの仕事があったんです。

肉体を見せるようなCM内容だったんですけど、
決まったのが急だったこともあり、
体を作るのに間に合わない期間だった。

ただ、僕はやる以上はしっかりとやりたいと
いう思いがあったので
「10日間、時間をください」と言ったんです。

ただ、もうすでにその撮影スケジュールで
スタッフさんも準備をしているし、
流れも決まっている。

で、これも後から聞いたんですけど、
それを受けて明男さんがCMの一番偉い関係者さんに
「その流れでできませんでしょうか?
もし、その流れにすることによってお金が
発生したならば、それは、
うちが全額負担しますので」と
いう掛け合ってくれて、
結果、時間をもらえたんです。

当時の事務所、大変だったと思うんです。

そんなに世に出ているタレントもいないし、
そんな中、マネジャーの給料も
払わないといけない。

さらに、僕も仕事なんてなかったのに、
毎月決まった給料をくれてたんです。

というのも、若いですし、アルバイトにの
めりこんだりしたら、性格的にそっちに
ハマっていっちゃうこともある。

それを明男さんは分かってくれていて、
アルバイトをしないでいいように
最初から給料を払ってくれていたんです。

そんな弱音は口が裂けても言わない人
なんですけど、周りから聞いてみると、
絶対に事務所も金銭的に楽な
状況ではなかった。

それでも、給料が遅れることは一回も
ありませんでした。

恩着せがましくしてあげるんじゃなく、
なんなら、してもらっているということを
相手に感じさせない。

人の痛みをくんで、自分の痛みは見せない。

そういう人間に、自分もなりたいです。

この仕事をしていたら
「あの仕事がなかったら、次もなかった」と
思えるようなターニングポイントって、
たくさんあります。

ただ、その中でも今は40代に入って、
結婚して、子どももできて、
とりわけターニングポイントに
差し掛かっているなと。

自分でもこんなに大きな動きがあるとは
思ってなかったんですけどね(笑)。

結婚に対しても何とも思ってなかったですし、
妹に3人子供がいるんで子どももそれで
十分かなと思ってたんですけど、
やってみると大きく変わると言いますか。

子どもができて改めて思ったのが、
自分もこうやって明男さんから
愛情を受けていたんだなということ。

まだ親になって数ヵ月、結婚して、
1~2年しか経ってないんですけど、
そこのありがたさを痛感しています。

例えば、心配って皆なするじゃないですか。

誰でも持っている感情。

でも、こちらが心配していることが
相手に伝わると、相手にとっては
それが意外とストレスだったりもする。

勝手な話なんですけど、
鬱陶(うっとう)しく思ったり、
反発したり。

当然、明男さんも僕に対して、
心配をしていたんだと思うんです。

でも、僕に対してはそれを出さない。

出さないように努めるというのも
愛情だと思いますし。

それをサラッとしてくださっていたで
あろうことを息子を通じて、
また気づかされました。

恩返しですか…。

今の関係性で言うと、
見てくださっている方が
楽しんでくださったり、
感動してくださったり
する作品になるよう、
自分が真剣に取り組むこと。


これが、明男さんへの恩返しにもなると
思っています。

あと、そんな話、明男さんは言わないで
しょうけど、もし、もし、あの人が本当に
困ったら全てを投げ出して、何も言わず
駆けつける。

ずっと、
その思いを持っていることでしょうね。

■伊藤英明(いとう・ひであき)
1975年8月3日生まれ。岐阜県出身。
93年に
「第6回ジュノン・スーパーボーイ・
コンテスト」で準グランプリを
受賞したことをきっかけに芸能界入り。

「海猿」シリーズで映画・ドラマとも
主演を務め、話題を呼ぶ。

映画「テラフォーマーズ」では
主役・小町小吉を演じている。
フジテレビ系ドラマ「僕のヤバイ妻」
にも主演。
2014年に一般女性と結婚。
翌年、長男が誕生する。

■中西正男(なかにし・まさお)
1974年大阪府枚方市生まれ。
立命館大学卒業後、
デイリースポーツ社に入社。
芸能担当記者として、演芸、宝塚歌劇団
などを取材。2012年に退社後、
株式会社KOZOクリエイターズに所属。
現在、関西の人気番組
「おはよう朝日です」などに出演中。

THE PAGE 5月1日(日)12時0分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160501-00000003-wordleaf-ent&p=1
伊藤英明 ブログトップ