So-net無料ブログ作成
オダギリジョー 『重版出来!』 ブログトップ

オダギリジョー、40才の変化 人情派演じる姿に「円熟味出た」評価 [オダギリジョー 『重版出来!』]

オダギリジョー、40才の変化 
人情派演じる姿に「円熟味出た」評


オダギリジョー.GIF


話題のドラマ『重版出来!』(TBS系)に
出演しているオダギリジョー(40才)。

漫画雑誌の副編集長役を好演しているが、
これまでずっとオダギリの活動を見てきた
テレビ解説者の木村隆志さんは、
その演技にある変化を感じるという。
木村さんが解説する。

* * * 

オダギリジョーさんのイメージと言えば、
ワイルドやミステリアス。

個性的な髪型やヒゲ顔もあって
「和製ジョニー・デップ」と言われ、
さらに、独自の存在感が“オダジョー”と
いう略称を生み、変人や犯罪者などの
「クセの強いイケメン」役を演じてきました。

そんなオダギリさんが『重版出来!』では、
これまでの「いかにも“オダジョー”」
というクセの強いイケメンではなく、
人情派の役を演じています。

オダギリさん演じる五百旗頭敬は、
ヒロインの黒沢心(黒木華)が務める
漫画誌『バイブス』の副編集長。

猪突猛進タイプの心を指導係として温かく見守り、
毎話のラストシーンでは小料理屋でお酒を
飲みながら優しく語りかけています。

私が驚いたのは、オダギリさんが
“年相応のほどよく枯れたサラリーマン”
役をそつなく演じていること。

長髪を束ねた髪型や脱力感こそこれまでと
変わらないものの、新人に思い切りやらせたり、
気づきを促すひと言をかけたり、
自分の背中を見せたり、優しい気づかいの
あふれる中間管理職のサラリーマン像は、
新境地と言っていいのではないでしょうか。

今作でのオダギリさんを見て感じるのは、
いわゆるイケメン主演のオーラではなく、
シブい助演の円熟味。

セリフの量は少なくても、
その立ち居振る舞いだけで、
作品全体のハートフルな世界観を
体現しています。

思えば、昨年秋に放送された深夜ドラマ
『おかしの家』も、昭和の人情を感じる作風
と役柄でした。

ここでもオダギリさんは、祖母と友達思いで、
幼なじみのシングルマザーと結婚する人情派
の主人公役を演じていたのです。

しかし、かつてオダギリさんは、
主演ドラマ『ぼくの妹』のPRで出演した番組で、
「映画は大切なもので、テレビはお金を稼ぐもの」
と言い切り、一昨年にも主演ドラマ『
リバースエッジ 大川端探偵社』の会見で
「すごい低視聴率を取って
『もうゴールデンは嫌だな。
テレビをやるなら深夜かWOWOWだな』と
思っていました」
とぶっちゃけるトガったキャラでした。

NEWS ポストセブン 5月30日(月)7時0分配信


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160530-00000004-pseven-ent

オダギリジョー 『重版出来!』 ブログトップ