So-net無料ブログ作成
武井咲10億違約金報道 女子ゆえの枷(かせ) ブログトップ

武井咲10億違約金報道に見る 女子ゆえの枷(かせ) [武井咲10億違約金報道 女子ゆえの枷(かせ)]

武井咲10億違約金報道に見る 
女子ゆえの枷(かせ)

武井咲10億違約金報道に見る.GIF

結婚・妊娠は
「イメージを損なう」の?

ドラマ「黒革の手帖」
(テレビ朝日系)
主演や数々のCM・
イメージキャラクター契約を
結ぶなどして、今大活躍の女優、
武井咲さんが
EXILE・TAKAHIROさんと結婚、
現在妊娠中として、大きな話題を
呼びました。

それ自体は残暑を吹き飛ばす爽やかな
驚きでしたが、追うようにして出た
「人気絶頂の彼女の突然の
『授かり婚』によって仕事の
キャンセルや組み直しの可能性が生じ、
多方面に迷惑をかけた違約金が
10億円に上るのではないか」と
いう報道のインパクトも
大きかったのではないでしょうか。

この報道には、
さまざまな反応がありました。

「ホラ見ろ」
「やっぱり他人に迷惑かけちゃ
ダメですよね」という
したり顔のコメントや、
「本人に早婚願望があった
らしいんですよ。確信犯……」と
いうゲス極まりない勘ぐりも
一方にはありました。

ところが他方では
「妊娠は『イメージを損なう』の?
タレントの人権って何?」

「こんな『マタハラ』が
日本の常識なの?」と
報道自体に対して憤る女性も
多かったのです。

●「報道は事実ではない。1
0億円などあり得ない」

そんな中、9月7日に、弁護士によって
構成される「芸能人の権利を守る 
日本エンターテイナーライツ協会」
(以下、ERA)が声明を発表。

「武井咲さんの10億円の
違約金報道について」と
題したその声明によれば、
そもそも広告出演契約内容に
結婚や妊娠を制限する条項が
含まれることは少なく、
仮にそのような請求があったとしても、
結婚、妊娠を理由に裁判所が
認定する可能性は低いといえると
明言しています
(記事末リンク参照)。

またERAは、報道内容は憶測の域を
出ていないと指摘した上で、
「このような報道が、タレントたちに
対して不当な圧力を与え、
結婚、妊娠を始めとする人間として
大切な自由と権利を不当に制限する
原因となりかねない」と、
芸能報道の姿勢に釘を刺しています。

一般人の世界でさえ、
結婚や妊娠で退職などの不利を
迫られたりするマタハラが
大きな社会問題となっているのに
世間の注目を一身に浴びる芸能界の
こととなると、世間は何の疑問も
遠慮もなく、とんでもない前時代的で
非礼な基準を持ち出して「罰する」。

しかも相当にゲスな発言を平気で
垂れ流して。

そんなことに気付かされたのでした。


●私たちはあの報道を見た瞬間、
何を感じたのだろう

では翻って、同じ女性である私たちは、
武井咲さんが実にこの人気絶頂で
メディア露出も絶えない時期に、
同じく大人気のEXILEのボーカル
TAKAHIROさんと
「交際していた」
「結婚する」
「そして妊娠中である」と
聞いたあの瞬間、正直に
どう思ったのでしょうか。

「イケメンの大物と結婚?
さっすが武井咲ちゃん!」

「TAKAHIROファンだったのに、
クヤシイ~」

「おお、掛け値無しの美男美女!
これはベビーも美形だわ」。

そんな屈託のない反応もあったでしょう。

一方で、
「仕事、どうするんだろう」とは
思いませんでしたか。

そして、一瞬でも
「周りは大変だろうな」
「デキ婚で強行突破かぁ……」
「ひゃー、今の武井咲レベルだと
10億円という(憶測に過ぎない)
ペナルティー額なのか、すごい損失!」と
いうネガティブな感情が
湧いたりしませんでしたか。


■「女子なんだからキレイで
かわいくいろとか、
ルックスの良さや『処女性』や
潔癖を求める視線は時代遅れで
失礼千万!」

■「結婚や妊娠が周りに迷惑をかけるなんて
発想は、ダイバーシティに後れを取る
日本の職場の悪習!」

■「マタハラこそ日本のゆがんだ
ジェンダー観の一つ!」

そんな思いを
「自分のことなら」抱いている
私たちですが、他人の、まして若く美貌の
持ち主である芸能人の人生に対して、
同じ基準を応用したでしょうか。

また、実際私たちの身の周りに
置き換えてみると、
例えば
「採用してまもない新人が結婚し、妊娠した」
「これからが勝負となるプロジェクトチームの
後輩メンバーが結婚し、妊娠した」とき、
100%純粋に
「うわぁ、おめでとう!」という
思いしか湧かないと言えるでしょうか。

私たちの中にも、マタハラの小さな芽や、
「授かり婚」をどこか非常識と捉える価値観、
同じ女性であるにもかかわらず女性を
軽んじる心理がまだあるのではないでしょうか。

女子に枷(かせ)をしているのは
男性だけではなく、私たち女性も
同じことをしていないとは
言い切れないかもしれません。

そして、いつも枷をはめられるのは女性側。

今回だって、(妊娠・出産による体の変化は
女性特有のものとはいえ)
「結婚、パートナーの妊娠」で
イメージの変化によるTAKAHIROさん側の
違約金を心配する人など、
誰一人いなかったわけですから。

文/河崎 環 写真/PIXTA



日経ウーマンオンライン(日経ウーマン)9/14(木) 6:00配信

最終更新:9/14(木) 12:27


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170914-63165065-woman-ent&p=1
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170914-63165065-woman-ent&p=2


クリック(タップ)で楽天市場のサイトに飛びます。


nice!(0)  コメント(0) 
武井咲10億違約金報道 女子ゆえの枷(かせ) ブログトップ