So-net無料ブログ作成
星野源、マルチな活動の葛藤明かす ブログトップ

星野源 『第9回伊丹十三賞』授賞式 マルチな活動の葛藤明かす 伊丹十三さんが解消のきっかけ [星野源、マルチな活動の葛藤明かす]

星野源 『第9回伊丹十三賞』授賞式
マルチな活動の葛藤明かす 
伊丹十三さんが解消のきっかけ

星野源10.GIF

俳優、歌手、文筆業など多岐にわたって
活躍する星野源が17日、都内で行われた
『第9回伊丹十三賞』の授賞式に参加。

さまざまな分野で才能を発揮している
星野だが、葛藤があったことを明かし、
伊丹十三さんが解消のきっかけと
なったことを振り返った。

報道陣が大挙して訪れた授賞式の会場に
入ると星野は「すごいですね」と
驚きの表情を浮かべ
「今、お水を持ってきてもらっています。
のどがカラカラです。
少々、お待ちください」と笑わせると
「心臓から胸のうちから
感動しています」と
受賞者あいさつを行った。

スピーチでは
「芝居の現場に行くと『音楽の人でしょ』
と言われる。
音楽の現場に行くと『芝居の人でしょ』
って言われる。

どの現場に行ってもあぶれてしまう感覚、
自分の居場所がないなって感覚だった。

それに加えて文章も始めてしまったので
『何が1番やりたいの』って
言っていただいた」と
苦悩を告白。

続けて
「僕が小さい頃、あこがれていた人は、
あんなにいろんなことをやっていたのに、
なぜ一つのものに絞ったほうがいいと
言うんだろう。
なんだか、すごく寂しい」と
思いを口にした。

しかし、その気持ちを解消してくれたのが
伊丹さんという。

20代で伊丹作品を改めて鑑賞したという
星野は『タンポポ』に感銘。

その後、伊丹さんのマルチな活動を知って、
自分の方針が間違っていないことを再確認。

「伊丹さんのいろんな顔を知ることで、
好きなら、面白いと思ったことなら、
何をやってもいいんだと思うようになった」
と笑顔で振り返ると、今回の受賞に
「伊丹さんに、それが君の場所だよって
言われているようで、うれしい」と
喜びもひとしおだった。

同賞は監督・俳優・著者など幅広い
ジャンルで活躍した故・伊丹十三さんの
偉業を記念して制定。

選考委員は周防正行氏、中村好文氏、
平松洋子氏、南伸坊氏。

受賞理由は
「音楽、エッセイ、演技のジャンルを
横断し、どこか息の詰まる時代に、
エンターテイナーとして驚くような
風穴をあけてしまった
星野的表現世界に」と
いうものだった。

過去には
糸井重里、
タモリ、
池上彰氏、
リリー・フランキーらが
受賞している。

オリコン 4/17(月) 19:00配信

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170417-00000307-oric-ent



星野源、マルチな活動の葛藤明かす ブログトップ