So-net無料ブログ作成
AKBらしい「ガチ」の衝撃 ブログトップ

AKBらしい「ガチ」の衝撃 メンバーの「結婚表明」 常識を破り唯一無二へ [AKBらしい「ガチ」の衝撃]

AKBらしい「ガチ」の衝撃 
常識を破り唯一無二へ
 
須藤凜々花.GIF

<ニッカンスポーツ・コム/
芸能番記者コラム>

第1回からAKB48選抜総選挙を
取材してきた身として、須藤凜々花の
件は、賛否はひとまず置き、
実にAKBらしい事件だったと思う。

確かに現役アイドルの、
しかも恋愛禁止が暗黙の
ルールとしてあるグループにいる
メンバーの「結婚表明」は衝撃だった。

一方で、11年前の結成時から
「何でもありのAKB」が、
グループのコンセプトでもあった。

他のアイドルでは許されない、
常識を飛び越えたことの連続で、
常に世間を騒がし続けてきた。

初恋を週刊誌に撮られてしまい、
一時的とはいえ、我を見失い
突っ走った20歳のとっぴな
行動は、演出やイメージ作りを
超えた、総選挙同様の
「ガチ」だった。

CDの購入など、ファンの応援票で
成り立つ総選挙の場で宣言したことは、
ふさわしくなかったと批判された。

ただその論理なら、決して卒業表明も
ファンが喜ぶ報告とは言えない。

スピーチは、感謝を伝える場だが、
「自分」を表現する場でもある。

もちろん、投票した須藤ファンには
同情するが、発言の自由まで
制限されるべきではないと思う。

結婚宣言で、支持を失い、
非難されるのも、全ては須藤の
自己責任。

乱暴に言ってしまえば、
ただ、それだけのことだ。

もちろん、卒業生や現役メンバーが
「グループと総選挙を汚された」と
憤るのはもっともだと言える。

直後のスピーチで、
須藤を否定した高橋朱里や
岡田奈々が「アイドルの正義」として
ファンの支持を受けた。

それもまた、健全な現象といえる。

AKBは、握手会や総選挙、
じゃんけん大会、そしてまれにいる
塩対応のメンバーを許容することなど、
常に常識を破ることで、
唯一無二のアイドルグループに
なっていった。

そして、昔も今も、タブーに
挑み続けていることに変わりはない。

そうしたことに対し、
「正統派」として応援する
ファンが抗うことも加わって、
常に新しい形に発展していく
グループが、AKBなのだ。


日刊スポーツ7/1(土) 4:53配信

最終更新:7/1(土) 9:46

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170701-01847302-nksports-ent



AKBらしい「ガチ」の衝撃 ブログトップ