So-net無料ブログ作成
童謡「森のくまさん」問題 嘉門達夫が語る ブログトップ

童謡「森のくまさん」問題 嘉門達夫が語る、替え歌の神髄 [童謡「森のくまさん」問題 嘉門達夫が語る]

童謡「森のくまさん」問題 
嘉門達夫が語る、替え歌の神髄

嘉門達夫.GIF

童謡「森のくまさん」をめぐる
替え歌問題が波紋を広げている。

「替え歌メドレー」で知られる
シンガー・ソングライター、
嘉門達夫(57)は替え歌の
神髄を語った。
お笑い芸人、パーマ大佐(23)に
よる童謡「森のくまさん」の
替え歌芸を収録したCDが、
オリジナルの日本語訳詞者の権利を
侵害しているとして、慰謝料などを
請求されている。

嘉門は替え歌をCD化する
際について、
「最低限やらなければならないのは、
楽曲の権利を管理している出版社に
『この楽曲のこの部分をこういう
ふうに変えていいですか』
『この曲順でやります』と
いうことを明確にした形で送り、
OKが返ってきたものに限って
CD化しています」と明かす。

もちろん許可を求めてもすべてが
OKになるとは限らない。

「ケース・バイ・ケース」と
しながらも
「たとえNGが出ても、
それぞれが誠意を尽くすことで
人間的なやりとりが生まれるんです」
と真の面白みを語る。

そして
「楽曲を作った人だけでなく、
替え歌のネタになる人からも
きちんと了解を取ります。
社会風刺など辛口なものもあるが
基本的にはみんなが心地よく
笑えることが大切。
替え歌を歌うことで嫌な思いを
する人がいるならば、
避けるべきでしょう」とも。

だから長年、替え歌を歌い
続けることができるのだ。

夕刊フジ?1/21(土) 16:56配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170121-00000013-ykf-ent
童謡「森のくまさん」問題 嘉門達夫が語る ブログトップ