So-net無料ブログ作成
ドラマ「小さな巨人」現場が険悪ムードなワケ ブログトップ

香川照之と長谷川博己が一触即発?ドラマ「小さな巨人」現場が険悪ムードなワケ [ドラマ「小さな巨人」現場が険悪ムードなワケ]

香川照之と長谷川博己が一触即発?
ドラマ「小さな巨人」現場が険悪ムードなワケ

香川照之2.GIF

4月16日に放送された
長谷川博己主演の
ドラマ「小さな巨人」(TBS系)の
視聴率が、13.7%だったことがわかった。

同ドラマは、大ヒット作「半沢直樹」
(TBS系)を意識した作りに
なっているという。

「『半沢直樹』で主演を務めた
堺雅人は、続編への出演を
渋っていると一部で囁かれています。

そのためTBSは“第2の半沢”を
生み出すべく『小さな巨人』を
制作したようです。

また今回は小説家・池井戸潤原作でなく
完全オリジナルであるものの、
スタッフは半沢組が集結し、
役者の顔のアップを多用する演出も、
そのまま引き継がれています」
(テレビ誌記者)

そんな同ドラマは今回、
まずまずの視聴率を記録したことで、
最終回までに「半沢直樹」や
「下町ロケット」のような
TBSを代表する作品になるかどうかに
大きな注目が集まっている。

しかし4月20日発売の「週刊文春」に
よると、現場では険悪なムードが
漂っているという。

「記事では、主演の長谷川がNGを
連発していると報じています。

第1話で捜査本部が登場する
シーンでは彼がセリフを
飛ばしてしまい、アタフタして
いたとのこと。

すると共演者の香川照之が不機嫌になり、
現場は険悪なムードに包まれたようです。

同ドラマは、TBSが今期もっとも力を
入れているドラマですし、
ベテラン俳優も多く出演している。

そのため長谷川には、セリフを
飛ばすほど大きなプレッシャーが、
のしかかっているのかもしれません」
(前出・テレビ誌記者)

放送後、視聴者からの評判は上々な
「小さな巨人」。

はたして長谷川は様々なプレッシャーを
跳ね除け、高視聴率ドラマへと
導くことができるだろうか。

アサ芸プラス更新日:2017/04/22

https://gunosy.com/articles/RAsgL



ドラマ「小さな巨人」現場が険悪ムードなワケ ブログトップ