So-net無料ブログ作成
反捕鯨映画「ザ・コーヴ」への疑問 ブログトップ

日本人監督が呈す反捕鯨映画「ザ・コーヴ」への疑問 [反捕鯨映画「ザ・コーヴ」への疑問]

日本人監督が呈す
反捕鯨映画「ザ・コーヴ」
への疑問

八木景子監督.GIF

アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を
はじめ、ロサンゼルス映画批評家協会
最優秀ドキュメンタリー賞、
全米脚本家組合ドキュメンタリー脚本賞など
各映画賞を受賞して話題になった
和歌山県太地町で行われている
イルカ追い込み漁を題材にした
ドキュメンタリー映画
「ザ・コーヴ」(2009年)は、
違法撮影や不法侵入などを行い伝統的な
イルカ漁を意図的に悪質に描いたことで、
日本の食文化や捕鯨の伝統が
ゆがめられて海外に伝わったとして
日本でも大きな反響を呼びました。
この映画がきっかけで太地町に多くの
反捕鯨団体が押し寄せてきてから6年。

1人の日本人女性監督が「ザ・コーヴ」への
反論として捕鯨問題の謎に迫る
「ビハインド・ザ・コーブ」を制作し、
このほどロサンゼルスで開催中の
グレンデール国際映画祭で
アメリカ初上映を果たしました。

本作が監督デビューとなった
八木景子監督は、米大手映画会社に
勤務した後、自身の映画制作会社を設立。

約4カ月間太地町に住み込んで
反捕鯨団体シー・シェパードが
地元の漁師らに圧力をかける様子などを
撮影すると共に「ザ・コーヴ」の
ルイ・シホヨス監督らにもイ
ンタビューを敢行。

撮影、監督、編集をすべて1人でこなし
双方の主張をカメラに収めた
八木監督に話を伺いました。

最初は鯨を食べる事がなぜこんなにも
世界から批判されるのだろうと
疑問を抱く程度だったという八木監督は、
2014年に国際司法裁判所
(ICJ)でオーストラリアが
日本の調査捕鯨が
「商業捕鯨の隠れみの」だと訴えた件で、
日本が敗訴した報道がきっかけで、
捕鯨問題を題材にした作品を作ることに。

「日本古来の習慣、物を無駄にしない
精神の下に調査後の鯨は食べてもよいと
いうルールにのっとって調査捕鯨が
行われていたにも関わらず敗訴したと
いう報道を見聞きし、
『おかしい。何かあるぞ』と
疑問を抱きました。
捕鯨関係者にその疑問を尋ねても
納得いく回答は得られず
更に謎が深まりました」。

その謎を解き明かすため取材地に選んだのは
偶然にも捕鯨の町としても知られる太地町。
取材を始めた当初は
「ザ・コーヴ」を見ておらず、
現地で初めて町の人々が抱える問題に
直面したといいます。

「純粋に捕鯨の町として取材に行ったので、
町の人たちは喜んで協力してくれると
思っていましたが、まったくその逆でした。
『ザ・コーヴ』がきっかけで町民や
関係者たちはカメラやマスコミ嫌いに
なっていたんです。
イルカ漁をしている勇魚(いさな)組合は
反捕鯨家団体から「キラー」呼ばわりされ、
映画が注目された後はイルカ漁をする彼らを
商売として撮影する日本人カメラマンも
多数押し寄せ、現地の方たちは不信感の
塊になったと聞きました」。

現地の人々の心の傷を強く感じるとともに
偏った映像に対する憤りも覚えたという
八木監督は、これまで作為的に作られた
「ザ・コーヴ」に対する批判の声が
ありながらも日本から反論する作品が
ないことに気づきます。

「初めて見た時、随分と一方的な映画だと
感じると同時に、技術的には素晴らしいと
いう印象を受けました。
今回、私自身が映画を制作する中で
感じたことは、単純に相手が悪いということ
だけでなく、日本側の姿勢にも問題が
あるということでした。
たたけばお金が出るかも、
何かあっても黙っている国民性だからと、
自らスケープゴートにされやすくして
いるんです。
捕鯨問題が解決しないのは、
科学ではなく政治だからです。
この作品で伝えたいことは、
『事なかれ主義からの脱却』です。
日本人は自分が正しいと思った意見でも、
はっきりと言わない傾向があります。
どんどん進む国際社会の中で、
時にその沈黙がアダとなり、
事実がゆがめられたままになってしまう
こともあります」。

粘り強い長期取材で見えてきたものが
あったといいます。

「長期滞在したのは、私とカメラが
住民の中に溶け込み、警戒せずに
自然な普段どおりの姿を見せてもらえる
ようにするためでした。
その和やかな姿を撮れば世界に伝わって
いる誤解は解けるのではと思いました。
意外だったのは、同様に長期滞在していた
反捕鯨家の方が心を開いてフレンドリーに
話してくれたことです。
想像していた彼らのイメージと
全く違っていたので、非常に驚きました」。

反捕鯨団体は政治家や著名人とつながり、
潤沢な資金をもとに一方的主張の
プロパガンダ作品をたくさん作ってきたと
言う八木監督は、スポンサーのない
個人制作の映画だからこそ伝えられる
ことがあると言います。

「捕鯨論争における双方の意見を
取り上げた本作は、違う側の意見を
発信するという意味で重要な試みだと
思っています。
8月にモントリオール国際映画祭で
正式上映された際には、
『反対側の意見も聞いてみたかったので
見られて良かった』と
いう意見もあったほか、
外国特派員協会のプレスイベントでも
『勉強になった』と意外な反応が
返ってきました。
一方で、シー・シェパードの創立者
ポール・ワトソン氏は
『子供じみたナショナリストの
カンシャク映画だ』と
自身のフェイスブックで批判しています」。

自分と異なる意見を聞く柔軟性が
アメリカ人にはあると信じていると
いう八木監督は、今秋にロサンゼルスと
ニューヨークで同作の劇場公開を
予定しており、それに向けて
現在クラウドファンディングによる
資金集めを行っているといいます。

「日本国内で捕鯨問題に不満あっても、
アメリカのように映画という形で
発信することはこれまでありませんでした。
イルカや鯨はかわいくて美しいという
感情はあって当然ですが、
逆に動物差別を行っていませんか? 
と世界に問いたい。
この問題は国というレベルを超えて
地球人全員が共有するべき問題だと
思っています。
この作品がアメリカで上映されることで、
イルカや鯨が異常なまでに特別視
されている欧米の現状に一石を
投じることができればと願っています」。

【千歳香奈子】
(ニッカンスポーツ・コム/芸能コラム
「ハリウッド直送便」)

日刊スポーツ 10月4日(火)13時12分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161004-00000075-nksports-ent







反捕鯨映画「ザ・コーヴ」への疑問 ブログトップ