So-net無料ブログ作成
ジョコビッチ 王者マレーを称賛 ブログトップ

ジョコビッチ 王者マレーを称賛「彼は勝者に値する」<男子テニス> [ジョコビッチ 王者マレーを称賛]

ジョコビッチ 王者マレーを称賛
「彼は勝者に値する」<男子テニス>

ジョコビッチ 王者マレーを称賛.GIF

ATPワールドツアー・ファイナルズ

男子テニスのATPワールドツアー・
ファイナルズ
(イギリス/ロンドン、室内ハード)は
20日、シングルス決勝が行われ、
第1シードのA・マレー(英国)に
3-6, 4-6のストレートで敗れた
第2シードのN・ジョコビッチ
(セルビア)は、試合後の会見で
「アンディ(マレー)を称える。
彼は勝者に値する」と
称賛した。

前日の準決勝で第5シードの
錦織圭(日本)に快勝していた
ジョコビッチだったが、
それとは対照的に大会史上最長の
死闘を制して決勝戦へ駒を
進めていたマレーについて
「必ずや高いレベルで戦ってくると
思っていた。
疲れ切っているとは思っていなかった。

精神的にタフで、正確なショットを
打ってきて、1本でも多くのボールを
返してきた」とコメントするように、
この日は終始主導権を握られた。

続けて
「あまり望んでいるような感触で
ボールを打てなかった。
それしか言えない。
気持ち良くプレーをさせて
くれなかった選手がネットの
向こう側にいた。
何本も余計にショットを打たされた。
そして多くのミスをしてしまった」
決勝戦を振り返った。

この日は
ATPワールドツアー・
ファイナルズ優勝と
世界ランキング年間1位を
かけた頂上決戦だったが、
そのチャンスをものに
出来なかったジョコビッチは
「(マレーは)辛抱強く、
上手くポイントを組み立ててきた。
自分はほとんど何も出来なかった。
チャンスの時にミスをした。
ミスが多すぎて、最高の試合
ではなかった」と
お手上げ状態だった。
両者は今回が35度目の対戦で、
ジョコビッチの24勝11敗。

もしジョコビッチが優勝していた場合、
R・フェデラー(スイス)に並ぶ
史上最多6度目のタイトル獲得だったが、
それは来年以降へ持ち越しとなった。
また、マレーはこの日ジョコビッチに
勝利したことで、初優勝を果たすと
同時に世界ランキングで年間1位が
決まった。

ATPワールドツアー・ファイナルズは
4選手が2グループに分かれて
総当り戦を行い、各グループの
上位2名が決勝トーナメントに進出。

1位通過者はもう一方のグループの
2位通過者と準決勝で対戦する。

獲得ポイントは
予選ラウンドロビン
1勝あたり200ポイント、
決勝進出で400ポイント、
優勝すると500ポイント、
最大で1,500ポイントを獲得する。

予選ラウンドロビンの結果は以下の通り。

【グループ・ジョン マッケンロー】
(1)A・マレー 3勝0敗
(3)S・ワウリンカ(スイス) 1勝2敗
(5)錦織圭 1勝2敗
(7)M・チリッチ(クロアチア) 1勝2敗

【グループ・イバン レンドル】
(2)N・ジョコビッチ 3勝0敗
(4)M・ラオニチ(カナダ) 2勝1敗
(6)G・モンフィス(フランス) 0勝2敗
(8)D・ティエム(オーストリア) 1勝2敗
(9)D・ゴファン(ベルギー) 0勝1敗

tennis365.net 11/21(月) 8:22配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161121-00010005-tennisnet-spo
ジョコビッチ 王者マレーを称賛 ブログトップ