So-net無料ブログ作成
TBS・菅野美穂『砂の塔』 ブログトップ

BS・菅野美穂『砂の塔』に島崎和歌子を出すべき! 松嶋菜々子が怖すぎて......豊洲の地価に影響か [TBS・菅野美穂『砂の塔』]

TBS・菅野美穂『砂の塔』に島崎和歌子を出すべき!
松嶋菜々子が怖すぎて......豊洲の地価に影響か

菅野美穂3.GIF


菅野美穂にとって約4年半ぶりの
主演ドラマ『砂の塔~知りすぎた隣人~』
(TBS系)が、14日にスタート。
初回平均視聴率は9.8%
(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と
そこそこの結果に。

しかし、前クールの堤幸彦氏演出ドラマ
『神の舌を持つ男』の初回は6.4%でしたから
視聴者の期待値はそれなりに高そうです。
同作は、東京・豊洲のタワーマンションの
周辺で起きる連続幼児失踪事件を軸に
セレブな主婦たちの内に潜む醜い虚栄心が
描かれるとか。

ただでさえ土壌汚染問題で地価の下落が
報じられている豊洲周辺のベイエリア
ですが、このドラマの影響でさらに
イメージが悪くならないことを祈ります。
初回では、冒頭から血まみれの浴槽を
汗だくで洗う弓子(松嶋菜々子)が登場。
もう怖い! 
それにしても松嶋は、
『家政婦のミタ』(日本テレビ系)しかり、
不気味な役がよく似合いますね。
早くも当たり役になりそうな予感です。
そんな弓子が住む26階の真下の25階に
引っ越してきた亜紀(菅野)一家。
すかさず最上階の50階に住む
ボスママ・寛子(横山めぐみ)から
「お宅は何階でしたっけ?」と聞かれ
ママたちの中に存在する“フロア差別”を
目の当たりにします。
意地悪セレブ”といえば、横山! 
安定のキャスティングですね。
そういえば昨年、島崎和歌子が
バラエティ番組で
「友達夫婦の話なんですけど
芝浦のタワーマンションとか
今すごいじゃないですか。
あんなすごいとこなのに
3階に住んでんの。
普通はエレベーターなんだけど、階段で上るの。
あそこレインボーブリッジ見えるじゃない?
でもベランダ出たらなんにも見えない。
タワーマンションなのにねえ! 
でも『設備は他の階と一緒だから』と
言って住んでるの。あ~っはっはっは!」と
発言して
「自分の価値観を押しつけるな」
「頭がバブル時代で止まってる」
などと炎上してたっけ……。
まさにこれですよ! 
島崎が『砂の塔』に出れば、
リアリティ増したのに!
タワマン内のアクの強いママ友たちとの
1回5,000円の高額ランチ会や、
「強制ハロウィン」
「ゴミ出しにも正装」
「園バスは学費の順に並ぶ」と
いったローカルルールに縛られ、
疲弊していく亜紀。

しかし、子どもたちが新たな環境で
浮いてしまわないよう、
普段付けないアクセサリーを
引っ張り出したりと、馴染もうと必死です。

同時に、タワマン周辺では、
連続幼児失踪事件が。
3人の幼児が失踪した現場には、
「軽蔑」が花言葉の黄色いカーネーションが
残されており、幼児の親はそれぞれ、
育児放棄、ギャンブル依存症、
不倫と問題を抱えていたことが判明します。

そんな中、弓子と偶然出会う亜紀。

弓子の夫は海外赴任中で、子どもはなく、
自宅でフラワーアレンジメント教室を
開いているといいますが、ひー、これ、
過去に子どもが死んでたり、
悲しい幼少期の思い出を引きずってたり
するパターンのやつ~(推測)。

もしや、ブリザードフラワーを応用して、
誘拐した幼児で人体標本を
作ってるんじゃ……。
まるでエド・ゲインだ! 弓子怖い!
しかし、そんな弓子と亜紀の距離が縮まる
出来事が。
ある時、亜紀がママ友たちに対し
「フロアが低いからって人間性まで
低いみたいに言うのはどうなのかなあ」
と反論したところ、寛子が
「せっかくだから、これから亜紀さんの
家にみんなでお邪魔しませんか~?」と提案。

そうしましょう、そうしましょうと、
バカにする気満々で押しかけるママ友たち。
引っ越したばかりで散らかっている自宅に
愕然とする亜紀ですが、タイミングよく
やってきた弓子がテーブルコーディネートを
手伝ったことで、ママ友の“押しかけチェック”を
乗り切ります。

この一件で、弓子を慕うようになった亜紀。
しかし、ドラマ終盤では、自宅に大量の
モニターを並べ、他人の部屋を監視する
弓子の姿が。

どうやら、住人がスマホから室内を
チェックできるセキュリティーシステムを
ハッキングし、他人の家を覗き見している
ようです。不気味!

ほかにも、亜紀と幼なじみの
航平(EXILE・岩田剛典)との再会に恋の
予感を感じさせたり、男と蒸発した亜紀の
母親(烏丸せつこ)が金をせびりに来たりと、
初回から盛りだくさんだった『砂の塔』。

取材を含め3年以上かけてプロットを
練り上げたというだけあり、
見応え十分でした。
そんな『砂の塔』を、日刊サイゾーでは
最終回まで勝手にレビューしていきます。
日刊サイゾー更新日:2016/10/18

https://gunosy.com/articles/RFnpY
TBS・菅野美穂『砂の塔』 ブログトップ