So-net無料ブログ作成
木梨憲武 ブログトップ

木梨憲武 相方・石橋貴明や妻・安田成美との関係を語る [木梨憲武]

木梨憲武 
相方・石橋貴明や
妻・安田成美との関係を語る

木梨憲武1.GIF
4月公開の映画で16年ぶりの主演を果たした

38年前の「とんねるず」結成以来、
石橋貴明とともにバラエティ界の
第一線を走り続けてきた
木梨憲武(56)。

コンビ唯一のレギュラー番組
『とんねるずのみなさんの
おかげでした』
(フジテレビ系)が3月で
幕を閉じたが、
ことさら感傷に浸る様子はない。

「いやあ、30年もやりたいことを
やらせてもらいましたからね。

フジテレビさんには感謝しか
ありませんよ」

すでに業界では確固たる地位を
築いているが、偉ぶるところは
微塵もない。

気さくに誰かれとなく話しかけ、
その場を和ませる。

気遣いの人だからなのであろう、
家庭での威厳はなきに等しいという。

「子供たちの進学とか人生の節目と
いった大事な場面では出る幕が
ありません(笑い)。

15歳の末娘を毎朝学校まで送って、
車の降り際に『千円持ってる?』
と聞くのですが、持っていなければ
渡すので“千円オジさん”と
呼ばれています。

家ではゴミの段ボールを紐で
結んで紙袋に入れる係なので、
“段ボールオジさん”ですね(笑い)」

木梨家を取り仕切るのは、
妻である女優の安田成美。

2男1女を育て上げ、
すべてを差配する安田には、
さしもの木梨も頭が上がらない。

「昭和のオヤジじゃないけど、
子供たちには
『身だしなみに気をつけろ』
とか
『遅刻をするな』
『きちんと挨拶をしろ』
なんて当たり前のことしか
言いません。


でも、笑わせることにかけては
体張ってます。

家族で食事に出掛ければ、
わざと電信柱にぶつかって
転んでみたり(笑い)。

娘は引くけど、
成美さんは『うまい!』って
笑ってくれる。

相手が笑ったら勝ちだと
思っているんです(笑い)」

家庭内での微妙な“居場所”を
ユーモアたっぷりにぼやく木梨が、
4月公開の映画『いぬやしき』で
16年ぶりに主演を果たした。


役どころは、家庭にも会社にも
“居場所”がなく、余命3か月の
末期がんを宣告された
58歳の冴えないサラリーマン・
犬屋敷壱郎。

どことなく木梨の姿と重なるが、
映画は犬屋敷が機械の体に
生まれ変わって活躍するという、
最新VFXを駆使した
奇想天外なSF作品である。

「このところ本格的な
ジジイになってきたなって
実感する毎日ですよ。

朝起きたらまず家の玄関先を
掃除して、神棚の水を替えて
手を合わせる。

『草木が喜んでるなあ』って
嬉しい気持ちになる(笑い)。

帽子屋や仏壇屋の2代目と
いった昔からの仲間や、
気の合う(藤井)フミヤや
ヒロミたちと飲みながら、
『最近どうよ? 奥様とか!?』
なんて毎回同じ話を延々と
し続けるのが生きる
喜びなんです(笑い)」


長年関わってきた仕事が区切りを
迎え、還暦を意識する年齢とも
なれば日々心穏やかとは
いかないはずだが、
そんなことはどこ吹く風。

軽やかに笑い飛ばしてしまう
ところが「木梨憲武的生き方」
なのかもしれない。

今後の活動も、
「夢中になれることに出会えば、
ひたすら挑戦するだけ」と
気負うところがない。

24年前から本格的に始めた
芸術活動は、6月のロンドンを
皮切りに2020年の東京まで
全国14か所を巡回する個展が始まる。

「アートに関するプロデューサーは
成美さんなんです。

余計なものを描いていると、
『まさかそれ、出さないよね』
なんて調子でピシッと言われています」

映画やアートに活動の方向性が
変わりつつあるように見えるが、
高校時代から長きにわたって
苦楽を共にしてきた
相方・石橋との関係は
どうなるのか。

「貴明はね、最初から
とんねるずのプロデューサー
だったんです。

全部貴明が決めて、
僕はずっとその掌の上で
自由にさせてもらってきた。

僕は昔の出来事をほとんど
忘れてしまったけど、
あの人はいつ発売した
レコードがどれくらい売れたとか、
すべて記憶している。

神経の細やかな人間で、
番組作りもすごく気を配って
段取りつけるから、
僕なんかは当日現場へ
行けばいいだけ。

だから信頼してきたし、
これからも信頼していますよ」

気の合う仲間と心和ませてくれる
家族、そして、心から信頼できる
友に囲まれ、“オジさん”
木梨憲武がいかに歳を
重ねていくのか楽しみだ。


●きなし・のりたけ/1962年、
東京生まれ。

石橋貴明とコンビを結成。
タレント以外にも、俳優、
歌手としても活躍。

1994年にテレビ番組の企画で
始めたアーティスト活動を
現在も継続。

アトリエを持ち、
本の表紙やCDジャケットなども
手掛ける。

これまで開いた個展は8回を数え、
今後も6月のロンドンを
皮切りに2020年6月まで
日本各地で開催予定。

主な出演映画は『そろばんずく』
(1986年)
『竜馬の妻とその夫と愛人』
(2002年)ほか、
『ファインディング・ニモ』
(2003年)の日本語吹き替え版で
主役のマーリンを担当。

■取材・文/大西展子、撮影/川上尚見

※週刊ポスト2018年4月27日号


NEWS ポストセブン4/20(金) 7:00配信

最終更新:4/20(金) 8:58


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180420-00000009-pseven-ent&p=1
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180420-00000009-pseven-ent&p=2

オヤジVS.高校生!実写『いぬやしき』予告編




⇩⇩⇩クリック(タップ)で楽天市場のサイトに飛びます。






nice!(0)  コメント(0) 
木梨憲武 ブログトップ