So-net無料ブログ作成
錦織圭、全豪7年連続初戦突破も格下に苦しむ ブログトップ

錦織圭、全豪7年連続初戦突破も格下に苦しむ「第4セットで終わらせるべきだった」 [錦織圭、全豪7年連続初戦突破も格下に苦しむ]

錦織圭、全豪7年連続初戦突破も
格下に苦しむ
「第4セットで終わらせるべきだった」

錦織、全豪7年連続初戦突破.GIF

◇全豪オープン 錦織圭3―2クズネツォフ
(2017年1月16日 オーストラリア)

テニスの4大大会第1戦、
全豪オープンが16日に
オーストラリア・メルボルンで開幕した。

男子シングルスの第5シードで
世界ランキング5位の錦織圭
(27=日清食品)は1回戦で
同45位の
アンドレイ・クズネツォフ(ロシア)と
対戦し、
5―7、6―1、6―4、6―7、6―2で
苦しみながらも勝利。

激戦を制して2回戦へと進出した。

全豪初戦突破は7年連続。

悲願のグランドスラム制覇へ
好発進を決めた。

錦織のミスショットが目立った
第1セット。

4―4で迎えた第9ゲームで
クズネツォフに先にブレークを奪われる。
続く第10ゲームでブレークバックした
錦織だが、
第11ゲームでクズネツォフが
再びブレーク。

第1セットを5―7で落とし、
苦しい立ち上がりとなった。

第2セットは錦織が本来の実力を発揮。

第4ゲームで先にブレークすると、
第6ゲームでもブレークを奪って
リードを広げる。

結局、第2セットは6―1で
クズネツォフを圧倒。

試合を1―1の振り出しに戻した。

第3セットは第4ゲームで先に
ブレークを許すも、
第5ゲームで即座にブレークバック。

すると第7ゲームでクズネツォフが
連続ダブルフォールトを犯すなど
リズムを崩し、このセット2度目の
ブレーク。
6―4で第3セットを制し、
逆転に成功した。

第4セットも第2ゲームと
第4ゲームでブレークを奪われたが、
ともに直後のゲームでブレークバックし、
流れを引き戻す。
その後、両者譲らずタイブレークへ。

だが錦織はこのタイブレークを落として、
試合は最終セットまでもつれ込んだ。

迎えた最終セット。

錦織は第4ゲームをブレークしリード。
第8ゲームもブレークし
6―2で辛くも勝利した。

▼錦織の話 

タフな試合だったが勝ててよかった。

出だしが良くなかった。

足も動いていなかった。

第4セットのタイブレークを
取って終わらせるべきだった。

最終セットは集中していい
テニスができた。

ファンの声援が力になった。

スポニチアネックス 1/16(月) 12:52配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170116-00000092-spnannex-spo
錦織圭、全豪7年連続初戦突破も格下に苦しむ ブログトップ