So-net無料ブログ作成
笑点後任司会? ブログトップ

笑点引退 桂歌丸の後任司会に「外部なら本命タモリ」の声 [笑点後任司会?]

笑点引退 桂歌丸の後任司会に「外部なら本命タモリ」の声

笑点.GIF


落語家・桂歌丸(79)が「体力の限界」を理由に
人気番組「笑点」の司会引退を表明したことで、
落語界、芸能界、テレビ界が右往左往している。

注目の焦点となっているのが
「後任司会は誰になるのか」ということ。

業界内には
「歌丸と名コンビを組んでいた円楽(66)が最有力」
とか「サプライズでビートたけし(69)」などの
噂があるほか、3日の深夜放送では、
爆笑問題の太田光(50)が「やる気満々ですよ」と
自ら名乗りを上げた。

自薦他薦が交錯する中、
後任司会はどう読み解けばいいのか。

「まず“外部招聘”か“内部昇格”かで
話は大きく違ってきます」というのは
演芸評論家で作家の吉川潮氏だ。

「外部招聘」とは落語家以外の人を起用すること。

かつては前田武彦や三波伸介などが司会を
務めたことがある。

「そういう意味では太田の可能性も皆無じゃないけど、
年齢的にちょっとね。かといってたけしさんは
受けないでしょう。期待も込めて僕が“本命”と
見てるのはタモリさん(70)。

意外なところでは三波さんのセンで、
伊東四朗さん(78)というのもあるかもしれません」
(前出の吉川氏)

では、内部昇格の場合はどうか。

「これもねぇ、円楽が有力候補だそうだけど、
やっぱり年齢がネック。僕が第1候補と見ているのは
小遊三(69)です。年齢的には好楽も同じですが、
“仕切り”という意味では小遊三を薦めたいですね」
(前出の吉川氏)

そうなると補充のメンバーが必要になってくる。

どこから持ってくるか。

「かつて日テレのCS放送に『笑点Jr』
という番組がありました。

いわば『笑点』の二軍ですが、
そこでエース格だったのが
2代目林家木久蔵(40)でした。

木久蔵なら父親・木久扇との“親子共演”と
いう目玉もできる。


それがダメなら立川流からアッと驚く
立川生志(52)というのもあるかも知れませんね」
(前出の吉川氏)

視聴率ランキングでは毎回上位に入る人気番組だけに、
人選はこれ以上ない慎重さで進められるはずだ。

日刊ゲンダイ 5月7日(土)9時26分配信


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160507-00000013-nkgendai-ent
笑点後任司会? ブログトップ