So-net無料ブログ作成
上川隆也、色気&上品さを兼ね備えた“完璧な執事” ブログトップ

上川隆也、色気&上品さを兼ね備えた“完璧な執事”姿に注目ドラマ『執事 西園寺の名推理』 [上川隆也、色気&上品さを兼ね備えた“完璧な執事”]

上川隆也、色気&上品さを兼ね備えた
“完璧な執事”姿に注目ドラマ
『執事 西園寺の名推理』

上川隆也、色気&上品さを兼ね備えた.GIF

4月13日よりテレビ東京系でスタートした
連続ドラマ『執事 西園寺の名推理』
(毎週金曜20:00~)。

本作は、伊集院家の当主・百合子
(八千草薫)のもと、上川隆也演じる
パーフェクトな執事・西園寺が
次々に起こる難事件を解決していく
痛快なオリジナルミステリー・
エンターテインメントだ。

13日に放送された第1話は、
百合子が支援をしている
奥村香澄(内山理名)が
マネジメントをしている
パティシエ・青木(葛山信吾)らが
出場するスイーツコンテストで
起きた殺人事件を、
西園寺が解決する……という
展開だった。

登場人物が多い中、推理・
サスペンスものとして、
細かなカット割りとテンポの
良さで明瞭に見せていく演出は、
重すぎることもなく、
軽すぎることもなく、
とてもバランスが良く、
『三匹のおっさん』シリーズなどを
生み出してきた「金曜20時」と
いう枠にはピッタリで小気味が良い。

基本的に1話完結なのだが、
西園寺のバックヤードに
関する謎が各所に
散りばめられており、
ラストに向けて大きな
うねりが起こりそうだ。

こうした作品全体としての
特性もさることながら、
何よりも興味深いのが、
個性派俳優たちが演じる
登場人物の“キャラクターの濃さ”だ。

上川演じる西園寺は、主人のいかなる
望みもパーフェクトに叶えるという
設定だが、彼の何ともいえない
色気と上品さは、執事としての
説得力抜群だ。

一方で、体力仕事の時は、
パーフェクトな執事らしからぬ
微妙な言い訳(!?)で
新米執事・澤田(浅利陽介)に
押し付ける人間臭い一面も覗かせる。

今後も無理難題を澤田に押し付ける
際の、西園寺のドSぶり、
そして文句を言いたそうな目を
しながらも従う澤田の
ドMぶりには注目だ。

さらに、そんな西園寺を
「ただの執事」とバカにしつつも、
その明晰な推理に後塵を
拝してしまう城南第一署の
刑事・丸山を演じる
佐藤二朗の演技も見どころだ。

佐藤といえば、テレビ東京系で
大好評を博したドラマ『勇者ヨシヒコ』
シリーズの“仏”に代表されるように、
他の追随を許さない恐るべき
コメディセンスを持ち合わせているが、

本作では、現場のたたき上げ
としてのプライドをにじませ、
西園寺をはじめとする
“素人”たちを疎ましく
思う刑事をストレートに
好演している。

第1話を見る限り、
“笑い”の要素はなく、
これまでの佐藤とは
一味も二味も違う
シリアスな演技が堪能できそうだ。

上記に挙げたキャスト以外にも、
本作の記者会見で上川が
“可愛らしさ”を絶賛していた
八千草の立ち振る舞いや、
今後、物語の鍵を握りそうな
元警察庁長官の大物政治家・
大川に扮する古谷一行、
さらに、前述した浅利のほか、
岡本玲、池谷のぶえの
“執事チーム”の会話の
やりとりなど、楽しみな要素は多く、
今後も目が離せないドラマと
なりそうだ。

テレビドガッチ更新日:2018/04/14

https://gunosy.com/articles/azqSz


⇩⇩⇩クリック(タップ)で楽天市場のサイトに飛びます。






nice!(1)  コメント(0) 
上川隆也、色気&上品さを兼ね備えた“完璧な執事” ブログトップ