So-net無料ブログ作成
準決勝 BNLイタリア国際 準決勝 ブログトップ

【速報】錦織 健闘もジョコビッチに逆転負けで8連敗、決勝進出ならず [準決勝 BNLイタリア国際 準決勝]

【速報】錦織 健闘もジョコビッチに逆転負けで8連敗、決勝進出ならず<男子テニス>

錦織圭9.GIF


BNLイタリア国際

男子テニスツアーの
BNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、
ATP1000)は14日、シングルス準決勝が行われ、
第6シードの錦織圭(日本)は第1シードの
N・ジョコビッチ(セルビア)に
6-2, 4-6, 6-7 (5-7)の逆転で敗れ、
大会初・自身3度目のマスターズ決勝進出
とはならなかった。

両者は今回が11度目の対戦で錦織から
2勝9敗、2014年の全米オープン
準決勝から8連敗となった。


この試合、第1セットの第1ゲームでジョコビッチ
が左足内くるぶしを負傷し、メディカルタイム
アウトを要求。

開始早々試合が一時止まるも、
錦織は集中力を切らさず
第3ゲームでブレークに成功した。

その後、主導権を握った錦織は
ドロップショットやバックハンドの
ダウンザラインでジョコビッチを
翻弄して第7ゲームもブレークし、
第1セットを先取する。

第2セットでは両者サービスキープが
続く中、第10ゲームでジョコビッチに
痛恨のブレークを許して
セットカウント1-1とする。

ファイナルセットでは第2ゲームで
ジョコビッチにブレークされるも、
第7ゲームでブレークバックに成功。
その後タイブレークに突入し、
接戦を繰り広げるもジョコビッチに
ポイント連取を許し、惜敗した。

過去のマスターズで錦織は、
2014年のマドリッド・オープンと
2016年のマイアミ・オープンで決勝へ
進出しているがタイトル獲得に至っていない。

今後は22日からの全仏オープンで
グランドスラム初優勝を狙う。

一方、勝利したジョコビッチは決勝で
第2シードのA・マレー(英国)と対戦する。

マレーは同日の準決勝で
ラッキールーザーのL・プイユ(フランス)
をストレートで下しての勝ち上がり。

両者は前週のマドリッド・オープン決勝
でも対戦し、その時はジョコビッチが
マレーを破りマスターズ歴代最多29勝目
を飾った。

錦織 vs ジョコビッチ 対戦成績】

<2016年>
BNLイタリア国際準決勝 N・ジョコビッチ 2-6, 6-4, 7-6 (7-5) 錦織圭

<2016年>
ムチュア・マドリッド・オープン準決勝 N・ジョコビッチ 6-3, 7-6 (7-4) 錦織圭

<2016年>
マイアミ・オープン決勝 N・ジョコビッチ 6-3, 6-3 錦織圭

<2016年>
全豪オープン準々決勝 N・ジョコビッチ 6-3, 6-2, 6-4 錦織圭

<2015年>
ATPツアー・ファイナル ラウンドロビン N・ジョコビッチ 6-1, 6-1 錦織圭

<2015年>
ローマ・マスターズ準決勝 N・ジョコビッチ 6-3, 3-6, 6-1 錦織圭

<2014年>
ATPツアー・ファイナル準決勝 N・ジョコビッチ 6-1, 3-6, 6-0 錦織圭

<2014年>
パリ・マスターズ準決勝 N・ジョコビッチ 6-2, 6-3 錦織圭

<2014年>
全米オープン準決勝 錦織圭 6-4, 1-6, 7-6 (7-4), 6-3 N・ジョコビッチ

<2011年>
スイス・インドア準決勝 錦織圭 2-6, 7-6 (7-4), 6-0 N・ジョコビッチ

<2010年>
全仏オープン2回戦 N・ジョコビッチ 6-1, 6-4, 6-4 錦織圭
.
tennis365.net

tennis365.net 5月15日(日)6時13分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160515-00010003-tennisnet-spo
準決勝 BNLイタリア国際 準決勝 ブログトップ