So-net無料ブログ作成
木村拓哉 ブログトップ

木村拓哉がラジオで「SMAP×SMAP」険悪空気の香取慎吾をさりげなく批判!? [木村拓哉]

木村拓哉がラジオで
「SMAP×SMAP」険悪空気の
香取慎吾をさりげなく批判!?

木村拓哉がラジオ.GIF


9月19日に放送されたバラエティ番組
「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)
の視聴率が、9.4%だったことがわかった。
今回、人気企画「ビストロSMAP」に
女優の広瀬アリスと広瀬すず姉妹が登場し、
メンバーと様々なゲームを楽しんだ。
「前大阪市長の橋下徹氏がゲスト出演した
前回の『ビストロSMAP』は視聴率が8.8%で
したが、今回の広瀬姉妹は、そこから
0.6ポイント上げることとなりました。
番組では食事以外に、
SMAPメンバーとクイズをしたり、
フリースロー対決をするなどして、
視聴者を惹きつけたようです」
(テレビ誌記者)

しかし「SMAP×SMAP」といえば、
解散報道以降、中居正広や木村拓哉以外の
メンバーのテンションが低いと一部で話題と
なっており、現在も収録ではリアクションの
薄い状態が続いている。
今回の放送でも、木村が今まで以上に
笑みを見せるなど、必死に番組を
盛り上げようとする姿勢が注目された。

そんななか、9月16日に放送された
ラジオ番組
「木村拓哉のWhat’s UP SMAP!」にて、
ギスギスした
「スマスマ」収録へのメッセージを
思わせるような発言があったという。
「木村はラジオにて、ゴルフに関する
トークを展開していました。
そこで彼は、ラウンドを複数人で回る際、
どんなミスをしても腐らずにやることが
重要だとリスナーにアドバイス。
さらにそこから『腐るとね、すっげぇ、
一緒にやってる人たちに申し訳ないことに
なってますからね』
『ほかの人からすると、なんだよアイツ
最悪じゃんってことになりますから』と、
1人の人間が場を乱すことへの不快感を
力説していました。
この発言が一部のファンから
『スマスマでの香取慎吾のことを
言っているのでは?』と
話題になっています」
(前出・テレビ誌記者)

ラジオでは、自身も腐った空気を出して
怒られた経験があると語った木村。

それだけにギスギスした空気のまま収録を
続けることに対し、強い不満を持っている
のかもしれない。

(森嶋時生)

アサジョ更新日:2016/09/25


https://gunosy.com/articles/aqQHv

木村拓哉「タイトル変えない」発言で“ビビる大木状態”確定か? ファンは「SMAPを名乗るな」と激怒 [木村拓哉]

木村拓哉「タイトル変えない」
発言で“ビビる大木状態”確定か?
ファンは「SMAPを名乗るな」と激怒

木村拓哉8.GIF

SMAPの木村拓哉が、26日放送のラジオ番組
『木村拓哉のWHAT'S UP SMAP』(TOKYO FM)
に出演。

解散後の番組タイトル変更について
「必要はない」と話したことで、
波紋が広がっている。

前週の放送で、解散について
「全てのSMAPファンのみんなに、
ただただ申し訳ないという気持ちしかありません。
本当に、ごめん」
などと語った木村。

今回の放送では、これに対するリスナーの
メッセージを淡々と読み上げた。

そんな中、
「気を強く持ってください。
そして、タイトルが変わってもいいので、
ラジオは辞めないでください」
との投稿に対し、
「タイトルは変わる必要はないかなって、
今は思ってますけど……」
と小声でボソボソと語った木村。

番組タイトルには「SMAP」の文字がしっかり
入っているが、どうやら木村には、
解散後もこのまま続けたいという
思いがあるようだ。

これに対し、ネット上のSMAPファンからは、
「木村はソロをやってもいいけど、
SMAPは名乗らないでくださいね。
絶対に!」「SMAPは5人のことだから!」
「“SMAPファン=木村ファン”っていう
自意識がすごい」

「“1人SMAP”なんて認めない」
といった批判が相次いでいる。

「木村については、かねてより
『解散後も、1人でSMAPを名乗るのでは?』
とささやかれており、そんなウワサを
後押しする格好に。

さらに、SMAP解散のきっかけを作った張本人として、
木村や妻の工藤静香に批判が集まる中で、
今回の発言はファン心理を逆なでしてしまった」
(芸能記者)

また、木村が読み上げたメールはほかに、
「ファンのため、私のために、なんでも伝えて
くれてありがとう。
言いたい気持ちや思いを、とことん伝えてくれて
ありがとう。
あふれ出てくる思いと気持ちを、
いろいろ伝えてくれてありがとう。
たくさんの愛を注いでくれてありがとう」
という感謝のメッセージや、
「キャプテン(このラジオにおける木村の呼び名)、
もう謝らないでください。
私たち乗組員(リスナーのこと)は、
今までのキャプテンの行動、言葉から、
報道されていることの何が本当のことで、
何が嘘なのか、ちゃんとわかっています。
だからもう、謝らないでください」
というもの、さらに、
「なんで解散という大事なときに、
すぐに帰国しなかったのでしょう? 
無念だと思うなら、すぐに帰国して、
どうして解散を止めなかったんですか?」
という糾弾や、
「なぜこんなことになってしまったのか? 
そしていろいろな報道。
SMAPの28年間が失われていきます。
でも、メンバーの心が壊れてしまうのなら、
悔しいけど受け入れます。
ただし、こんな終わり方は認めません。
こんな中途半端な情けない終わり方は。
ラストコンサート、スマスマでのライブ、
シャッフルビストロ、年末の音楽祭、
そして紅白。

どれか一つでもいいので、やってください。

ファンにちゃんと、けじめのさよならをしてください。
(略)メンバーともう一回話してください」という
要望などがあった。

木村といえば、22日にハワイから帰国した際、
御用スポーツ紙の記者を集め、取材に応対。

日刊スポーツは、「すごく、ごめんなさい」という
ファンへのメッセージのほか、
「去年の末から、今回の騒動に至るまで、
自分自身は変わっていない」と、
“裏切り”行為を否定するコメントを報じた。

さらに、スポーツニッポンは、地の文で
「ジャニーズ事務所からの独立問題に
端を発した騒動の中、事務所残留と
グループ存続を一貫して希望。
それにもかかわらず“裏切り者”と誤解されている
ことへの悔しさをにじませた」

「(独立を)自身は一度も翻意したことがない。
しかし、4人は今も『裏切った』と思っている」
「誤解はなぜ生じ、解散まで至る元凶となったのか」
などと、メンバーの4人が木村を“誤解している”
と断定。

木村の判断がいかに正しかったかを伝えている。

「各メンバーがラジオ番組を擁するSMAPですが、
今週、解散について触れたのは木村のみ。
ファンのメッセージを読み上げたのも、
『木村だけは、ファンの味方ですよ』
というアピールでしょう。
しかし、そんな事務所の魂胆は、
もちろんファンも見抜いており、
『木村の単独プレイ、カッコ悪すぎ』
『木村の特別扱いが酷い』
『ジャニーズは、ほかの4人がファンを
蔑ろにしてるとでも言いたいのか?』と、
むしろ批判を助長しています」
(同)

“1人SMAP”のウワサを後押しした、
今回の木村の発言。

かつて、相方が芸能界引退を表明した際、
「ユニットから1人抜けただけ」として
コンビ名を芸名に残したビビる大木のように、
木村も「SMAP・木村拓哉」として活動を
続けるつもりなのだろうか?

日刊サイゾー更新日:2016/08/30


https://gunosy.com/articles/aqXvZ

あのキムタクがSMAP解散を阻止したかった“超・衝撃的”な本当の理由とは? [木村拓哉]

あのキムタクがSMAP解散を阻止したかった
“超・衝撃的”な本当の理由とは?

木村拓哉5.GIF


今年の1月の騒動から、今後の動向に注目が
集まっていたSMAPが正式に解散を発表し、
日本中に衝撃が広がっている。
また“裏切り者”や“戦犯”として一部で
報じられていた木村拓哉へのバッシングも
再燃した。

SMAPメンバーがマネージャーのI女史とともに
ジャニーズ事務所を独立しようとしたとき、
ただひとりそれを蹴ったのが木村であり、
これによってSMAP独立も立ち消えとなり、
今回の最悪な結果に結びついたと
言われているからだ。

しかし、木村には独立できない“事情”が
あるという話を聞きつけ、取材を行った。
「独立を自分が蹴ればSMAPの他のメンバーから
裏切り者扱いされるのはキムタク本人も
わかっていたはずです。
もちろん、この事実が表に出ることは
予想外だったでしょうが、
それにしてもキムタク本人もリスク覚悟の上で
独立話を断った。
その裏にはメリー副社長の存在や
ジャニーズ事務所幹部の影響などがあると
取りざたされていますが、
実はもうひとつの事情があるのです」
(芸能事務所関係者)

メリー副社長にそそのかされた、妻の助言が
あったなど、さまざまな記事が出ているが、
まだ表には出ていない、もうひとつの事情とは
どういったものなのか。

「彼は、自分の芸能人としての価値に自信が
持てなかったんです。
木村は、ドラマでも視聴率30%を超える作品を
連発した過去があり、大人気芸能人として
君臨してきましたが、彼自身はそれが自分の才能に
よるものとは考えていませんでした。
あくまで、ジャニーズ事務所に所属し、SMAPという
肩書きがあったからこそできたことだと
自覚していたんです」
(同)

たしかに事務所やSMAPの存在は大きいが、
それを木村自身が冷静にとらえていたとは少々驚きだ。
「別に彼の肩を持ちたいわけじゃありませんが
彼は冷静に状況を俯瞰でき、自分のことを客観視
できる人間です。
事務所を出てジャニーズやSMAPの看板がなくなり、
ひとりのタレントになったとき、
仕事をコンスタントにもらうだけの実力はないと
自分で判断した。
だからこそ独立を断ったんです」
(同)

気持ちはわかるが、ジャニーズやSMAPの看板で
仕事をしていたのは他のメンバーも同様だ。
木村と他の4人は何が違うのか。

木村拓哉6.GIF

「たとえば、中居正広はMC業で絶対的な信頼を
得ています。
それに香取慎吾はバラエティ番組で自分の役割を
そつなくこなし、今後も仕事には困らないはずです。
さらに草なぎ剛はドラマや映画で評価を得ていますし、
稲垣吾郎は誰も真似できない独自の路線を貫き、
仕事は少ないながらも個を確立させています。
木村は、それぞれのメンバーの強みを知っていて、
その上で自分には何もないとわかっているんです。
かといって所帯を持つ身として家族を養う必要が
ある木村は、他のメンバーのように自由に生きて
いくこともできなかった。
そのため、事務所やSMAPの看板を失うことは
避けたかったわけです」
(同)

他の4人のメンバーはそれぞれ強みがあり、
独立後もビジョンが見えるが
木村はジャニーズ事務所やSMAPの金看板が
なくなれば何もなく、それでは家族の生活レベルを
下げることになると認識していたようだ。
そうなると、今SMAPという看板を失い
最も大きなショックを受けているのは
木村なのかもしれない。

木村には今後も仕事はあるだろうが、
世間的なイメージの悪化はあまりにも大きく、
これまで以上に困難な状況が待ち受けていると
予想されている。

このような結果が待っていたならば、
内心は独立したほうが良かったと思っている
のではないだろうか。
(文=吉沢ひかる)

TOCANA更新日:2016/08/25

https://gunosy.com/articles/atyQL


キムタク 解散の“元凶扱い”に異論「自分自身は変わっていない」 [木村拓哉]

キムタク 解散の“元凶扱い”に異論
「自分自身は変わっていない」


SMAP4.GIF


年内解散を発表したSMAPの
木村拓哉(43)が22日
休暇で滞在していた米ハワイから
千葉・成田空港着の航空機で帰国した。

今年1月に分裂騒動が起きて以降、
メンバーで取材に応じたのは初めて。
「去年の末から今回の騒動に至るまで、
自分自身は変わっていない」
発言した。
ジャニーズ事務所からの独立問題に端を
発した騒動の中、事務所残留と
グループ存続を一貫して希望。

それにもかかわらず“裏切り者”と
誤解されていることへの悔しさを
にじませた。


台風の影響で搭乗機は予定より約2時間
遅れの午後7時すぎに成田空港に到着。
木村はサテライトに日焼けした顔に
サングラスというスタイルで姿を現した。

集まった約100人の取材陣から
「お帰りなさい」などの声が掛けられたが、
厳しい表情で無言を貫いた。

到着ロビーでも表情は硬いままだったが、
ファンに対しての気持ちを聞かれると
「本当に急な話の流れだったので、
驚かせてしまったと思います。
凄くごめんなさい」
と頭を下げて謝罪した。

今月上旬にハワイ入り。その時点では
メンバー間でも「活動休止」で認識が
一致していたが、10日に木村を除く
4人がジャニー喜多川社長(84)と
面会し解散が決まった。

解散はハワイで知ったのかという質問には
「そうですね」と認めた。

それでも、メンバーへの思いを問われると
「やっぱりずっと一緒にやってきたメンバー。
気持ちというか、やってこられた
事実は事実であるので…」
と複雑な胸中をのぞかせた。

解散に納得してるかという質問には
「それは、ファンの皆さんが一番納得
してないと思います」
と話した。

その後、自身は納得しているのか
確認された時に出たのが
「去年の末から今回の騒動に至るまで、
自分自身は変わってない」
という発言だ。

今回の騒動の端緒になったのは、
元マネジャーの女性が主導した
ジャニーズ事務所からの独立問題。

スポニチ本紙の取材では昨年6月に
女性マネジャーがメンバー全員を集め、
独立話があることを初めて説明した。

その場で木村は
「それ(独立)がいいとは思わない」
と独立の意思がないことを表明。

事務所と確執もないのに退社するのは
筋が通らないという主張だった。

ところが同12月。

元マネジャーが水面下で活発化させていた
独立への行動にメリー喜多川副社長(89)
が激怒。

事務所が初めて公式にメンバー全員の
意思確認をすることになった。

木村以外が独立の意思を表明する中、
木村は半年前と変わらず
残留の意思を示した。

これに驚いたのがほかのメンバー。

元マネジャーから、木村も独立に
賛同していると説明を受けていたからだ。

これがグループが分裂する決定的な
原因になった。

結局、この分裂状態は解消されることなく
解散という最悪の結果を導いた。

自身は一度も翻意したことがない。

しかし、4人は今も「裏切った」と
思っている。

その悔しさやつらさが
「自分自身は変わっていない」
との言葉ににじみ出た。

24日は「SMAP×SMAP」の収録で
解散発表後、5人が初めて顔をそろえる。

誤解はなぜ生じ、解散まで至る元凶と
なったのか。

結成28年8カ月の活動に幕を下ろすまで
あと4カ月。
その溝を埋めるには残された
時間はあまりに短い。

スポニチアネックス 8月23日(火)5時0分配信



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160822-00000129-spnannex-ent

木村拓哉「本当に、ごめん…」 ラジオでお詫び、無念さにじませる [木村拓哉]

木村拓哉「本当に、ごめん…」 
ラジオでお詫び、無念さにじませる

木村拓哉3.GIF

年内での解散を発表したSMAPの木村拓哉(43)
が19日、パーソナリティーを務める
TOKYO FM『木村拓哉のWhat's up SMAP!』
(毎週金曜 後11:00)に出演。

番組冒頭、
「ただただ申し訳ないという気持ちしかありません。
本当に、ごめん…」
とグループの解散について14日の発表以来
初めて言及した。

番組冒頭、
「皆さんこんばんは、木村拓哉です。
今回はSMAPの件でみなさんにつらい思いをさせて
しまって本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです」
静かに語りだした木村は、
「僕と同じように、いままで生活の一部、
人生の一部としてSMAPと関わってくれた
ファンのみんなに、今、本当に言葉が
見つかりません」
思いを口にした。
最後は
「すべてのSMAPファンのみんなに
ただただ申し訳ないという気持ちしか
ありません。本当に、ごめん…」
お詫びの言葉でコメントを結んだ。
その後は通常放送に戻り、
“キャプテン”として恋愛や受験といった
リスナーからの悩みに答えるなど番組を進行。

選曲ではペンタトニックスによる
映画『ゴーストバスターズ』テーマのカバーや、
ジャズ歌手、ボビー・マクファーリンのナンバーを
チョイスし、SMAPの楽曲はオンエアされなかった。

木村は今年1月に解散危機が報道された際にも、
同番組内で騒動に自らコメント。

「ちゃんといつか自分の言葉で話せる時がきたら、
自分の言葉で、このWhat'sでお話させて
いただきたいと思っております」
と語りかけ、
「自分はここのWhat'sのキャプテンとして、
そして、聴いてくださっている皆さんは
乗組員として、キャプテンを信じてついて
きてください」
と呼びかけていた。

今回の解散発表では、きのう18日放送の
文化放送『稲垣吾郎のSTOP THE SMAP』
(毎週木曜 後9:30)で稲垣吾郎が
メンバーとして初めて言及。

「突然の報告で驚かせてしまって、
本当に申し訳ございません」
と謝罪するとともに
「わたくし稲垣吾郎はこれからも引き続き
頑張っていきます」
と決意を語った。

オリコン 8月19日(金)23時0分配信


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160819-00000380-oric-ent

木村拓哉、SMAP解散に「だったら4人をクビにして!」 [木村拓哉]

木村拓哉、SMAP解散に
「だったら4人をクビにして!」

木村拓哉2.GIF

12月31日をもって、SMAPが解散することが
発表された。

その舞台裏を6ページにわたって総力取材
した8月17日発売の「週刊新潮」では
木村拓哉(43)が漏らした“本音”を
明らかにしている。

今年の初めに発覚した独立騒動は、
フジテレビの『SMAP×SMAP』でメンバーたちが
生謝罪を行ったことで、一度は
収束したかに見えた。

が、以来、“裏切り者”の木村は4人から
無視され続けたという。

「キムタクは、自分から歩み寄っているのに
全く相手にされず、かなり頭にきていた。
(スマスマ)担当プロデューサーに、
こんなんじゃやってられないという
抗議のメールを送っていますからね」
(フジテレビ幹部)

木村拓哉、SMAP解散に「だったら4人をクビにして!」
特集が掲載される「週刊新潮」2016年8月25日
秋風月増大号

週刊新潮.GIF


詳しくは「週刊新潮」本誌に譲るが、
騒動以後、グループの“活動休止”も
検討された。

それが解散に至った理由には
香取慎吾(39)らからの強い解散
要求がある。
「それに対し、木村はジュリー副社長に
『だったら4人はクビにしてください!』
と懇願したそうです」
(関係者)


17日発売の「週刊新潮」ではこのほか
木村だけが呼ばれたフジ社長の誕生日会や
他のメンバーの今後、そして
元マネージャーの飯島女史と
“芸能界のドン”との密会などについて詳報する。

「週刊新潮」2016年8月25日秋風月増大号 掲載

新潮社

デイリー新潮 8月16日(火)17時0分配信

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160816-00511458-shincho-ent

木村拓哉 ブログトップ