So-net無料ブログ作成

ゆとりモンスター役で注目の太賀 「主役を食う」熱演 [太賀]

ゆとりモンスター役で注目の太賀 「主役を食う」熱演

太賀.GIF


話題のドラマ『ゆとりですがなにか』
(日本テレビ系)に出演中の太賀(23才)が、
圧巻の演技とツイッターなどでも
話題になっている。

宮藤官九郎脚本で、岡田将生、
柳楽優弥、松坂桃李、
安藤サクラら演技派の俳優揃い
の中にあって、異彩を放つ太賀の
演技への注目度はグングン上昇中だ。

テレビ解説者の木村隆志さんが彼の
魅力を解説する。


これほど不快感を醸し出すキャラクターは、
『半沢直樹』(TBS系)の“机バンバン”
こと小木曽次長(緋田康人)以来でしょうか。

それほど“ゆとりモンスター”山岸ひろむを
演じる太賀さんの存在感は際立っています。


1話のドラマ開始わずか1分で登場した
太賀さんは、いきなりフルスロットル。

取引先回りの営業に遅刻したあげく、
「駅からタクっちゃいました」。
取引先へのあいさつで、
「本当はマーケティング志望なんですけど、
まあ営業で」。

会社の上司に、
「自分、泥仕事したくないんで。
用もないのに得意先回りなんて」。

飲み会の誘いに、
「それって強制すか?ダルいんすよね」と
人を食ったような演技を連発しました。


その後も、説教中にFacebookを更新し、
仕事の受注ミスも「やっちゃいました。
早めに気づいてよかったです」と
開き直る始末。

激怒した上司の坂間正和(岡田将生)に、
深々と頭を下げて反省したと思ったら、
翌朝LINEで「会社辞めまーすwww」
「あんな上司と働いてたらマジ死ぬ」と
宣言して度肝を抜きました。


2話以降も、坂間をパワハラで訴えた上に、
「まず謝れよオッサン!土下座しろよ」
と罵声を浴びせながら「ネットに上げるぞ」
とスマートフォンで撮影。

「裁判しましょうよ!」と凄んだと思ったら、
一転して机に頭をつけて、
「以前の発言は感情的になってしまい……」と
消えそうな声で謝罪。

坂間が店長を務める焼き鳥店へ閉店間際に来て、
接客にダメ出し。翌日に謝ったと思ったら、
すぐにまた毒づくなど、表情筋をフル活用
して情緒不安定なキャラを演じています。


4話の終盤では、自殺で亡くなった同年代男性
の遺影を前に、深く反省する表情を見せましたが、
今後は改心するのか、それとも再びモンスター
になるのか。

インパクトという点では、岡田将生さん、
松坂桃李さん、柳楽優弥さんのイケメン
主演トリオを食っていると言っても
過言ではないでしょう。


太賀さんがイケメン主演を食うのは
今回だけではありません。

昨年の『恋仲』(フジテレビ系)でも、
主人公たちの同級生で、お調子者で
お人好しの金沢公平を伸び伸びと演じて、
福士蒼汰さんと野村周平さんよりも
目立つシーンが何度もありました。


ただ、太賀さんのことを知る業界関係者は、
これらの活躍を当然のことと思っています。

太賀さんは中学生のころから演技経験を重ね、
大河ドラマに4度出演するなど、23才にして
出演作品100本に迫る実力派。

多くの作品に出演しているのに知名度が
高くないのは、変幻自在の表現力があり
、視聴者に「別人」という印象を
与えているからでしょう。


ヘタレからコワモテまで、内気から陽気まで、
「制作側の意図に沿いながら、
思い切った役作りができる」のが太賀さんの強み。

まだ出演のほとんどが脇役ながら、
一部で「華の1993年組」と言われる、
福士蒼汰さん、野村周平さん、菅田将暉さん、
神木隆之介さん、間宮祥太朗さんら、
同年生まれのスター俳優たちも一目置く
存在なのです。


そして、太賀さんを語る上で忘れては
いけないのは、父親である中野英雄さんの存在。

1992年の大ヒットドラマ『愛のいう名のもとに』
(フジテレビ系)で、パワハラ
(当時その言葉はなかった)によって
自殺に追い込まれるチョロを演じて、
日本中を騒然とさせた名バイプレーヤーです。

しかし、太賀さんは、
「父親に関するトークは一切せず、
演技のみで勝負する」というスタンスを
貫いています。

その骨太な姿勢こそ、まさに父親譲り
なのですが、今回は中野英雄さんが
TwitterやInstagramでドラマをPRするという、
ほほえましい一幕も見られました。

親子関係をオープンにしつつあるだけに、
今後は共演も期待できそうです。


ちなみに、中野英雄さんがチョロとして
上司のパワハラに苦しんで自殺した
シーンの1年後に、太賀さんが誕生。

そして現在、成長した太賀さんが演じる
山岸は、上司をパワハラで
訴えようとしました。

つまり太賀さんは、父親が演じた過去の役と、
自分が演じる現在の役を通して、
社会背景の変化を体現しているのです。


いつか、同年生まれの主演俳優たちを
助演に従えて、ど真ん中で主演を
務めるのではないか。

身長168cmの小さな体に宿る、
大きな可能性に期待しています。
.

【木村隆志】
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。
雑誌やウェブに月20本前後のコラムを提供するほか、
『新・週刊フジテレビ批評』『TBSレビュー』など
の批評番組に出演。
タレント専門インタビュアーや
人間関係コンサルタントとしても活動している。
著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』
『話しかけなくていい!会話術』など。

NEWS ポストセブン 5月14日(土)7時0分配信

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160514-00000008-pseven-ent&p=1