So-net無料ブログ作成
道重さゆみ “最後の王道”復活への期待 ブログトップ

道重さゆみの高まる待望論 “最後の王道”復活への期待 [道重さゆみ “最後の王道”復活への期待]

道重さゆみの高まる待望論
“最後の王道”復活への期待

道重さゆみ.GIF

元・モーニング娘。の道重さゆみが
2014年11月26日の“卒業”の翌日以来、
約2年ぶりにブログを更新して
話題を呼んでいる。
道重と言えば、歴代モーニング娘。

メンバー史上最長の11年10ヶ月在籍、
モーニング娘。の栄枯盛衰を通じて
メンバーらと苦楽を共にした
8代目リーダーで、“最後の王道”
アイドルと言ってもよい存在。

今回のブログ更新は、ファンが熱望する
道重さゆみ完全復活への第一歩と
なるのだろうか?

◆相次ぐ主要メンバーの脱退後…モー娘。の
灯を消すまいと“嫌われ覚悟”で孤軍奮闘
道重は2002年12月、1万4000人が応募した
モーニング娘。のオーディションに
見事合格し、13歳でデビュー
(同期は亀井絵里、田中れいな、
藤本美貴も同時にモーニング娘。に加入)。
2003年には、田中とともに
“平成生まれ史上初”となる
『NHK紅白歌合戦』出場を果たす。

その後もモーニング娘。の
一員として活躍を続け、
2012年には8代目リーダーに
就任するが、同時に『週刊文春』の
恒例企画「女が嫌いな女」では、
2009年10位、2010年9位、
2011年11位にランキング
されてしまう。

「これは当時、『ロンドンハーツ』
(テレビ朝日系)での
“私が一番カワイイ”と
いったナルシストキャラ、
ぶりっこキャラが
女性に敬遠された結果でしょう。
この時期のアイドル界は、
AKB48系が席巻していて、
モーニング娘。をはじめ、
ハロプロ
(ハロー!プロジェクト)系の
アイドルの姿をあまりテレビで
見かけなくなりました。
そうしたなかで道重さんの活躍は
ある意味“孤軍奮闘”とも、
言えるし道重さん自身、
あえて“ぶりっこキャラ”を
演じて見せることで、
モーニング娘。の
存在感を示したかった
のかもしれません」
(エンタメ誌編集者)

そもそも道重が
加入当時のモーニング娘。は、
後藤真希卒業直後であり、
安倍なつみ、
飯田圭織、
矢口真里、
辻希美、
加護亜依、
石川梨華といった、
いわば全盛期を謳歌した
中心メンバーたちがまだ
在籍していた時代。

しかしその後、
中心メンバーが卒業すると
過渡期に入り、
2008年には10年続いた
『紅白歌合戦』出場も途切れ、
中国人メンバー(留学生)が
加入したり、2010年末には
メンバーが5人にまで減るなど
(結成時と同人数)の
紆余曲折を経るが、
道重は常にその“現場”に
立ち会っていたのだ。

◆“歌・踊りのレベルが高い”という
本来のアイドル像をストイックに追求

ところが、道重がリーダーとなった
2012年以降、2013年発売の52ndシングル
「Help me!!」が3年8ヶ月ぶりに
週間シングルランキングで1位となり、
“90年代、00年代、10年代で
オリコン1位を獲得した史上初の
女性グループ”となった以後
シングル5作が連続して
オリコン1位を獲得し、
モーニング娘。は“完全復活”を
遂げたのである。

「一般層にその存在感を示したのは、
例のぶりっこキャラでしたが、
この頃の道重さんの顔は完全に
リーダーのものになってましたね。
特に2013年以降のモーニング娘。さんは、
“フォーメーションダンス”といって、
個人で踊りながら同時にポジションを
チェンジしつつ、全体の動きで見せる
ダンスを繰り出していて、
その後のモーニング娘。の
代名詞ともなりました。
他のアイドルグループの
振り付けにも
大きな影響を与えました。
言ってみれば、
“会いに行けるアイドル”
“ファンとの距離が近い”
“誰でも歌える・踊れる”と
いったAKB系とは一線を画し、
“歌・踊りのレベルが高い”と
いう本来のアイドルの姿を
追求したと言えるでしょう」
(前出の編集者)

◆容姿や存在感、歌にダンス……全てを
兼ね揃えた“最後の王道アイドル”
実際は、本人自らも認めるように
歌も踊りもあまり得意ではなく、
モー娘でも後列にくすぶっていた
道重だが、ナルシストやぶりっこ
キャラで名を売ると、飯田圭織や
吉澤ひとみらのリーダーたちの
背中を見て学びながら、
今度はリーダーとして、
栄光から転落しつつあった
大型アイドルグループを
復活させる……。

そうした功績から、
モー娘。ファンたちからも
“歴代最強のリーダー”
“理想のリーダー”と
言われる道重であったが、
2014年9月の
単独コンサートツアーにおいて、
「ここまで休まず
突っ走ってきたので、
卒業後はしばらく休業しよう
と思っています」と休業宣言し、
「心と体をリフレッシュして、
今後の自分のことに
ついてゆっくりと考えたい」として
同年11月、道重は
ファンに惜しまれつつ
“卒業”することになった。

そして、今回の約2年ぶりの
“ブログ更新”になるわけだが、
10月2日に“みなさん”と題して、
「お久しぶりです。
更新、、、してみた」と
記しただけで、
その後の更新もそれほどの
内容ではなかった。

明石家さんまが

道重のブログ更新について、
「タチの悪い女やなぁ」
(道重がファンを待たせている、
焦らせているの意)と評すると、
その発言が
ネットニュースに掲載される
ところを見ても、
道重への世間の関心度の
高さがうかがえる。

そして道重さゆみの“卒業”後、
久しく“王道アイドル”が
いなくなったとも
言われるなか、
今回のブログ更新をきっかけに
“道重ロス”の
ファンたちのみならず、
道重がアイドルとして、
あるいはいちタレント、
女優として“復活”することを
期待する声も高まるだろう。

また、その愛らしい
容姿と存在感(オーラ)、
歌、ダンス、リーダーシップと
すべてを兼ね備えた
“最後の王道アイドル
”道重さゆみであれば、
その期待に応えることは
十分可能なはずだ。

オリコン 10/29(土) 8:40配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161028-00000370-oric-ent
道重さゆみ “最後の王道”復活への期待 ブログトップ