So-net無料ブログ作成
安室奈美恵の赤裸々な告白が大反響 ブログトップ

安室奈美恵の赤裸々な告白が大反響 NHKの特別番組『安室奈美恵「告白」 中森明夫「言葉に躊躇がなかった」〈週刊朝日〉 [安室奈美恵の赤裸々な告白が大反響]

安室奈美恵の赤裸々な告白が大反響
NHKの特別番組『安室奈美恵「告白」』
中森明夫「言葉に躊躇がなかった」
〈週刊朝日〉

安室奈美恵1-1.GIF
安室奈美恵

安室奈美恵が引退について
語ったNHKの特別番組
『安室奈美恵「告白」』が
11月23日夜、放送され、
反響を呼んでいる。

番組は、
<平成のヒロイン>
<新しい自分>
<引退>という
3章仕立てで、
NHKの秘蔵映像を振り返りながら、

「辛いこととか大変なことも
あったけれども、幸せな25年間、
歌手として素晴らしい
出会いもして素晴らしい経験も
させてもらった25年間
だったんじゃないかなって思います」

と、25年の歌手人生を語った。

作家でアイドル評論家の
中森明夫さんは、
真っ白なセットの中、
真っ白な服に身を
包み語る安室について、
「美しかったですね」と語った。

「表情も素晴らしく、
こんなに綺麗だったかなと。

これで引退しちゃうのかと
思わせるインパクトがまず
ありました」

インタビューに答える
姿勢にも注目する。

「記者会見のような公式に
語るようなものではなく、
自分の言葉で、しかも
その言葉に躊躇がないことで、
胸に響くものがありました。

自分の考えをどう伝えるのか
というメッセージ性が
これだけはっきりしているのは
すごいと感じました」

芸能評論家の三杉武さんは、
「安室さんがあそこまで
ざっくばらんに語るということ
自体が珍しい」と、番組を振り返る。

安室奈美恵1-2.GIF
安室奈美恵

「番組でもトークが苦手で
コンサートでのMCを
やらなくなったとありました。

言葉よりも表現で語る方です。
インタビュアーの方に
『真面目』と言われていましたが、
そんな彼女が、あそこまで語る
というのは、ストイックな
プロ意識の現れであると同時に、
ファンに対する気持ちという
意味があるのかなと感じました」

三杉さんが印象的だったと
いうのは、20周年を迎えた2012年、
一度引退を考えたが、
「(誰かに)相談できないという
ことが、一番の大きな
悩みでもあって」と語る場面だ。

「23歳の時に、
ずっとプロデュースして
くれていた小室哲哉さんの
元を離れ、自分で考えるように
なった。
相談できる人もいないというのは、
周囲に対する感謝はありながら、
その周囲のことを考えていたの
かなという気もします」

中森さんも、同じく小室の元を離れ、
自分で決めていく部分に注目した。

「15歳の少女が、小室哲哉と
いう大プロデューサーに出会い、
大スターになり、やがて全部自分で
やっていくようになっていった。

一人の女性の自立の物語
だったんだなと感じました」

番組終盤、安室は
「この先の人生のほうが、
もっと楽しいことが待ってるし、
もっともっと長いので、
新しい発見とか、
新しい興味とか、
その間に見つけた、
やってみたいなって
思うものがあったら、
今度はそこに情熱を注いでみるとか」
と引退後について語った。

来年には成人する長男はすでに
親離れしつつあり、
「私の方が子離れができてないので、
(長男が)“うぜーよ”みたいな
毎日、どうしようか」と
母の顔も見せた。

「前向きな引退で、
『楽しい人生が待っているん
じゃないかな』と
おっしゃっていたので、
本人的にはやりきって、
新たなスタートだという
ことなんでしょうね」
(三杉さん)

番組最後に流れた
新曲「Finally」。

その歌詞にも、
今の安室奈美恵の
思いが込められている。

<願い続けた日が 
ついに今スタートを切ったの>

<光差し込む道の世界へ 
両手広げて全て受け止めるから>

2018年9月16日は、
安室奈美恵が新たな
スタートを切る日になる。

(本誌・太田サトル)

最終更新:11/24(金) 15:52
AERA dot.11//24(金) 11:04配信

※週刊朝日 オンライン限定記事


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171124-00000005-sasahi-ent&p=1
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171124-00000005-sasahi-ent&p=2

⇩クリック(タップ)で楽天市場のサイトに飛びます。






nice!(0)  コメント(0) 
安室奈美恵の赤裸々な告白が大反響 ブログトップ