So-net無料ブログ作成
メロンパン 超危険 ブログトップ

メロンパンは人体に超危険で国が規制!栄養なく危険成分まみれ、糖尿病等や内臓障害の恐れ [メロンパン 超危険]

メロンパンは人体に超危険で国が規制!
栄養なく危険成分まみれ、
糖尿病等や内臓障害の恐れ


メロンパン.GIF

「好きなパン」ランキングで常に上位に
ランクインし、今やコンビニエンスストアの
定番商品のひとつとなっているメロンパン。

行列ができる「メロンパン専門店」も
少なくない。

しかし、実はメロンパンには健康に悪影響を
及ぼす材料が使用されており、
非常に体に悪い食べ物だという。

●アルミニウムの蓄積で肝臓や腎臓に障害も

メロンパンに含まれるもので、
まず問題なのは「アルミニウム」である。

「アルミニウムそのものは、空気や水、土、
その土壌から栽培された野菜や穀物
などにも微量に含まれていて、
普通に生活していてもとってしまうものです」
と語るのは、管理栄養士のAさんだ。

しかし、アルミニウムは
「体内に蓄積されると、肝臓や腎臓の障害を
引き起こす可能性があります」
(Aさん)という。

実際、厚生労働省は2013年に
「食品中のアルミニウムに関する情報」と
いう研究結果を発表している。

それによると、ラットに多量の
アルミニウムを投与した実験において
「腎臓や膀胱への影響や握力の低下」
などの結果が得られたという。

そして、厚労省がアルミニウムの
規制対象食品として名指ししているのが、
ほかでもないメロンパンなのである。

「多くのパンや菓子パンは『パン酵母』を
使用していて、パン生地を膨張させるために
膨張剤を使わないものがほとんどです。

ところが、メロンパンのクッキー生地に
使用されるベーキングパウダー(膨張剤)
にはミョウバン(硫酸アルミニウム)が
含まれているため、厚労省が
スポンジケーキやドーナツ、蒸しパンなど
とともに、メロンパンを対象食品
にしたのです」
(同)

厚労省がアルミニウムの規制に
乗り出したのは、2011~12年に子供を
対象にした調査結果がきっかけだ。

それによると、1~6歳の小児のうち5%が、
世界保健機関(WHO)などの専門機関が
設定した
「1週間に体重1キログラムあたりで
2ミリグラム」
という暫定許容量を上回っていたという。

「厚労省がメロンパンを規制対象とした
理由は2つです。

まず、共働き家庭の増加により、
手間のかからない食事として、
子供にメロンパンを与える機会が
増えたこと。

そして、アルミニウムの多量摂取による
人体への影響が認められたことです。

子供は大人にくらべて添加物の影響を
受けやすいので、注意が必要なのです」
(同)

●乳化剤に遺伝子組み換え大豆が使用?

Aさんによると、アルミニウムのほかにも、
メロンパンにはさまざまな添加物が
含まれているという。

「メロンパンのなかには、果物のメロンに
近づけるために食品添加物を使用した
ものも多くあります。

メロンの“緑色”を表現するために、
『青色1号』などの合成着色料が
使用されている可能性も高いですね。
また、メロンの香りをつけるための香料は、
種類や量などの表示義務がなく、
実際には数種類の香料が使われていた
としても、成分表には『香料』という
一括表示のみになっています」
(同)

さらに、ほとんどのメロンパンが生地を
均一に混ぜ合わせるために使う乳化剤にも、
思わぬ落とし穴がある。

乳化剤には、卵黄由来のものと
大豆由来のものがあり、
「レシチン」という卵黄由来のものなら
問題ないが、大豆由来の場合は
「遺伝子組み換え大豆」が
使われている可能性があるという。

「納豆や豆腐などのたんぱく質が
残りやすいものは
『遺伝子組み換えでない』という表示が
義務づけられているのですが、
乳化剤には記載の義務がないため、
遺伝子組み換え大豆を使いやすいと
いう実情があります」
(同)

巧みな表示トリックによって、
知らないうちに食品添加物や
遺伝子組み換え作物にまみれた
メロンパンを食べさせられている
かもしれないのだ。

「食品添加物や遺伝子組み換え作物は
ラットやマウスでの実験しか行われて
いないため、人間の体にどのような
影響を及ぼすのか、いまだに解明されて
いない部分が多いのです。

私たちが、成分一括表示や表示のない
食品を食べること自体が実験になって
いる可能性が高いですね」
(同)

●栄養バランス最悪で糖尿病や高脂血症の引き金に
さらに、栄養バランスという面でも、
メロンパンは最悪の食べ物だという。

「メロンパンひとつに含まれるエネルギー量は、
約400~500キロカロリー。
しかし、その成分は糖質と脂質ばかりなので、
ビタミンとミネラルをほとんどとることが
できません。
そのため、毎日のように食べていると栄養が
偏るだけでなく、糖尿病や高脂血症などの
生活習慣病につながる危険があります」
(同)

また、砂糖のとりすぎは体内のカルシウムを
溶かしてしまうため、砂糖が多く使われた
メロンパンを食べすぎることによって、
将来的に骨粗鬆症を患うという懸念も出てくる。

「たしかに、焼きたてのメロンパンはとても
おいしいです。
とはいえ、添加物や栄養面から見ると、
とてもじゃないが『食事』と呼べるものでは
ありません。
あくまで間食として、2週に1個程度に
抑えることをおすすめします」
(同)

個人店などでは、アルミニウムを含む
ベーキングパウダー不使用のメロンパンも
あるが、それでも栄養バランスが悪い
食べ物であることには変わりがない。

行列に並んでまでメロンパンを食べるなど
百害あって一利なしといえそうだ。
(文=谷口京子/清談社)

Business Journal更新日:2016/09/10


https://gunosy.com/articles/R0yTu



メロンパン 超危険 ブログトップ