So-net無料ブログ作成
夏ドラマ 「勝手にドラマ評価」27弾。 ブログトップ

日曜対決、期待ゼロ「HOPE」に軍配/夏ドラマ評 [夏ドラマ 「勝手にドラマ評価」27弾。]

日曜対決、期待ゼロ「HOPE」に
軍配/夏ドラマ評

日曜対決.GIF

7月期の夏ドラマが出そろった。

8月にリオ五輪が控える今期は
スタートや放送回数などイレギュラーな
編成も多い。

ラブストーリー、お仕事もの、サスペンス、
学園ドラマなどジャンルは幅広いものの、
中身も視聴率も苦戦気味な印象だ。

「勝手にドラマ評価」27弾。

今回も単なるドラマおたくの立場から
勝手な好みであれこれ言い、★をつけてみた。

**********

◆「好きな人がいること」
(フジテレビ系、月曜9時)
桐谷美玲/山崎賢人/三浦翔平/野村周平

★★

恋を夢見る女子が、湘南のイケメン3兄弟と
ひと夏の共同生活。
よくある設定をコピペ、映画「ヒロイン失格」
で当てたコンビをコピペ、山崎賢人のオレ様
キャラや三浦翔平の頭ポンポンなど、
他局が当てたキャラをコピペ。
コピペ世代の脚本についていけない。
役者の自意識や向上心が報われないのは
気の毒に見える。
「いつ恋」「ラヴソング」と意欲作が
2作連続でコケてしまった月9。

視聴率恐怖症なのか、目標を「SNSの反響」
という別のところに置き、5分ごとに
「腕グイ、キター」「腹筋萌え~」と
ツイートネタを提供する作風に。
スマホの指も止まるほどのドラマが見たい派
にはさみしい。
JK層限定、ソーシャル視聴派限定の
戦略は成功するか注目。

◆「せいせいするほど、愛してる」
(TBS系、火曜10時)武井咲/滝沢秀明

★★★

不倫か純愛か。

ティファニー副社長と部下の禁断の恋。

「風邪なんて俺にうつせよ」とキス、
お姫さま抱っこから靴はかせてくれて
「足、きれいだよ」。

スマホ恋愛ゲームのような赤面の世界観を、
タッキーと武井咲がせいせいするほど
振り切って演じる。

最近の恋愛ドラマにありがちな少女漫画ぜりふ
のパッチワーク系だが、リミッターを
ぶち破ろうとするガッツは買いたい。

笑う方向性で見るとけっこう楽しめるし、
もっとただれた関係でもいいくらい。
連ドラで初めてティファニーが全面協力。
駅前でビラを配るティファニー、
お客さまにタメ口をきくティファニーが
斬新すぎる。

見せ場で流れる聖子ちゃんのバラードが、
手際の悪い脚本をリカバー。

◆「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」
(フジテレビ系、火曜10時)波瑠/横山裕

★★★★

内藤了の人気小説をドラマ化。
他人に共感する心を持たずに生まれ、
「殺人者と自分の違い」が知りたくて
警察官になったヒロインの
スーパー記憶力捜査&自分探し。
猟奇ものの傑作「沙粧妙子・最後の事件」
(95年、主演浅野温子)と
つい比べてしまうけれど、
凄惨(せいさん)な死体の造形や、
1話での篠田麻里子の迫真の殺され方など、
表現に気を使う今の時代にかなり
頑張っている印象。

夢で殺人犯と語らうシーンや、
死体をじーっと見る波瑠の大きな目、
精神科医のプロファイリングなども
サスペンス的。

3話からパターンが単調なのが気になる。
闇キャラの相棒、横山裕くんが女相手に
フルテンションでキレたり犯人を半殺し
にしたりの悪目立ちなのは好みが分かれそう。

◆「家売るオンナ」
(日本テレビ系、水曜10時)
北川景子/工藤阿須加/仲村トオル

★★★★

「私に売れない家はありません」。
天才的不動産屋、三軒家万智の超絶営業。
いちいち目をむいて命令する北川景子の
鉄仮面キャラが面白く、
「泣けば家が売れるんですか」
「子供だからって甘えている場合では
ありません」と、客にも同僚にも
スパルタな営業哲学に見入る。

常識やきれいごとを破壊しながら進む
ドライな売買に真の幸せ。

引きこもりの解決など考えず
「100歳まで安心してひきこもれる家」
をマッチングした2話は目からうろこだった。

幸せの形は人それぞれ。

不動産あるあるをうまく使った落としどころが
新鮮で、この人の次の一手に興味が沸く。
何か心に残るわけではないが、見ている間は
大いに笑える。イモトのキャラが騒々しく
流れを止めるのが残念。

◆「はじめまして、愛しています。」
(テレビ朝日系、木曜9時)
尾野真千子/江口洋介

★★★★

「家政婦のミタ」「偽装の夫婦」など
トリッキーな主人公目線で家族を
描いてきた遊川和彦氏が、
特別養子縁組制度をテーマに直球勝負。

ピアニストとサラリーマンの夫婦が、
身寄りのない5歳の男の子と家族に
なるまでを描く。

才能と子作り年齢の手詰まり感を
尾野真千子がむすっとみなぎらせ、
5歳児に対応できないイライラがリアル。

法的にクリアすべき壁の多さや必ず表れる
問題行動の数々。

「帰りの橋をたたき落とす覚悟」が
問われる世界とは。

家族ドラマが苦手なのでひるむが、
頭でっかちな妻と、ポジティブ単細胞な
夫がでこぼこな相性で引っ張ってくれるので、
笑いとともに楽しめる。

ピアノが起こす出会いと奇跡。

最初の1歩が「ドレミの歌」という
サウンド・オブ・ミュージック。

◆「営業部長 吉良奈津子」
(フジテレビ系、木曜10時)
松嶋菜々子/松田龍平

★★★

3年の育休明けという壁に挑む42歳
女性営業部長の奮闘。

CM制作部署のエースが、営業に配置転換
されての復職。「3年も休めて女はいいねえ」
「女性管理職のお飾り」。

男性陣のレベルのトホホだが、ちやほや
慣れが抜けないヒロインのお花畑もトホホで、
どっちもどっちな味わい。

「泣きごと言えばお金が集まるわけ?」。

切り替えの早い行動力は好感が持てるだけに、
世間知らずな義母が出てくると橋田寿賀子風、
変なサスペンス要素を持ち込むシッターが
昼ドラ風という散らかり感が残念。

配置転換で頭を下げることを知った
元お姫さまの成長という一点でシンプルに
応援したかった。

ヒロインのオフィスファッションがすてき。

◆「神の舌を持つ男」
(TBS系、金曜10時)
向井理/木村文乃/佐藤二朗

★★

舌に乗せたものの科学成分が分かる男が、
旅先の温泉地で事件解決。

「ケイゾク」「TRICK」「SPEC」の
堤幸彦ファンとしては、内輪だけが楽しそうな
世界観に乗れなかった。

向井理が温泉で女性の背中を洗う「三助さん」
とか、火サスマニアで1時間ヒステリックに
騒ぐ木村文乃とか、悪ノリキャラじゃない
俳優さんたちがしんどそう。

「事件の謎はこの舌が味わった」と舌をど
アップにする映像も生理的に無理。

理系とオカルトの調合、闇と笑いの
コンビネーション、女と男の迷コンビの
3点セットで堤ワールドを見たい派なので、
ゆるっと脱落する。

◆「グ・ラ・メ!~総理の料理番~」
(テレビ朝日系、金曜11時15分)
剛力彩芽/滝藤賢一/高橋一生

★★★★★

「官邸料理人」に25歳の女子シェフが就任し、
権を料理で救う。「信長のシェフ」と「民王」
を合わせたような、この枠らしい軽妙かつ
大胆な快作。

孤立していても、1人で徹底した掃除から
始めるヒロインのまじめさに信頼が置けて、
剛力彩芽も役になじんでいる。

「冷めたスープ」と酷評される総理を
スープで救った1話は、この人の戦い方が
よく分かる回だった。

脇が滝藤賢一、高橋一生、小日向文世、
中尾彬という、空母みたいな安定感。

食えない魅力の小日向総理、
えたいの知れない滝藤秘書官に加え、
敵役の総料理長、高橋一生の不敵な
流し目にわくわく。

エンディングのダンスリレーで剛力彩芽
ちゃんだけガチダンスなのと、
料理前に髪を触るのは勘弁してほしい。

◆「時をかける少女」
(日本テレビ系、土曜9時)
黒島結菜/菊池風磨/竹内涼真

★★

定期的に映像化される筒井康隆の
SF小説の金字塔。

恋心が美しかった原田知世版(82年)や、
元気印で青春の疾走感を描いたアニメ映画版(
06年)のような、その時代らしい「時かけ」
を期待したけれど、便利にタイムリープ
しまくるヒロインが、髪切り直してイエーイ、
みんなで過去へ行って演劇するぞイエーイ、
みたいなノリに面食らう。

深町くんがこの時代にとどまる理由も
「恋がしたい」という魔改造で、
いちゃいちゃした青春ドラマのテイスト。

SFジュブナイルの極意である喪失感や
幻影感覚をきちんと描いた方が、
視聴率の急落を防げたかも。

2時間がベストの内容を全5話で描く苦労もありそう。

◆「仰げば尊し」
(TBS系、日曜9時)
寺尾聰/多部未華子/真剣佑

★★★

弱小吹奏楽部が全国コンクールで奇跡を
起こすまでを描く学園ドラマ。

80年代の実話を描いたノンフィクションを、
「ROOKIES」の監督と脚本家が
不良グループの更生ものとして脚色。

異分子の加入による化学反応を楽しみに
していたら、熱血教師との衝突や厄介な先輩の
くだりを延々とやっていて、2話を終えても
音楽室にたどり着かない。

不良の事情や大暴れは入部させてから
描けばいいことで、音楽を軸にしてくれないと
「表参道高校合唱部」の不良バージョンにも
「ROOKIES」の吹奏楽部バージョン
にもならない気がする。

「先生、見えていますか」と娘が指揮台に
立つオープニングを見れば、
最終回の感動は約束されているだけに、
早く音楽を。

◆「HOPE~期待ゼロの新入社員~」
(フジテレビ系、日曜9時)
中島裕翔/遠藤憲一

★★★★★

タイトル通り、期待ゼロで見たら
今期イチオシだった。

プロの囲碁棋士の夢を断たれた青年が、
訳あって総合商社で働き始める成長物語。

ジャニーズのスーツ男子、中島裕翔が
まっさらな新入社員役に似合っていて、
情けない自分への悔し涙や、
ささやかなうれし涙に共感できる。

ぐずぐずした1話にはノレなかったが、
正規採用をかけたプレゼン試験の
2話は「ここで逃げたら何もない」と
いうひたむきさが伝わる傑作だった。

瀬戸康史、山本美月、桐山照史ら同期の
キャラ分けもあざやかで、今後ぶち当たる
壁の数々を応援したくなる。

韓流ドラマ原作には珍しく恋愛要素がないのも
すっきりしていて、山本美月が男社会でどう
踏ん張るかも楽しみ。

普通の人を演じられる俳優、普通の人のドラマ
を描ける制作は貴重。

◆「そして、誰もいなくなった」
(日本テレビ系、日曜10時半)
藤原竜也/玉山鉄二/二階堂ふみ

★★★

名前とパーソナルデータを乗っ取られて
犯罪者にされた藤堂新一の10日間の戦い。

自身が開発したデータ削除システムに
首を絞められ、警察や謎の組織に追われまくる。

登場人物全員が怪しいジェットコースター
サスペンスは夏ドラマの中でも異色の存在感だが、
際限なく人数が増える展開に
2話で面倒くさくなってしまった…。

毎週1人ずつ可能性をつぶしてくれた方が
「やっぱり」「まさか」と謎解きを
楽しめたのだけれど。

怪しさの表現が、影でニヤリの一辺倒なの
もしんどい。

オリジナル脚本なので犯人は最後まで分からない。

もはや誰が犯人でも納得で、最終回だけ
見ればいい気もする。

追い詰められて叫ぶ男が日本一うまい藤原竜也。

「えっ??」だけで七色の感情表現がお見事。

【梅田恵子】
(ニッカンスポーツ・コム/
芸能記者コラム「梅ちゃんねる」)

日刊スポーツ 7月29日(金)13時41分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160729-00000083-nksports-ent

夏ドラマ 「勝手にドラマ評価」27弾。 ブログトップ