So-net無料ブログ作成
福山雅治主演 フジ「ラヴソング」 ブログトップ

福山雅治主演 フジ「ラヴソング」は月9史上 平均視聴率 最低ペース [福山雅治主演 フジ「ラヴソング」]

福山雅治フジ「ラヴソング」は月9史上最低ペース

ラブソング.GIF


福山雅治(47)主演のフジテレビ系
連続ドラマ「ラヴソング」(月曜午後9時)の
第4話までの平均視聴率が、これまでの
「月9」ドラマの中で最低ペースであること
が6日わかった。

「ラヴソング」は、初回の平均視聴率が10・6%、
第2話が9・1%だった。

第3話が9・4%とやや持ち直したものの、
5月2日の第4話では8・5%と落下した
(すべて関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

ここまでの4話の平均視聴率は9・4%となる。

フジテレビの看板ドラマ枠の「月9」では、
前作の「いつかこの恋を思い出してきっと
泣いてしまう」の全10話の平均視聴率が、
9・7%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)となり、
月9史上最低を記録した。

しかし「ラヴソング」は、ここまでの4話の
平均では、これをさらに下回っている。
まだ物語も序盤であり、
挽回の余地は十分あるものの、
現段階では「月9史上最低ペース」となり、
フジテレビの視聴率の低迷を
象徴してしまっている。

4月22日のフジテレビの定例会見では、
亀山千広社長が「話題作りも、あって
しかるべきだった。反省はしないといけない。
もっと作品をバックアップする必要がある」
とも話している。

巻き返しが期待される。

日刊スポーツ 5月6日(金)12時34分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160506-00000080-nksports-ent

.

福山雅治主演 フジ「ラヴソング」 ブログトップ