So-net無料ブログ作成
BPO、TBSバラエティー番組に「放送倫理違反」 ブログトップ

BPO、TBSバラエティー番組に「放送倫理違反」「出演者への敬意や配慮欠いた編集」 [BPO、TBSバラエティー番組に「放送倫理違反」]

BPO、TBSバラエティー番組に「放送倫理違反」
「出演者への敬意や配慮欠いた編集」

BPO、TBSバラエティー番組.GIF

放送倫理・番組向上機構(BPO)の
放送倫理検証委員会は6日、
出演者の姿を断りなく映像処理で
消していたTBS系バラエティー番組
「珍種目No.1は誰だ!?
 ピラミッド・ダービー」について、
「出演者への敬意や配慮を著しく
欠いた編集は放送倫理違反」と
する意見書を公表した。
問題となったのは6月19日の放送で、
双子の入れ替わりを専門家やタレントが
当てるコーナー。
顔相鑑定士の男性が、スタジオ収録では
最終問題まで解答したにもかかわらず、
放送では途中で「脱落」し
姿を消された映像が流れたとして
抗議していた。

意見書によると、制作会社の
プロデューサーが
「1人の独走感があって盛り上がらない」
と考え、編集で収録内容の時系列を
入れ替えたほか、得点ルールを変えて
「脱落」という表現を採用。
さらに、VTRを確認した番組の
総合演出の指摘を受け、
「脱落」した男性の映像も消された。
意見書では、スタッフ間でそれぞれの
編集をめぐる情報共有ができて
いなかったことを問題視。

編集に不安を感じながら意見しなかった
スタッフもおり、
「感じたことを率直に発言できない
“空気”のようなものが現場に
あったのではないか」と
指摘した。
また、コーナーの収録や編集に
TBSスタッフはほとんど関与せず、
大半を制作会社が担っていたことにも
懸念を示し、
「局が番組制作過程を厳しくチェック
する体制が構築されていた
とは言い難い」と
した。
検証委の川端和治委員長は記者会見で、
「『局制作』をうたいながら
実際は制作会社が作っている番組は多い。
局が制作過程を管理できる体制を
作らなければ今後も問題が
起こるのではないか」と
述べた。

TBSは
「委員会の指摘を重く受け止め、
今後とも幅広い世代に楽しんで
いただける番組制作に
努めてまいります」と
コメントした。

産経新聞 12/6(火) 15:20配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161206-00000543-san-ent
BPO、TBSバラエティー番組に「放送倫理違反」 ブログトップ