So-net無料ブログ作成
NEWS小山・加藤・増田・手越 ブログトップ

危機乗り越え…NEWS小山・加藤・増田・手越の武器は“バラバラ” [NEWS小山・加藤・増田・手越]

危機乗り越え…NEWS小山・加藤・増田・手越の
武器は“バラバラ”〈週刊朝日〉

NEWS.GIF

結成13年、
結成当時9人だったメンバーは今や4人に。
にもかかわらず、今、グループ史上
最強のパワーを放つ。

その秘密と4人の関係性について、
語ってもらった。

6月12日、NEWSは全国8カ所で27万1千人を
動員した全国ツアー
「NEWS LIVE TOUR 2016 QUARTETTO」
のファイナル公演を、東京ドームで迎えた。
 
4人はこれまで、相次ぐメンバーの脱退や
活動自粛を乗り越えてきた。

11年に人気メンバーだった錦戸亮さんと
山下智久さんが去ったときは、
「○○と愉快な仲間たちの、
仲間たちだけしか残ってない」
「いちごのないショートケーキ」
などという言葉を浴びせられ、
「解散したほうがいい」
との声すらあったという。

大歓声の中で歌って踊る4人は、
それらの言葉を見事にはねのけてみせた。

紆余曲折を経て、ファンとの絆はさらに
強くなった。

ライブの最後、小山さんは
「NEWSがこれからどうなっても、
みんなとの距離は同じです」、
手越さんも
「僕らがどんなにすごいことになって
大きくなっても、皆との距離は
変わらないようにする」
と叫んだ。

今、NEWSというグループが史上最強の
波に乗っていることを、彼ら自身も
感じているのだ。

■今のNEWSの強みとは
小山:4人になったときは、失うものは何も
ないという状態でしたね。

当時は、メンバーが何を思ってどうしたい
のかも、わからなかった。

今はそれぞれの得意不得意もわかっているし、
メンバーとは今のほうが仲いいです。

手越:それぞれが自由に、自分らしくやって
いるのが、今となっては強みになってる。

僕らの武器は、バラバラであることかも
しれない。

バッチリそろったら、たぶんつまんないん
じゃないかな。

加藤:時間も大きいですね。

13年間NEWSとしてやってきて、その中で模索
しながらそれぞれの立ち位置を作ってきた。

僕らにしかできない経験がいっぱいあって、
それぞれが努力してきた。

それらを経て、今、ようやくNEWSとしての
ベースメントがしっかりしてきた気がする。

手越:今はそれぞれ、
「ここは俺が行くべき・行くべきでない」
という判断ができてると思う。

増田:メンバーの一人ひとりが、
「自分は何をやったらいいんだろう」と、
真剣に考えたんじゃないかな。

NEWS以外の、アイドルじゃない活動を
して力をつけて、そのパワーをNEWSの
活動に持ち寄っている気がする。

加藤:おもしろい番組だと思って見てると、
メンバーが出てきたりする。

それって、すごくありがたいし、
恵まれていると思う。

手越:僕は日テレにチャンネルが合ってる
ことが多いから、圧倒的に小山さんを
見るよね。
「news every.」やってるときは、
メンバーの感じがしない。
キャスターとして確固たる地位を
確立しているから、
普通にアナウンサーとして見てる。

小山:それ、すごくうれしい。

加藤:他のメンバーの仕事が自分にできる
とは思っていないから、メンバーの出てる
番組を見ても、
「刺激になる」とか
「俺も頑張ろう」
とかは思わない。
みんな適材適所のお仕事をしてるから、
「メンバーが素敵なお仕事に
出会えてよかったな~」という、
優しい気持ちになります。

単純にうれしい。

手越:心のどこかでお互いがお互いを
リスペクトしているから
やっていけるんだと思う。

小山:4人での充実感を、今、
すごく共有できてます。

※週刊朝日  2016年7月29日号

dot. 7月26日(火)11時30分配信


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160725-00000215-sasahi-ent&p=1
NEWS小山・加藤・増田・手越 ブログトップ