So-net無料ブログ作成
ベンガル「別居して9年に…」妻が認めた ブログトップ

ベンガル「別居して9年に…」妻が認めた朝加真由美との不倫 [ベンガル「別居して9年に…」妻が認めた]

ベンガル「別居して9年に…」妻が認めた
朝加真由美との不倫

ベンガル.GIF

6月下旬の午後6時過ぎ。

都内の住宅街にある寿司店に、
1組の熟年カップルの姿があった。

個性派俳優のベンガル(65)と
女優の朝加真由美(61)だ。

「2人は4年前に“不倫”疑惑を
報じられていますが、“証拠”が
ないままうやむやに終わって
いるんです。

ベンガルさんは、26歳の時に
演劇教室で知り合った女性と結婚。
2児を授かっているのですが……」
(スポーツ紙記者)

この日、ベンガルは舞台に出演。
終了後の午後3時過ぎ、新宿区の
劇場から出てきた。

繁華街で朝加と合流すると、
2人は寿司店に入っていった。

「2人はカウンターに並んで座り、
お寿司やお酒を楽しそうに
召し上がっていました」
(居合わせた客)

3時間ほど食事を楽しんだ2人は、
店を出ると近くの24時間営業のスーパーへ。

ベンガルがカートを押し、
朝加の指示で飲み物や食材をカゴに
入れていく。

この夜、2人はタクシーに同乗すると、
それぞれのマンションへと
帰っていったのだが――。

最初に書いたとおり、
ベンガルはれっきとした妻帯者。

じつは、ベンガルが25年前に
購入した古びた一軒家が、
東京・八王子市内に建っている。

40年前に結婚し、
彼を支え続けた妻は、
いまそこに1人で住んでいた。

朝加との“密会”から4日後、
本誌は八王子に住むベンガルの
妻のもとを訪ねた。

――ベンガルさんと別居されて
いるようですが?

「いえ、別居しているだけで、
連絡はとっていますよ」

戸惑いつつも、別居を認めた夫人。

夫と朝加の関係について聞くと、
記者に向かって顔をしかめた。

――4日前にもデートをされていました。

「そうですか……。
朝加さんのことは、本人から
『付き合っている』と聞きました。

朝加さんと付き合いだしたころから、
夫は家を出て行きました。

平成20年ぐらい、9年前ですかね。
本人は、(私と)別れたいわけですから。
私は精神的にまいっちゃって」

朝加との交際のせいで、もう9年間も、
ベンガルとの別居がつづいていると
いうのだ。

だが「離婚する気は……」と聞くと、
怒りが吹き出すような表情で、
妻は言った。

「私は、離婚はしたくないです。
やっぱり家族がいるから、
離婚は望んでいません。
“家庭はきちんとしていきたい”と
いうのが、私の思いです。

でも、主人がそういう考えじゃなければ
“ご勝手に”とも思っています」

家のポストには、夫と息子、
娘の名前が書かれたままになっていた。

主なき我が家で、“帰らぬ夫”を
待ち続けるつもりなのか――。

だが“妻の告白”は、
ベンガルには予想外だったようだ。

別の日に、自宅マンションから
現れたベンガルを直撃すると……。

――じつは、ベンガルさんが朝加さんと
不倫していると話していることを、
奧さんから聞きました。

そう聞くと、ベンガルの目が急に
泳ぎはじめた。

「いや……仲がいい……それだけの
ことですから。
全然、(不倫)してないですよ。
もう全然、問題ない……ただ、
家が近いんで。……勘弁してください」

そう言って、逃げるように去って行った。

それぞれの所属事務所にも、
2人の関係を確認したが、
「本人は親しい友達だと話しています」
(ベンガルの所属事務所)

「仲の良い友達と聞いています」
(朝加の所属事務所)

朝加と会い続ける夫と、
「離婚はしない!」と怒る妻。

下積み時代を支えてくれた
“糟糠の妻”への「恩返し」が
これだとしたら、
あまりにも悲しすぎる――。


女性自身7/11(火) 0:00配信


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170711-00010001-jisin-ent

糟糠とは、米のかすとぬか。 ねうちの無いもの。
きわめて粗末な食事。 貧乏暮らし。
「 糟糠の妻」 とは 貧しい時から
連れ添って苦労を共にした妻の事です 。



ベンガル「別居して9年に…」妻が認めた ブログトップ