So-net無料ブログ作成
JKT48初の出張公演 仲川遥香 凱旋 ブログトップ

JKT初の出張公演!仲川遥香が4年ぶり凱旋、年内卒業後は世界へ [JKT48初の出張公演 仲川遥香 凱旋]

JKT初の出張公演!
仲川遥香が4年ぶり凱旋、
年内卒業後は世界へ

JKT初の出張公演.GIF


AKB48の海外姉妹グループで、
インドネシア・ジャカルタを拠点とする
JKT48が15日、東京・秋葉原の
AKB48劇場で初の出張公演を開催。
2012年にAKBから移籍した
仲川遥香(24)が約4年ぶりに
劇場に帰ってきた。

年内でグループを卒業することが決まり
日本のファンに感謝を伝えるための
凱旋公演に。

インドネシアで芸能活動を続ける
卒業後について、
「自分でいろいろな国に
踏み出して学びたい」と
グローバルな活躍を誓った。

海を渡ったはるごんが秋葉原に
帰ってきた。
仲川は、渡辺麻友(22)や
柏木由紀(25)と同じAKB3期生。
約4年前、初の海外移籍メンバーとして
ジャカルタに渡った。

半年でインドネシア語を覚え、
今や、人なつっこいキャラクターを
いかして、2本のテレビレギュラー番組や
約20本のCMに出演するなど、
大活躍する現地の売れっ子だ。

JKT初の出張公演は、年内で卒業する
仲川が日本のファンに感謝を
伝えるために開催。

JKTでの愛称は「ハルカ」だが、
インドネシアからのファンを含む満員の
250人から
「はるごん、おかえり!」と
かつての愛称を呼ばれ、
「ただいま!」と
笑顔を見せた。
この日は、AKBの劇場演目
「僕の太陽」を
インドネシア語でパフォーマンス。

「JKTでは、こんな私でも
チームキャプテンを
やっているんです。
最近は日本の食べ物が好み
じゃなくなったけど、帰国すると
食べるのはフグ刺しです」と
お茶目に近況を明かした。

終演後、サンケイスポーツの取材に応じ、
「15歳くらいから立っていた
劇場なのに、違うところに来たような、
懐かしいような…。
AKBでのデビュー公演を
思い出しました」と
しみじみ。

「日本を離れてから、ホームシックに
かかったことはありません。
家族のように支えてくれた
メンバーと一緒に、
劇場に立ててうれしい」と
感謝した。

AKB時代は選抜常連ではなかったが、
新天地で積極性が開花して
人気メンバーに。

「日本では楽屋で話している方が
好きだったのに、公演で話すことが
好きになった。
180度、自分が変わりました」と
はにかんだ。

卒業後は日本には戻らず、
ジャカルタで芸能活動を続ける。
「女優になるのか、
タレントになるのか、
まだ決めていませんが、
卒業しても
JKTを支えたい。
個人的にはいろいろな
国へ行ってみたい。
インドネシアでいろいろなことを
学んでチャンスをつかんだので、
自分から踏み出していきたい」

AKBグループ屈指の
グローバル人材が、
さらなる大海原を目指す。
サンケイスポーツ 10月16日(日)7時0分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161016-00000000-sanspo-ent

JKT48初の出張公演 仲川遥香 凱旋 ブログトップ