So-net無料ブログ作成
視聴率回復の『A LIFE~愛しき人~』13.9 ブログトップ

視聴率回復の『A LIFE~愛しき人~』....13.9%..木村拓哉より“マサオ”浅野忠信に要注目!? [視聴率回復の『A LIFE~愛しき人~』13.9]

視聴率回復の『A LIFE~愛しき人~』....13.9%..
木村拓哉より“マサオ”浅野忠信に要注目!?

『A LIFE~愛しき人~』.GIF

木村拓哉主演の日曜劇場
『A LIFE~愛しき人~』
(TBS系)
第5話の視聴率は13.9%
(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と
前回より1.6ポイントも回復しました。

先週20時~22時で高視聴率を叩き出した
『イッテQ!』(日本テレビ系)の
2時間スペシャルが、今週は19時~21時に
移動していたのが要因かと思われますが、
この日テレの編成には、何か不思議な力が
働いているんでしょうか。

さてさて、第5話まで見てきて、
このドラマの楽しみ方もわかってきました。

木村拓哉はだいたい同じような役しか
しないですし、今作は第1話から何やら
悟りきった人物として登場しているので、
木村が演じる“職人外科医”沖田を
追いかけていると、だいぶ飽きます。

一方で、いかにも目に楽しいのが
壇上記念病院の副院長・壮大(浅野忠信)です。

壮大と書いて「マサオ」。

沖田とは幼なじみで、沖田の元カノで
壇上院長(柄本明)の娘でもある
深冬(竹内結子)に婿入りした
野心あふれる実業家にして、
有能な脳外科医。

脳外科医なのに右手で壁をブン殴って
穴を開けちゃったり、ことあるごとに
沖田に
「まだ好きなのか、深冬のこと……
(ぐぎぎ)」と嫉妬丸出しでからんだり、
すぐ取り乱すくらい深冬のことが
大好きなのに女弁護士(菜々緒)と
不倫をしていたり、なかなか起伏に
富んだ人物となっております。

今回は、そんなマサオの全力疾走からスタート。

髪を振り乱し、深冬が横になっている
病室に駆け込んできました。

そんなマサオに、深冬は「もう大丈夫」と
言いますが、ぜんぜん大丈夫ではありません。

深冬の脳には腫瘍があり、いきなり意識を
失ってしまうほどに進行しています。

マサオが全力疾走していたのも、
深冬が倒れたという連絡を
受けてのことでした。

マサオと沖田は、深冬に脳腫瘍であるという
告知をしていません。

腫瘍が難しいところにあり、
沖田が手術の方法を見つけられないで
いるからです。

脳外科はマサオの専門ですが、
「家族は切れない」という理由で
沖田に執刀医を任せています。

沖田は、オペの方法が見つかるまで
告知をするつもりはありません。

しかし、焦るマサオは「もう俺が切るよ!」と
言い出しました。

「俺だってオペのことは考えてるんだよ!」

そう怒鳴りながら、自分で考えたオペ方法の
紙束を頭上に掲げると、それをビリビリに
破きながら
「わかってるよ、こんなんじゃダメだって
ことくらい!」……うーん、こんな様子では、
とても手術は任せられません。

いよいよ告知する段になったら、
膝小僧を握りしめて泣いちゃうし。

そうして妻の治療が進まないことに
超絶イラつきながらも、同時進行で
病院経営には冷徹なまでの手腕を
発揮するのがマサオの魅力です。

今回、マサオの大学時代の恩師である
桜坂中央病院の権威・山本輝彦(武田鉄矢)が
医療事故を犯した疑いが浮上しました。

しかも、よりによってその事故を調査する
外部メンバーに、壇上の外科部長である
羽村(及川光博)が選ばれています。

羽村とマサオは大学時代からの仲。
つまり山本先生は羽村にとっても
恩師なわけですが、調査の結果は
「黒に近いグレー」。

羽村は「先生を守るため」に「白」という
報告書を上げようとしますが、
マサオはこれを利用することにしました。

恩師に対して
「ミスを隠してほしくば、壇上と提携せよ」
と持ちかけるのです。実に腹黒い。

しかし、山本先生の手術に疑問を持っていた
患者・風間(須田邦裕)が壇上を訪れ、
沖田が開腹したことで「黒」であることが
明確に。

沖田はひねりのない性格なので、
そのまま風間に「山本先生のミスだよ」と
伝えることにしました。

そうなると、羽村も報告書に「白」と
書くわけにはいきません。

羽村の報告書によって、山本先生は桜坂を
辞めることに。

羽村は
「君がひとりの優秀な外科医を殺したんだ!」
と言いながら沖田に殴りかかったり
(猫パンチビンタ。ミッチーだけに
ミッチー・ローク風)、山本先生から
「おかげで権威から解放された」と
許しの留守電を受けて泣き崩れたりと、
ナイーブさを発揮しますが、
マサオはこの事態すら逆手に取ります。

外科医がひとり減った桜坂に羽村を
兼任外科部長として送り込むことで、
まんまと提携話をまとめてしまいました。

その間にも、不倫中の女弁護士と一夜を
過ごしたり、ニヤニヤしながら水槽の
手入れをしたり、何かと挙動不審なマサオ。

浅野忠信は、このドラマのクランクイン後、
取材に対して「監督が3人いることで、
役が回ごとに変わって戸惑った」
「台本が撮影と同時進行で上がって
くるなんて映画ではありえない」と、
3年ぶりとなるテレビドラマの現場に
ついて語っていましたが、
ヤケクソなのか楽しんでいるのか、
あんまり見たことのない浅野が
見られて楽しい限りです。

物語は、沖田がいよいよ深冬に脳腫瘍を
告知したところまで。

深冬は前もって自分でCTを撮り、
絶望的な状況であることを自覚しています。

で、そのCTを見たときに思い出したのが、
沖田に「結婚します」メールを送って
「おめでとう」って返信されたこと
なんだって。

このへんの沖田と深冬の未練エピソードって、
無理やりねじ込んでいる感じがして
ドラマそのものを薄っぺらくしている
気がするんですが、まあ我らがマサオの
嫉妬心を煽ってくれるので歓迎したい
ところでもあるんですよね。

マサオ、次回も大暴れお願いします!

(文=どらまっ子AKIちゃん)

日刊サイゾー更新日:2017/02/13

https://gunosy.com/articles/RX5CJ



視聴率回復の『A LIFE~愛しき人~』13.9 ブログトップ