So-net無料ブログ作成
大竹しのぶ「寝てたんでしょ」司会大泉洋を一刀両断 ブログトップ

第59回ブルーリボン賞授賞式で主演女優賞の大竹しのぶが「寝てたんでしょ」司会大泉洋を一刀両断 [大竹しのぶ「寝てたんでしょ」司会大泉洋を一刀両断]

第59回ブルーリボン賞授賞式で
主演女優賞の大竹しのぶが
「寝てたんでしょ」司会大泉洋を一刀両断

大竹しのぶ2.GIF
第59回ブルーリボン賞授賞式で主演女優賞を受賞した大竹しのぶ
(中央)は司会の有村架純(左)、大泉洋(右)から
インタビューを受ける(撮影・小沢裕)

第59回ブルーリボン賞
(主催・東京映画記者会=日刊スポーツなど
在京スポーツ7紙の映画記者で構成)の授賞式が8日、
東京・霞が関のイイノホールで行われた。

「後妻業の女」(鶴橋康夫監督)で主演女優賞を
受賞した大竹しのぶ(59)は、司会の大泉洋が
「後妻業の女」を見ていると言いながら、
実は見ていないのでは? と疑惑の目を向けた。

大竹は「本当に面白い映画でした」などと、
あっさりした感想しか言わない大泉に向かって
「見ている映画と見ていない映画とでは
(トークに)すごい差がある」と強烈な
“カウンターパンチ”を入れた。

慌てた大泉が
「水川あさみちゃんと、ものすごい殴り合いの
ケンカをするシーンがありましたね?」と言うと
すかさず
「尾野真千子ちゃんです!! DVDが出るので
ご覧ください」と
声を大にして切り捨てた。

大竹は、大泉が
「僕、見たんですよ!! 飛行機の中で
見たんですよ!! ブルーリボン賞(授賞式の司会が)
あるから!!」と言い訳すると
「寝てたんでしょ」と一刀両断。

さらに大泉が
「あの映画、エッチなシーンがあるでしょ!?」と
言い返すと
「(笑福亭)鶴瓶さんのお尻のシーン?」と
切り返した。

これには大泉も
「来年、ぜひ司会を頑張ってください。
とにかく名前の間違いが1番怖い」と
言うしかなかった。

大竹は「青春の門」(浦山桐郎監督)で
75年度新人賞、
「波光きらめく果て」(藤田敏八監督)で
86年度助演女優賞を受賞しており、
今回の主演女優賞で
ブルーリボン賞初の3冠を獲得した。

新人賞を受賞した75年度は、66年度で一時、
中断を余儀なくされたブルーリボン賞が、
在京スポーツ紙の声掛けで
復活した記念すべき年だった。

大竹は
「これからも頑張って、映画という残る
仕事をやっていきたい。
しわのいっぱいある、おばあちゃんになって
今も(しわは)あるんですけど、
ちゃんと映してもらえるような映画を撮って、
20年後くらい…10年後かも知れないですが、
ここに立ちたい。

映画記者の皆さん、それまで映画界を
盛り上げてください」と
映画記者への思いも込め、
今後の映画界での活躍を誓った。

【村上幸将】

オリコンニュース2017-02-08 20:57

http://www.oricon.co.jp/article/112250/
大竹しのぶ「寝てたんでしょ」司会大泉洋を一刀両断 ブログトップ