So-net無料ブログ作成
NMB48須藤凜々花本音を引き出した ブログトップ

NMB48須藤凜々花「めっちゃ幸せです」本音を引き出したのはNMB48の異端児だった [NMB48須藤凜々花本音を引き出した]

NMB48須藤凜々花「めっちゃ幸せです」
本音を引き出したのはNMB48の
異端児だった

「めっちゃ幸せです」須藤凜々花の本音.GIF

NMB48の須藤凜々花(20)が
6日に神戸ワールド記念ホールで
行われたコンサートで、
全メンバーの前であらためて、
「第9回AKB選抜総選挙」での
電撃結婚宣言について言及した。

アンコールで、キャプテン・山本彩(24)に
促される形で、震える声で
「大切にしてきたものをすべて
傷つけてしまった。
本当に申し訳なくて、ごめんなさい。
(NMB48が)大好きだったと思いました」
と話した。

さらに
「でも、NMBにいられてよかった。
今までのNMB人生にいっこもウソはないし、
卒業した後の生き方で、
NMBは最高だったということを証明したい」と

「NMB愛」を語ると、会場に漂う
“謝罪ムード”を一変させたのが先日、
卒業を発表した木下百花(20)だった。

「君の謝罪と申し訳ないは聞き飽きた。
聞きたいのはそんなことじゃないねん!」。

そう言って話に入ると、
「分かりやすく言うと、私たちは振られた
気分なんですよ。

須藤さんは入って何年? 

3年間、両思いやと思っていた人が、
突然『本当の愛を知りました』って。

何それ? 私はなんやったん?って感じですよ」と
怒りをぶちまけた。

グループ1期生で自称「NMB48の危険分子」
として、劇場公演でも破壊力のあるMC力が
大きな武器。

最初はそのていかと思ってあおっていた
ファンも、感情が高ぶって泣き出した姿を
見て静まりかえった。

続けて
「NMBで一緒に過ごしてきた時間は全部大事。

NMBに入って、本当の愛を私も知りましたよ。

だから今やっと、その気持ちを聞けた
気がしてうれしかった」と、
須藤の総選挙の時のスピーチを
持ち出して思いを伝え、

「NMB魂をもって、人生幸せになって下さい!」と
絶叫した。

メンバーとしては、面と向かって言いたくても
言えなかった「お幸せに!」の一言を伝えると、
須藤も「ありがとうございます。
めっちゃ幸せです」と最後には笑顔になった。


きっと、メンバーや熱狂的なファンが
抱えていたモヤモヤを代弁したのだろう。

いわばコンサート後のミーティングで
メンバー全員が集まってやるような
“反省会”を、NMB48を愛する
ファンの前でやってしまうような感じ。

でも、それがこのグループの
よさでもあるのだろう。

そして、こんなキラーパスは、
木下しか出せなかったと思う。

勢い余って、山本にも、みんなが聞きたくても
聞けなかったことを聞いた。

「1個聞きたいことあるねんけどな、
さや姉、辞めんの? 
辞めんとってー、お願い!」と
泣きながら懇願すると、
山本は「辞める人が何言ってんの?」と
あきれながらも「そのつもりは今はないから」と、
グループ活動の継続を明言させた。

それ、私も聞きたかった! 
さすがのトーク力を目の当たりにし、
木下が卒業する穴は相当大きいなと感じた。

(記者コラム・河井 真理)

スポーツ報知 8/7(月) 12:03配信

最終更新:8/7(月) 13:24

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170806-00000344-sph-ent



nice!(0)  コメント(0) 
NMB48須藤凜々花本音を引き出した ブログトップ