So-net無料ブログ作成
能年玲奈 ブログトップ

能年玲奈 改名の陰に前事務所からの“警告書” [能年玲奈]

能年玲奈 改名の陰に前事務所からの“警告書”


のん1.GIF


「のん」に改名を発表した能年玲奈(23)に、
所属していた「レプロエンタテインメント」
「能年玲奈」使用に関する通知文書
送っていたことが、週刊文春の取材でわかった

6月末で契約が満了する能年に対し、
レプロは6月下旬、昨年4月から能年との
話し合いが進まず、仕事を入れられなかった
として、その15カ月分の契約延長を求める
文書を送付。

その際、契約が終了しても、「能年玲奈」を
芸名として使用する場合には、レプロの許可が
必要と“警告”していた。

この文書について、レプロは次のように回答した。

「弊社と能年氏との間で双方が代理人を通じて
やり取りをしている内容であることから、
回答を差し控えさせていただきます」

また、本名である能年玲奈を使用することに
許可が必要だとする根拠についても
「契約の内容に関わる問題であることから、
回答は差し控える」
としながら、
「一般論として、その旨の契約がタレントとの
間で締結されている場合には、当事者は
その契約に拘束されるものと考えます」
と回答した。

能年の代理人を務める弁護士は、
改名について次のように説明した。

「能年玲奈の名前で契約していた所属事務所との
関係を考慮しました」

ただ、
「契約終了後に本名であっても許可なしでは
名乗れないというのは、公序良俗違反で
契約条項は無効になるでしょう」
(千葉貴仁弁護士)との指摘もあり、
今回の改名を巡る経緯は論議を呼びそうだ。


<週刊文春2016年7月28日号『スクープ速報』より>
.
「週刊文春」編集部

週刊文春 7月20日(水)16時1分配信

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160720-00006387-sbunshun-ent

能年玲奈が独立後初告白「辛いことは削ぎ落とす」 [能年玲奈]

能年玲奈が独立後初告白「辛いことは削ぎ落とす」

能年玲奈1.GIF


“洗脳”や引退報道が相次いだ
能年玲奈(23)が、「週刊文春」の「
阿川佐和子のこの人に会いたい」で、
現在の心境を語った。

前事務所との契約が6月に終了した能年は、
洗脳引退を否定。今後も女優業を継続し、
絵や音楽などにも活動範囲を広げていくという。

能年は次のように語っている。

「洗脳報道もそうですけど、
色んな言葉を浴びてそれと
対峙することで自分が成長できたん
じゃないかなって今は感じてます。
辛いこと、無駄なことは削ぎ落とす
ようになりました。
何かに囚われるよりも、
面白いことをしようという
風に気持ちを切り替えられるように
なりました。
これから頑張っていきますので
どうかよろしくお願いいたします」

対談は、「週刊文春」7月14日発売号に掲載される。


<週刊文春2016年7月21日号『スクープ速報』より>

「週刊文春」編集部

週刊文春 7月13日(水)16時1分配信


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160713-00006361-sbunshun-ent

能年玲奈が独立へ 所属事務所と延長交渉せず [能年玲奈]

能年玲奈が独立へ 所属事務所と延長交渉せず

能年玲奈.GIF


NHK連続テレビ小説「あまちゃん」に主演し、
人気を博した女優能年玲奈(22)が、所属する
レプロエンタテインメントから独立することが
23日、決定的となった。

今年6月いっぱいで切れる契約について、
事務所からの延長の打診に応じず、
没交渉になっていることが分かった。

能年は長年、演技指導を受けてきた演出家の
女性と個人事務所を設立した。

時期は15年1月と報じられている。

レプロに無断だったことから、
トラブルに発展していた。

レプロは日刊スポーツの取材に「ノーコメント」と
しているが、関係者によると能年側は、事務所側が
映画やドラマの出演作の打ち合わせや契約交渉の場
を設けても応じなくなったという。

レプロ側は最後まで契約延長をあきらめていないが、
能年側は既に独立の意思を固めたと思われる。

昨年12月28日、都内で開かれた
日刊スポーツ映画大賞の授賞式に
プレゼンターとして出席したのが、
公の場に出てきた最後だった。

今年1月には、生命保険会社のCMも終了し、
露出が完全になくなっていた。

関係者によると能年は現在、都内で演出家と
同居している。

ブログにはクラシックバレエを始めたことや、
「あまちゃん」で母子役で共演した小泉今日子の
舞台を見に行ったことなどをつづっている。

女優業の継続を目指すとみられるが、
事務所設立をめぐる不義理もあり、
いばらの道が待っていることは間違いなさそうだ。

<能年騒動の経緯>

◆14年6月 レプロとの契約を2年延長。

◆同12月 映画「ホットロード」で
日刊スポーツ映画大賞新人賞を受賞。
主演映画「海月姫」公開。
これが現時点で最後の出演作。

◆15年4月 一部で、能年が同年1月、
所属事務所に無断で個人事務所を設立した
と報じられる。

◆同9月 TOKYO FM
「SCHOOL OF LOCK!」内の
「GIRLS LOCKS!」
パーソナリティーを卒業。

◆同12月 日刊スポーツ映画大賞授賞式に
プレゼンターとして出席。

◆16年1月 出演する生命保険会社の
CMが放送終了。

◆同5月 「あまちゃん」で共演した
小泉今日子の舞台を観劇したとブログに投稿。

日刊スポーツ 5月24日(火)7時57分配信


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160524-00000026-nksports-ent


能年玲奈 ブログトップ