So-net無料ブログ作成
のん、ロックスター宣言 ブログトップ

のん(能年玲奈)、ロックスター宣言「スーパーヒーローになりたいんですよ」 [のん、ロックスター宣言]

のん(能年玲奈)、ロックスター宣言
「スーパーヒーローになりたいんですよ」

のん、ロックスター宣言.GIF
11月22日にCD「スーパーヒーロー
になりたい」を出すのんさん
(石井健撮影)(写真:産経新聞)

女優ののんさん
(本名・能年玲奈)(24)が、
11月22日にシングルCD
「スーパーヒーローになりたい」で
本格的な歌手デビューを果たす。

8月に立ち上げ、
自ら「代表」を務める
音楽事業会社
「KAIWA(RE)CORD」から
の初作品は、
「じぇじぇじぇ」から
エレキギターに武器を
持ち替えてのロックスター宣言だ。

女優の、と書いたが、
ことし3月から
「創作あーちすと」を
標榜(ひょうぼう)している。

が、わかりづらいので、
ここでは女優の、としておく。

ただ、その活動は、
なるほど女優にとどまらない
多彩さで、代表例は
映画「この世界の片隅に」
(片渕須直監督)のヒロイン、
すずの「声」だろう。

2016年11月に封切られた
このアニメーション映画は、
1年が過ぎてまだ上映中。

ことし11月12日には
東京・新宿の映画館
「テアトル新宿」で記念の
舞台挨拶も行われたほどの
異例のロングラン
興行になっている。

「1周年なんですよ!」

目をキラキラさせながら
教えてくれた。

ただ-。

「演技も声優も音楽も、
どれが一番というのはなくて。

いまは全部がメーンです。
(なんであれ)“表現する”のが、
のんのモットー。

自由に、やりたいことに
突き進んで、楽しいものを
放出していくことを
大切にしています」

とはいえ、いまは音楽である。

8月に
「KAIWA(RE)CORD」を
設立し、「代表」という肩書が
刷られた名刺も作った。

この名刺、画家、サルバドール・ダリ
(1904~1989年)を
まねたひげをつけた自画像写真も
印刷した。

ダリのひげが好き。

好きが高じたつけひげの
コレクションをテレビで
披露したこともある。

で、この名刺の写真。

よく見ると、ひげの両端が
カイワレダイコンになっている。

「えっと、普通にこうやって人に
会って話すのが苦手っていうのが、
のんとしてはあるのですが…。

音楽だったら会話はできる。
音楽で会話する」

だから、「会話レコード」。

ついでに、カイワレダイコンも
好きなので「カイワレコード」。

ロゴマークも作った。

レコードからカイワレが
生えているイラストだ。

のんさんは、兵庫県のほぼ
中央に位置する神河町
(かみかわちょう)で
生まれ育った。

人口1万2019人。

「兵庫県民でもあまり知らない
ようなローカルな場所です」
とはご本人。

町のホームページを開くと
「神河町は『のん』ちゃん
(本名・能年玲奈さん)を
応援しています」と
いう応援コメントが目に入る。

のんさんは町のPR動画に
出演したり、町で撮影した
写真集を出版したりしているのだ。

音楽とは、そのふるさとで
出合った。

のんさんの説明によれば
「町職員の“マサやん”」が、
公共施設の倉庫に
「ギター、ベース、
ドラムなど一式を
“隠し持って”いて」、
子供たちに手ほどきをしていた。

神河町のブレーメンの
音楽隊、マサやんだ。

能年家の小学6年生の
玲奈ちゃんも、友人に
誘われてマサやんの倉庫に
出かけた。

友達とバンドを組んだ。

まずは、ボーカルを担当。

中学生になると、
エレキギターを弾くべしと
言う天啓にうたれる。

誰かを見て影響されたわけでもない。

「目立ちたがり屋だったので、
やっぱりギターがいちばん
かっこいいぜ、みたいな」


シンガー・ソングライター、
大塚愛さん(35)の曲や歌手、
小泉今日子さん(51)
「学園天国」のコピーから入り、
3人組ロックバンド、
GO!GO!7188
(ごーごーなないちはちはち)を
レパートリーにするなど。

いわゆる“バンド色”を強めた。

ロックスターになりたかった。

だが、14歳で芸能界入り。

中学卒業と同時に上京して、
バンド活動には終止符。

ローティーン向けファッション誌の
モデルから始まり、映画の端役、
CMとキャリアを積み上げ、
12年にオーディションで
射止めたのがNHK朝の
連続テレビ小説「あまちゃん」
(放送は13年4~9月)のヒロイン。
19歳から20歳までを「天野アキ」と
して駆け抜けた。

「いまも『女優でやっていきます!』
みたいな、わかりやすい存在で
あるほうがいいですか?」

24歳。
「あまちゃん」のころより
4つ歳を重ねたのに、
目の前にいるのんさんは、
どうにもあのころのままに見える。

「16歳に見える」と伝えたら
「若く見られた中で最年少」と
笑われたが、
「表現こそモットー」などと
言われるて、難しそうなことを…と、
うっかり口を滑らせてたら、
そう問われた。

「難しくないですよ。
自由奔放で楽しいです。
いま、スケジュール調整なども
自分で決めています」

「責任重大では」と尋ねると
「そうですね。でも、スタッフ
と話し合って、作戦を立てたうえで
決めますから」。

「代表」の肩書にふさわしい
答えが返ってきた。

ことしライブの舞台を3度踏んだ。

8月の都内のイベントでは、
「オヒロメ・パックEP」と
題したカセットテープを
限定500部で販売。

サディスティック・ミカ・バンド
「タイムマシンにおねがい」
(1974年)と
RCサクセション
「I LIKE YOU」
(90年)の2曲をカバーした。

前者ではミカ・バンドにいた
高橋幸宏さん(65)が
ドラムをたたき、
小原礼さん(65)が
ベースを弾いた。

後者ではRCの仲井戸麗市(67)が
生ギターを弾いている。

9月にはこのカセットを、
こんどはシングル盤レコードと
して1500枚限定で販売。

マニアックなパッケージ形態が
先行したこの2曲に新たに
2曲を追加したのが、
22日に出るCD
「スーパーヒーローになりたい」だ。

追加した曲「へーんなのっ」は、
のんさん自身の作詞作曲。

生まれて初めて作った。

「曲作りは難しい、
自分にはできないと
思い込んできたけど、
去年(芸名が)『のん』に
なってから、自由で、
好奇心が解き放たれました。

先入観を取り払って作って
みようと思ったんです」


十数曲のストックができた。

発表したいという気持ちが、
KAIWA(RE)CORD
設立の動機となった。

「へーんなのっ」の歌詞には
11月のクリスマス、赤い靴下、
不思議な柄のトレーナー…など、
のんさんが「変だ」と
思うものが次々と出てくる。

「変でもいいじゃん、
という気持ちと、
変なことは変だってはっきり
言ってやるぞっていう
気持ちが混じり合っています」
と説明する。

変でもいいじゃないか。

あるいは、それは変じゃないか。

だれに向かって叫んでいるのか。

「いろいろ、ご想像に
お任せします」

表題曲はシンガー・ソングライターの
高野寛さん(52)が書き下ろした。

音作りに関しては、
歌手の沢田研二さん(69)の
大ヒット曲「TOKIO」
(1980年)のような派手さを
リクエストした。

きわめて独特の歌声といっていい。
「(「この世界の片隅に」)の
すずさんの“波動”と歌声の
“波動”が同じ」とは
ファンらの評だが、
要するに話し声と歌声が
変わらないという意味で、珍しい。

音程が多少揺れてもなんのその。

このあたりは、もうパンクロック
の領域だ。

そして「I LIKE YOU」
以外ではのんさんもギターを弾いた。

スタッフによれば、
「タイムマシンにおねがい」に
参加したギター奏者、
佐橋佳幸さん(56)が
感心していたというから、
腕前は折り紙つき。

有名ギターメーカーから
「のんモデル」を作りたいと
いう話も舞い込んでいる。

ところで、天真爛漫(らんまん)な、
「あまちゃん」のままの受け答えで
気になったのは、自分を「のん」と
呼ぶこと。

これ、自身を商品、
キャラクターとして客観視する
冷静なプロデューサー目線の
なせるわざなのではないか。

そう思う先から、ユニークな言葉が
投げられる。

一筋縄ではいかない。

「スーパーヒーローになりたいんですよ。
ロックスターで、スーパーヒーローに。
そして、世界を救うんです!」

(文化部 石井健)



産経新聞11/20(月) 9:30配信

最終更新:11/20(月) 11:09

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171120-00000502-san-musi

⇩クリック(タップ)で楽天市場のサイトに飛びます。







nice!(0)  コメント(0) 
のん、ロックスター宣言 ブログトップ