So-net無料ブログ作成
三波春夫「東京五輪音頭」英語バージョン配信 ブログトップ

三波春夫さん 「東京五輪音頭」英語バージョンが配信へ...最新技術で歌声よみがえる [三波春夫「東京五輪音頭」英語バージョン配信]

三波春夫さん 「東京五輪音頭」
英語バージョンが配信へ...
最新技術で歌声よみがえる

三波春夫さん 「東京五輪音頭」.GIF
ハルオロイド・ミナミの英語版「東京五輪音頭」のジャケット

国民的歌手として活躍し2001年に
死去した三波春夫さん(享年77)の
歌声が、このほど「チェビオ」と
いう最新音声合成技術でよみがえり、
ハルオロイド・ミナミとして
代表曲「東京五輪音頭」の
英語バージョンを、94回目の
誕生日にあたる今月19日に
全世界に向けて配信する。

この技術を用いた三波の英語楽曲配信は
命日にあたる4月14日の
「世界の国からこんにちは」に続く2曲目。

生前の三波は、作品としてはもちろん、
テレビ番組やステージでも英語詞の楽曲を
歌唱したことはなく、
今回は貴重な試みとなる。

生涯を通じて日本の心を歌い続けてきた
三波さん。

1964年の東京五輪で
「東京五輪音頭」。

1970年の大阪万博で
「世界の国からこんにちは」と、
戦後日本の二大イベントで
大ヒット曲を残している。

関係者によると、三波さんは「
敗戦国である日本が、こんなに頑張って
復興したのだ!というところを、
世界の人々に見せたかった」と、
その思いを歌声に乗せ、
明るい表情で歌い続け、
日本中にも元気を届けた。

それが多くの人にも通じ、
この2曲は複数の歌手による
競作でレコードが発売されたが、
いずれも三波盤がダントツの
売り上げを記録した。

今回は、日本にとっての大イベント
「2020年東京五輪」を控え、
関係者が
「当時と同じように三波さんの声を
世界に届け、東京五輪を盛り上げたい」
と企画し実現した。

制作には、三波さんの歌い癖や所作に
詳しい長女・三波美夕紀氏、

生前の担当ディレクター・池田純氏が、
細かい発音や発声を調整。

節回しやコブシまで生前の歌に近づけ
再現した。

配信元のテイチクエンタテインメントの
関係者は
「最新技術で復活した三波さんの
貴重な英語の歌声と、当時の歌の
良さを感じていただければ」と
アピールした。

デイリースポーツ online更新日:2017/07/19

https://gunosy.com/articles/RfYWd




三波春夫「東京五輪音頭」英語バージョン配信 ブログトップ