So-net無料ブログ作成
ポール・サイモン ブログトップ

ポール・サイモンさん、引退を示唆 米紙インタビュー [ポール・サイモン]

ポール・サイモンさん、
引退を示唆 米紙インタビュー

ポール・サイモン.GIF



AFP=時事】名曲「サウンド・オブ・サイレンス
(The Sound of Silence)」を手掛けてから
約半世紀、米国人ミュージシャンの
ポール・サイモン(Paul Simon)さん(74)が、
29日付の米紙ニューヨーク・タイムズ
(The New York Times)に掲載の
インタビュー記事で引退を示唆するような
発言をしている。

インタビューでサイモンさんは、
「終わりが近づいている。
ショービジネスに対する興味がなくなった。
少しもない」
と述べている。

サイモンさんの最新アルバム
「Stranger to Stranger」の評判は上々で、
シングルカットされた楽曲「Wristband」は、
大学のラジオ曲で最も多く流されている
楽曲の一つだ。

ただ、現在開催中の全米ツアーと10月から
1か月間にわたって開催する欧州ツアーの後は、
1年かけてゆっくり旅行をしたいと述べており、
3番目の妻であるミュージシャン、
エディ・ブリッケル(Edie Brickell)さんと
一緒の旅行も悪くないと話した。

「手放すというのは、勇気のいることだ。
手放したらどうなるのだろう。
自分が誰なのかが分かるのだろうか?」と、
サイモンさんは自らに問いかけるように語る。

引退は、60年におよぶ輝かしいキャリアに
幕が降りることを意味する。

サイモンさんはこれまでに、
米タイム誌(Time Magazine)の
「世界で最も影響力のある100人」に
選出されている他、
グラミー賞(Grammy Awards)を10回以上受賞、
さらにはロックの殿堂
(Rock and Roll Hall of Fame)
入りも2回果たしている。

インタビューでは「名声」についても
語っており、1960年代にはそれが
「最悪の毒薬」と化すところを
目の当たりにしたと述べている。

「それ(名声)は、
エルビス・プレスリー(Elvis Presley)を殺し、
ジョン・レノン(John Lennon)や
マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)も
殺した。
大きな名声を手にし、少なくともそれによって
混乱させられて、非常に難しい局面に
立たされなかった者を、自分は一人も知らない」
とサイモンさんは話した。
【翻訳編集】 AFPBB News

AFP=時事 6月30日(木)11時34分配信


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160630-00000016-jij_afp-ent


ポール・サイモン ブログトップ