So-net無料ブログ作成
『真田丸』堺雅人 全50回振り返る ブログトップ

『真田丸』堺雅人 全50回振り返る…「九度山編スピンオフ」も? [『真田丸』堺雅人 全50回振り返る]

『真田丸』堺雅人 全50回振り返る…
「九度山編スピンオフ」も?

『真田丸』堺雅人.GIF

【真田丸の注目人物・完】

NHK大河ドラマ「真田丸」
(12月18日に最終回)という
作品について、
主演の堺雅人(43)は、
時代の荒波に翻弄され続けた真田家の
「船旅」と例えた。

クランクインという“船出”から
約1年3カ月。

主人公の幸村を演じてきた堺は、
「大河ドラマという長い旅で
しか見せてもらえない“何か”は
絶対にありました」と、
独特の笑顔を浮かべつつ振り返る。
(文化部 本間英士)

■若作りは大変でした

《幸村を演じ終えた今の心境は》

「長い旅から帰ってきた気分」と
いう感覚が一番近いですね。

もちろん、旅が終わるのはすごく
寂しいですが、家に無事帰れた喜びや、
家族の顔を見たような安心感があります。

《撮影は長かったか、それとも短かったか》

1年余り、長いことは長いよね。

生まれて初めての体験ですしね。

そんな長期間、旅行したこともないし、
そこまでいくと旅行というよりは、
ちょっとした失踪だよね(笑)。

得難い経験をさせていただきました。

《前半は青年・信繁を、
最終盤は成長した幸村を演じた》

最初に若作りを頑張って、
じょじょに力を抜いていく。

後半は実年齢(43歳)に近かったので、
楽でした。

若作りは大変でしたよ。

頑張りましたねえ。

■三谷さんは怖い方です

《昨年末時点では、信繁(幸村)のことを
「サラリーマン」と例えていた》

「大坂の陣」を経て感じたのは、
「市役所の課長さんクラス」が
こんな感じなのだろうな、という思いです。

ダムの決壊など不測の事態が起き、
上からの連絡が途絶えたとき、
現場の最高指揮者としてどう
決断するか-という状況が、
(幸村と)一番近い。

日本はそういう人たちに支えられているんだと
改めて思います。

《信繁は、「大坂の陣」に出る際から
「幸村」を名乗った。何が違うと思うか》

「本名」と「芸名」ですね。

幸村は戦いのためのコードネームというか、
肩書に近い何かだと思っています。

《脚本の三谷幸喜氏からは、
どんなことを言われていたのか》

前半、テキストとして脚本を大事に
しすぎていたので、
「もう10%くらい、
現場の空気でやってみたら」と
言われました。

その10%というのが、
実に三谷さんらしいですね。

「現場の好きにやって」と
言われるならともかく、10%って…。

野球で例えるなら「球半個分くらい」
みたいな、細かい指示ですよね(笑) 
そこが三谷さんの厳しさです。

三谷さんは厳しく、怖い方ですよ。

■「上杉の人質生活編」もやりたい

《全50回を振り返り、好きなシーンは》

ものすごくマイナーですが、
徳川家を裏切る石川数正(かずまさ)を
説得するという、何でもないシーンです。

実はあれ、人を説得しながら、
自分(信繁)の心の傷を癒やすという、
相当難易度の高いシーンでした。

「これ、どうしよう…」と、
ずいぶん悩んだ覚えがあります。

数正役の伊藤正之さんのお芝居もあり、
良いシーンになりましたが。

《堺は演じ始めた当初、信繁が幽閉生活を
送った「紀州・九度(くど)山での
日々が大事になるのでは」と言っていたが…》

2回くらいで終わりましたよね(笑)。

「九度山編スピンオフ」、やりたいですよ。

セットを使い回せるし、
衣装もたぶん残っているので。

「上杉の人質生活編」もいいですね。

やり切っていないし、
スピンオフ全5話くらいで。

(上杉景勝役の)遠藤(憲一)さんの
都合が付けば、の話ですが。

(家臣の)直江兼続も、
もっと見てみたいですしね。

■上田市有志、なぜか徳川方に加勢

《周囲の人々に引っ張られ続けた前半とは
異なり、「大坂の陣」では物語を
引っ張る方に立ち位置が変わる》

面白いもので、後半には幸村が物語を
引っ張っていかなきゃな、
と僕も思っていたんですが、
実際にはそうではありませんでした。

父(昌幸)や石田三成、豊臣秀吉、茶々…。

幸村の中にいる別の人たちの声が、
幸村を動かしていたのです。

結局、幸村は、
「自分では何一つ決めたことは
なかったんだな」という気もしますね。

それが演じていて、面白いところでした。

《「大坂の陣」の撮影では、大規模なロケを行った》

徳川方の兵士が、いい仕事していたんですよ。

「真田愛」に満ちた長野県上田市の
有志の方々が、エキストラとして
参加してくれたんですが、それが全員、
撮影の都合で(敵方である)徳川の
よろいに着替えさせられるという(笑)。

助監督が、
「一番いい角度で『真田丸』を
ごらんになれますから!」と
皆さんをなだめすかし、
突進させていました。

ただ、本当に皆さん頑張ってくださいました。

「負け側」に惜しみない愛を注ぐのが
「真田丸」です。

皆さんもうれしかったらしく、
笑いながら討ち死にしてくださいました(笑)。

役者やスタッフ、自治体の方ら
みんなで作った「真田丸」ですので、
最後までお楽しみください。

■父の昌幸役もやってみたい

《昭和60~61年のドラマ「真田太平記」で
幸村を演じた草刈正雄は、30年後に
「真田丸」で父の昌幸を演じた。今後、昌幸や、
兄の信之など、他の真田家メンバーを演じて
みたい気持ちはあるか》

いやいや、草刈さんの昌幸は
超えられないでしょ!

いやぁ、どうだろう…って言いながらも、
やってみたいですね(笑) 

信之も、(堺自身に)合っていると
思うんですよ。

逆に(信之役の)大泉洋さんは、
幸村の方が合っていたのかもしれない。

弟体質だし。

でも、それが逆に良かったのかな。

どちらかと言うと、兄が得意な
僕が弟(幸村)をやり、
弟が得意な大泉さんが兄(信之)を
やるというのが面白いね、
という話は以前、2人でしました。

お話があれば、(徳川)家康も、
秀吉もやりたいですよ。

佐助は…ちょっと無理だな(笑)

《「新選組!」「篤姫」に続き、
大河ドラマは3作品目。
俳優・堺雅人にとって、
主演として臨んだ「真田丸」とは
どういう作品になったか》

「真田丸」を旅で例えると、
これまで大河では3回旅行に出て、
そのうち2回は途中で船を下りました。

今回は、最後まで船に乗ることができた。

このことに、どういう意味があるので
しょうね…
(と言って、10秒ほど深く考え込む)

変わらないといえば、変わりません。

けれど、やっぱり、長い旅でしか
見せてもらえない“何か”は、
絶対にありました。

ただ、信繁は「俺を見ろ!」という人
ではなかったから、損をしていたかも
しれないし、もっとアピールして
いけばよかったなあ(笑)。

まあ、それも信繁らしいという気がします。

僕にとって「真田丸」は、
最後まで自分のペースがつかめなかった
作品でした。

でも、それがすごく楽しかったです。

産経新聞 12/11(日) 18:05配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161211-00000530-san-ent
『真田丸』堺雅人 全50回振り返る ブログトップ