So-net無料ブログ作成
NASAが火星探査機打ち上げ ブログトップ

NASAが火星探査機打ち上げ 順調なら11月下旬に着陸 [NASAが火星探査機打ち上げ]

NASAが火星探査機打ち上げ
順調なら11月下旬に着陸

NASAが火星探査機.GIF
米カリフォルニア州のバンデンバーグ
空軍基地で、火星探査機インサイトと
共に発射台に運ばれたアトラスVロケット。

【AFP=時事】米航空宇宙局(NASA)は
5日、カリフォルニア州の
バンデンバーグ空軍基地
(Vandenberg Air Force Base)から
最新の無人火星探査機
「インサイト(InSight)」を
打ち上げた。

将来的な有人探査に向け、
火星に着陸して地震を観測する。


アトラスV(Atlas V)ロケットに
搭載されたインサイトは、
5日午前4時5分(日本時間午後8時5分)、
まだ暗く、霧が漂う中で打ち上げられた。

NASAが米西海岸から惑星間探査機を
打ち上げるのはこれが初めて。

9億9300万ドル(約1080億円)を
かけた今回のプロジェクトの
目的には、火星の内部構造に
関する人類の知識を広げることや、
有人探査に向けて情報を得ること、
数十億年前、地球のような岩石惑星が
どのように形成されたのかを
明らかにすることがある。

すべてが予定通りに進んだ場合、
インサイトは11月26日に
火星表面に着陸する。

NASA科学部門トップの
ジム・グリーン(Jim Green)
主任科学者は、火星で地震や雪崩、
隕石衝突が発生することはすでに
分かっているとした上で、

「だが、火星での地震の
起こりやすさはどうだろうか。

人類が火星を探査するので
あれば知っておくべき情報だ」
と述べた。

【翻訳編集】 AFPBB News


AFP=時事5/6(日) 5:19配信


最終更新:5/6(日) 14:25


米カリフォルニア州バンデンバーグ
空軍基地で行われた、航空宇宙局の
火星探査機インサイトの打ち上げの様子
(2018年5月5日撮影)。
【翻訳編集】 AFPBB News

NASAが火星探査機-1.GIF
米航空宇宙局(NASA)が公開
(2018年5月4日撮影)。
(c)AFP PHOTO /
NASA/BILL INGALLS/HANDOUT

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180506-00000000-jij_afp-sctch


⇩⇩⇩クリック(タップ)で楽天市場のサイトに飛びます。







nice!(0)  コメント(0) 
NASAが火星探査機打ち上げ ブログトップ