So-net無料ブログ作成
「A LIFE」で唯一高評価だった女優に依頼殺到 ブログトップ

散々な評価の「A LIFE~愛しき人~」で唯一高評価だった女優木村文乃に依頼殺到 [「A LIFE」で唯一高評価だった女優に依頼殺到]

散々な評価の「A LIFE~愛しき人~」で
唯一高評価だった女優木村文乃に依頼殺到

木村文乃1.GIF

木村拓哉主演の連続ドラマ
『A LIFE~愛しき人~』
(TBS系)は、3月19日に放送された
最終回が最高平均視聴率16.0%
(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を
記録した。

TBS関係者は
「スポンサーが満足するぎりぎりの
数字を刻むことはできた」とは
言うものの、肩に力が入り過ぎた
木村と、親友役の脳外科医を演じた
浅野忠信の評価は散々なものだった。

「松山ケンイチも優柔不断ぶり
ばかりが目に余る役でした。

その評判が悪いキャストばかりのなかで、
唯一輝きを放ったのが木村文乃でしょう。

オペナースという立場で、味方の少ない
木村を病院内で守る役を演じていました。

ドラマの進行も彼女の台詞で分かり
やすくなったところが多かった。

演出家たちは彼女のクレバーな
演技に注目していました」
(同・関係者)


下積みが10年以上続いた苦労人の木村文乃


木村文乃は2004年にDHC協賛の
映画『アダン』のヒロインオーディション
にて応募者3074人のなかから選ばれ、
2006年公開の同作品にて女優として
デビューを果たした。

しかし、なかなか役に恵まれず、
ティッシュ配りやファミレスの店員、
ウェディングの介添えなどアルバイトを
多くやっていたたという。

「そうした社会で働いた体験が、
木村の『普通に職場にいる感覚』を
醸し出していると思います。

このような雰囲気を出すことの
できる女優は、本当に稀少です」
(演出家)

2015年4月には
『マザー・ゲーム~彼女たちの階級~』
(TBS系)で、女優12年目にして
初めて連続ドラマの主演を果たした。

「A LIFE最終回の数字は、
全員の力で取ったものですが、
出演者では木村文乃にオファーが
殺到しています。
今回、唯一“成功”した女優でしょう」
(同・演出家)

A LIFEは、木村文乃という実力派女優の
“命”が誕生したドラマだったと
言えるのかもしれない。

まいじつ更新日:2017/03/26

https://gunosy.com/articles/aHCri


「A LIFE」で唯一高評価だった女優に依頼殺到 ブログトップ