So-net無料ブログ作成
朝ドラはなぜ“10代主演”にこだわるのか ブログトップ

「母役」「老け役」で苦戦するのに…朝ドラはなぜ“10代主演”にこだわるのか? [朝ドラはなぜ“10代主演”にこだわるのか]

「母役」「老け役」で苦戦するのに…
朝ドラはなぜ“10代主演”にこだわるのか?

葵わかな2.GIF
葵わかなさん

年をまたぎ、折り返し地点を
超えた朝ドラ「わろてんか」
(NHK)。

ここから終盤に向けて
盛り上がるかどうかは、
「ヒロインを演じる
葵わかなさんにかかっている」
と言われています。

その理由は、葵さんの実年齢と、
役年齢がかけ離れていること。

現在、葵さんの実年齢は
19歳ですが、
11月末の放送で母親となり、
12月末には「安来節乙女組」と
いう4人娘の母親代わりにも
なりました。

さらに、
夫の藤吉(松坂桃李さん)が
倒れたことで、
今後は寄席運営の
トップとなり、芸人たちの
母親代わりにもなって
いくようです。

これまでも葵さんは、
「ほぼすべての俳優が
年上(自分が最年少)」と
いう難しい状況の中で
ヒロインを
演じてきました。

そこに
「母親としてのたたずまいを
求められる」という難しい演技が
加わっているのです。

しかも今月末には息子役として
5歳年上の成田凌さんが
出演することが発表され、
「親子に見えるのか」
「兄と妹にしか見え
ないのでは」と
不安視されています。

隠し切れない10代のみずみずしさ

ここまで葵さんは、
苦労しながらも懸命に
母親役を演じてきましたし、
制作サイドもヘアメイクや
衣装でフォローしてきました。

しかし、それでも10代の
若さやみずみずしさを隠し、
視聴者に貫禄や老いを
感じさせるのは至難の業。


加えて、まもなく戦争という
深刻な局面に突入するほか、
最終的には50代まで
演じるだけに、
ますます難しい演技が
要求されます。


思えば、昨年の同時期に
放送されていた
朝ドラ「べっぴんさん」
(NHK)でも、同じ現象が
起きていました。

主演の芳根京子さんが
19歳の若さで戦中戦後の
母親役に挑み、孫を持つ
晩年までを演じましたが、
やはり「母親に見えない」
「さすがに老け役は厳しい」
などの声が上がっていたのです。

ちなみに、今年4月スタートの
朝ドラ「半分、青い。」で
ヒロインを演じる
永野芽郁さんも18歳。

「1971年生まれ」という
設定の現代劇ではありますが、
40代あたりまでを演じることが
有力視されています。

さらに、来春スタート予定の
朝ドラ「夏空-なつぞら-」で
ヒロインを演じる広瀬すずさんも
現在19歳。もともと朝ドラは、
「月曜から土曜の毎日放送を
半年間」という長丁場で、
ヒロインの長い生涯を描くため、
10代の女優では難しいはずなのに、
なぜ起用が続いているのでしょうか。


「リスクより役のイメージ重視」の挑戦

朝ドラはなぜ“10代主演”にこだわるのか1.GIF
「朝ドラ」が10代主演にこだわる理由とは

「わろてんか」の後藤高久・
チーフプロデューサーは
葵さんの起用理由に、
「いつも笑っている役なので
笑顔の素敵な人を選びたかった」

「フレッシュでありながらも、
19歳にしてはすごく落ち着いている」
を挙げていました。

一方、「べっぴんさん」の
三鬼一希・チーフプロデューサーは
芳根さんの起用理由に、
「愛くるしい印象を目にして、
我々がイメージしているすみれに
ピッタリだと思った」
「オーディションを重ねるうちに、
芳根さんの(愛らしい)
外見とは裏腹に中身の芯の強さ、
まっすぐさ、健気さを
見せてもらった」を挙げていました。


これらのコメントから、
ともに「10代が母親役や老け役を
演じるリスクよりも、
キャラクターのイメージに
合うかどうかを優先している」
ことがわかります。

引いては、
「視聴率が好調なこともあって、
現在の朝ドラはこのような
リスク覚悟の挑戦ができる」
とも言えるでしょう。

また、近年の朝ドラは、
「ひよっこ」の有村架純さん、
「とと姉ちゃん」の高畑充希さん、
「あさが来た」の波瑠さん、
「花子とアン」の吉高由里子さん、
「ごちそうさん」の杏さん、
「梅ちゃん先生」の堀北真希さんなど、
すでにある程度の知名度と
実績を持つ女優が起用され
続けてきました。


【2010年代連続テレビ小説一覧】
有村架純、芳根京子、高畑充希など
朝ドラはなぜ“10代主演”にこだわるのか.GIF


しかし、もともと朝ドラは、
無名のヒロインを抜てきしてきた
歴史が長く、視聴者にとっても
「役だけでなく、若手俳優の
成長も見守る」という楽しみが
あったのです。

葵さんや芳根さんら10代女優の
起用は、そんな
「朝ドラの古き良き伝統を
守っていこう」という
意志表示でもあるのでしょう。

どんな理由があるにしても、
制作サイドにしてみれば、
「この子なら絶対に大丈夫」と
いう確信はなく、チャレンジングな
キャスティングであることに
違いありません。

10~20代を演じるドラマ前半は
期待通りでも、30代以降を
演じる後半の演技はまったくの
未知数。

「できるんじゃないかな」

「きっとできる」。

そんな制作サイドの大きな
期待に葵さんは応えられるのか。

残り2カ月あまりの放送は、
10代女優の演じる老け役に
注目してみてください。

コラムニスト、テレビ解説者 木村隆志


オトナンサー1/25(木) 6:10配信

最終更新:1/25(木) 11:35


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180125-00010000-otonans-soci&p=1
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180125-00010000-otonans-soci&p=2

⇩クリック(タップ)で楽天市場のサイトに飛びます。






nice!(0)  コメント(0) 
朝ドラはなぜ“10代主演”にこだわるのか ブログトップ