So-net無料ブログ作成
だいたひかるさん「乳がん闘病」を語る ブログトップ

だいたひかる(お笑い芸人)さん「乳がん闘病」を語る 夫の言葉に導かれ [だいたひかるさん「乳がん闘病」を語る]

だいたひかる(お笑い芸人)さん
「乳がん闘病」を語る 夫の言葉に導かれ

だいたひかる.GIF
「笑いの大切さを知ったのも病気のおかげ」と語る(C)日刊ゲンダイ

自分の知る限り、“がん家系”では
ありませんでした。

だから「乳がん」と診断されたときは、
本当に自分の身に起こったことなのか、
にわかには理解できませんでした。

でも、後で
「どんな人ががんになりやすいのか」
と自分なりに調べたら
腑に落ちることばかり。

ジャンクフードに浸り、
運動不足で、アルコール好き……。

そのころは、毎日ワインを
2本ぐらい飲んでいて、
医師から
「アルコールを抜かないと
麻酔が効かない」と
言われたほどでした。

だから、手術前は肝臓を慎重に
調べられたんです。

変な話、「乳がんだけでした」と
医師に言われたときは
ホッとしました(笑い)。

乳がんがわかったのは、
不妊治療を始めて2年が経過した
2016年初頭です。

38歳で結婚したので、
妊娠を最優先に考えて結婚後
すぐに不妊治療を始めました。

でも、なかなか子供ができずに
いよいよ体外受精をすることに
なったのです。

16年1月2日は、受精卵を子宮に
戻すという移殖の日の予定でした。

数日休みをもらって万全の
態勢だったのに、予定より
早く生理が始まってしまい、
移殖が中止になったのです。

ぽっかりできた休みに、
その年、唯一残っていた
乳がん検診のクーポン券を
使うことにしました。

すぐに予約が取れて受診したら、
触診でいきなり「右しこり」と
言われたんです。

「え?」と思っていると、
次はマンモグラフィー検査で
「乳がんの可能性が十分にある」と
告げられました。

さらに細胞を採って調べることになり、
「検査結果はご主人と一緒に
来てください」と言われ、
完全にコーナーに追い詰められた
感覚でした。

■医師に思わず「オススメはなんですか?」

結果は
「右乳房の乳がんステージⅡA」
との診断。

後にリンパ節にも転移していることが
わかり、最終的には「ステージⅡB」
でした。

しこりは約3センチと大きかったものの、
早期に近かったので乳房は3分の1
温存できるとのことでした。

ただ、
「温存すれば再発のリスクが残る」とか、
再建手術がうんぬんという説明も
同時にされたため、
それがまるでお経のように
感じられて……。

結局、私が主治医に言えたのは
「オススメはなんですか?」と
いう変な質問だけ。

主治医は「(右乳房)全摘です」と
言い、夫も賛成したのでオススメを
選択しました。

悩まなかったといえばウソですけれど、
「命か胸か」と言われたら答えは
おのずと出ていました。

右胸がなくなるのは寂しかったですが、
ものは考えようです。

心が傷つかない方法をいろいろ考えて、
そのときは
「小学生に戻ったと思えばいいや」
と自分を納得させました(笑い)。

入院は2月下旬。

手術を受けた夜、背中が痛くて何度も
ナースコールをしたときも、
「もしここが野戦病院だったら、
ナースコールなんてないんだ」と
妄想して、自分の幸せを噛みしめました。

翌日からは、もう歩いてレントゲン室に
行ったり、数日後にはドレーン(排液管)を
付けて仕事をしたり、家が近かったので
毎日、夕飯を作りに帰ったりもしました。

ただ、手術より悩んだのは、
その後に始まる抗がん剤治療でした。

医師から
「抗がん剤は子宮にもダメージがあって、
そのまま閉経してしまうかもしれない」と
言われたので、本当は嫌だったんです。

毛が抜けるのなんてどうでもいいけれど、
子供を産みたいという思いが最後まで
決断を鈍らせました。

でも、
「子供が生まれても、
君がいなくなったら意味がない」と
夫に言われ、4月から半年間の
抗がん剤治療を受けました。

ご多分に漏れず脱毛はしましたが、
イメージしていたよりも吐き気は軽く、
味覚障害もありません。

薬はどんどん進化しているんですね。

■がんを経験して一つ個性が増した

ツライとき、夫が
「君はいま、人間の深みを
増しているんだよ」と
素敵なセリフで励ましてくれたので、
私もその気になって
「この際、がんがどんなものか
見渡してやろう」と
思いました。

また、治療を共にする友達をたくさん
つくって話を聞いてみると、
乳がん患者は思った以上に多いし、
早期で見つかれば世間がイメージしている
ほど大変じゃないし、治療をしながら
仕事をしている人もたくさんいるんです。

だから「がんは個性」で、私は一つ個性が
増したと思っています。

芸人として個性が薄かったから、
ちょうどよかった(笑い)。

他にも新しい発見がいっぱいありました。

たとえば、抗がん剤治療中は化粧乗りが
人生で一番よかったこと(笑い)。

毛という毛が抜けたから、
“薄付き”で最高でした。
手術も抗がん剤も初めは怖いけれど、
人ってだんだん慣れるんですね。

そういうことも発見でした。

いまさらですが、笑いの大切さを
知ったのも病気のおかげです。

苦しいからこそ笑いに救われる。

「お笑い」ってすてきな仕事だなと
改めて思いました。

▽1975年、埼玉県生まれ。

美容学校を卒業して、美容師として
数年間勤めた後、98年に深夜番組
「ブレイクもの!」(フジテレビ系)で
5週勝ち抜き、芸能界デビュー。

02年にはピン芸人コンクール
「R-1ぐらんぷり」の初代優勝者となる。
乳がん治療を経て、16年12月に活動を
再開した。

日刊ゲンダイDIGITAL 4/3(月) 9:26配信

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170403-00000005-nkgendai-hlth


だいたひかるさん「乳がん闘病」を語る ブログトップ