So-net無料ブログ作成
小栗旬“7分30秒”衝撃アクションに手応え ブログトップ

小栗旬 ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』 “7分30秒”衝撃アクションに手応え「日本のテレビドラマ史に残る」 [小栗旬“7分30秒”衝撃アクションに手応え]

小栗旬 ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』
“7分30秒”衝撃アクションに手応え
「日本のテレビドラマ史に残る」

小栗旬“7分30秒”衝撃アクション.GIF

小栗旬と西島秀俊による大迫力の
アクションが話題の
ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』
(カンテレ・フジテレビ系列、
毎週火曜21:00~)。

30日放送の第8話で、7分30秒に及ぶ
“規格外”のノンストップバトルを
披露されることについて
小栗が
「とんでもない
日本のテレビドラマ史に
残るアクション」と
手応えを語った。

本作は、小栗演じる元自衛隊員の稲見朗と、
西島演じる元公安の田丸三郎らが
所属する特捜班が様々な
葛藤を抱えながら、
国家を揺るがす規格外の敵に
立ち向かっていく姿を描いた
アクションエンタテインメント。

第8話は、田丸の手引きによって
カルト教団でスパイ活動を行う
林智史(眞島秀和)がテロの情報を入手。

長期間のスパイ活動に疲れ果てた林は、
情報を伝える代わりにスパイを
辞めて妻の千種(石田ゆり子)の
元へ帰りたいと持ちかける。

千種に対して特別な感情を抱く
田丸は動揺するが、上層部は
その申し出を承諾。


林が入手したテロの決行日時、
特捜班は警備を任されることになる。

そこで大きな見どころとなるのが、
現役の人気プロレスラーである
後藤洋央紀(新日本プロレス)と
土井成樹(ドラゴンゲート)も
出演する7分30秒のノンストップバトル。

カルト教団に乗り込んだ特捜班5人が
150人近くいる出家信者を相手に
繰り広げるこのシーンについて
小栗は、
「『CRISIS』はアクションが
売りではありますが、
これまでアクションで話を
終わらせることはありませんでした。

でも第8話だけはとんでもない、
日本のテレビドラマ史に
残るアクションをやって
終わらせます」とコメント。

さらに、8話から10話にかけて、
これまで張り巡らされた伏線を
回収しながら進行していくことを
明かし
「西島さんのファンにとっても、
第8話の田丸さんを見ればすごく
納得してくれると思います。

この第1話から最終話まで
一貫した覚悟を持った脚本は
やはりすごい」と
手応えを語った。

一方、西島は
「小栗君がプロデューサーに
“もっと強い敵を用意してくれ!”と
言っていたら、今回本当に最強の男たちと
対決することになりました。

後藤選手も土井選手も文字通り
規格外な人でした。

小栗君をはじめとしたキャストと
スタッフの覚悟が詰まったシーンに
なっています。

特捜班5人対150人の美しく
壮絶なバトルを是非ご期待下さい」と
アピール。

さらに、カンテレの白木啓一郎監督は、
いち早く完成した第8話を見た小栗から
「狂ってるね。ヤバすぎる。スゴすぎる。
見た人は、絶対にビックリするよ」と
話されたことを告白。


20年以上のテレビマン人生で、
間違いなく一番大変な撮影だったと
振り返り
「小栗さん、西島さんをはじめ、
役者の身体能力が高いのは
言うまでもないですが、
現場にいる全員の心が
一つになりました。

物理的な制約が多すぎて何度も
諦めようと思った僕の背中を、
皆が押してくれました。

後にも先にも、こんなシーンが
撮影できるのは
『CRISIS』だけだと思います」と
語っている。

テレビドガッチ更新日:2017/05/30

https://gunosy.com/articles/aCBxa


小栗旬“7分30秒”衝撃アクションに手応え ブログトップ